Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

意外と長かった2泊1日の京都

 土曜日23時半立川発の深夜バスに乗って京都へ。。。辛かったっす。何がって、バスが。

 4列シート。つまり普通のバス。リクライニングは後ろの人もいるのであまりできず。幸運なことに、隣の席に来る予定だった人が来なかったようで、自分は2シート使えたのですが、それでも寝るポジションがなかなか決まらず。

 しかもどうやらエンジンの真上だったようで、絶えずドカドカされている感じ。結局ウトウトしてはおきるの繰り返し。後でドンパに聞いたら、3列のほうが絶対マシ、とのことでした。確かに。あれで隣の人までいたら寝るどころじゃないですね。とりあえず疲労困憊で朝6時京都着。大学のときのボート部の合宿以来かな?

 第1印象は「空気がきれい」。朝だったので空気が澄んでいたのもあるかもしれませんが、やけに爽快さを感じました。意外に時間があることがわかったので、烏丸通りを歩いて京都御苑まで。蛤御門のあるところ。

20110417蛤御門.JPG
▲蛤御門

 烏丸通りは京都らしい名前とは裏腹にビルディングばかりでした。裏通りのほうが良かったかな。

 蛤御門では弾痕などを見てきました。といっても門の柱の木の部分がへこんでいるだけなんですが。訪れる人が触っているせいで、角も取れてしまって滑らかになっていました。

 木がへこんでるのを見て何が楽しいのと突っ込まれるかもしれませんが、これが面白いと思うのです。もしこういう証拠となる跡が皆無であれば、どんな劇的な歴史であってもただのファンタジー、ただの空想になってしまいます。逆にこのような跡が存在することによってリアリティが生まれ、実際にあったことだというスリルみたいなものが生まれます。そういう気分が歴史物の物語を面白くすると思うのです。

 京都御苑(広い!)の中を少しあるいて地下鉄に乗って京都駅。大津駅まで2駅移動して、トイレでスーツに着替えて気づいた。

 あ、ベルト忘れた。

 脱げることはないけど、ずり落ちる。まあいいかなと思っていましたが歩いているうちに、やっぱりどうかしたい!となりました。デパート開いているかと思って寄り道したら、フリマがやっていました。あるかな?

 とりあえずざっくり見ながら向こうの端まで歩きましたが、子どもものと女性物が多く、男物は少なめ。うーん。とりあえずユーターン。ちょっとなら女性物でもいいか。。。

 真ん中あたりで、白と黒のベルトを遠目に見つけました。

「ちょっと、その、ベルトを見せてもらっていいですか?女物ですか?」
「あ、はい、どうぞ。買ったんですけど、ちょっと大きすぎて。はい。」

 なーるほど、フリマってそういうのを売ってらっしゃるのね。ベルトはちょっと太め。全体に白黒の細かいチェッカー柄。いやあ、明らかに女物ですな。うーん。でもまあ、スーツのボタンしちゃえばほとんど見えないし。

「いっか。じゃあ、これ、いただきます。」
「はい。ありがとうございます。300円です。」

 安っ。フリマイズスバラシイハラショー。しかしその後「何そのベルトは」ということで同期に笑われました。ま、ネタネタ。急遽フリマで買ったっていったらさらに笑い取れたさ。

 琵琶湖のほとりで結婚式。

 20110417前ちん式5.JPG
▲チャリに乗って登場する新郎。を後ろから。

 新郎新婦は自転車で琵琶湖1周(200km)したとか。クロス車でよくやったなー。おめでとう。

20110417前ちん式休憩中.JPG
▲琵琶湖のほとりにて

 披露宴が終わって、2次会まで休憩。前半は昼寝。

20110417前ちん式休憩中3.JPG
▲琵琶湖のほとりにて

 後半は組体操とかアクロバチックなことして遊んでいました。三十路近いけど頭の中は変わってないねー。

 中華料理屋で二次会。ビール、肉、肉、大学芋、肉、肉。

 おなかいっぱいになって解散。京都駅の天井の高い野外スペースで1時間ほどお茶。

 もいっちょ解散。居残り組みに付き合ってもらってゴンに教えてもらった二条城の桜を見に。イベントとしては最終日でしたが、桜の開花がおくれていたようで咲き具合はよかったです。桜の種類によっては葉桜だったけど、ま、そもそも全部満開を見るは不可能だし、ちょうど良かったように思います。

 久しぶりにゆっくり歩きました。抹茶のんでみたり、堀の鯉を見たり。

 場内は、通路は照明が抑えられ、隣の人の顔もわからないほど。そして桜の部分は桜が映えるようなライトアップ。おー、いい演出やね。全体に光の加減が程よく、雅な気分でした。

20110417二条城2.JPG
▲二条城の桜

 ここの枝垂桜が一番きれいでした。

 最後は通りかかったときにちょうど始まった筝曲を3曲。イベント最終日で、筝曲演奏も最後の時間。ラッキー。筝曲のことは良くわかりませんが、少し現代風にアレンジしてあったのかな?さくら、ちょうちょのメロディなど。夢のような時間でした。これだけでも来た甲斐がありました。うーん、満足満足。

 京都駅に戻って、ちょっとお茶(っつーかミルク。コーヒーは寝れなくなるし)。

 23時半のバスで帰宅の途へ。行きに眠れなかった分だけ良く寝られました。といいたいですが、やっぱり安眠はできませんでした。次は3列シートにしよう・・・。6時立川着。やっぱり京都の同じ時間と比べると排気ガスくさいにおいがしました。

 眠い目をこすって帰宅。牛乳とパンをつまんで、布団を引いて寝ました。

 というわけで京都の小旅行は終わり。思っていたよりも意外といろいろ行けてよかったな。結婚式も楽しかったし。久しぶりに楽しく濃い時間だったように思います。
スポンサーサイト

| 日記 | 20:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/997-6ba0c973

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。