Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

Generation Gap

15km ローラーSFR

「もしもし」

 朝、宅急便を受け取った後ぐらいに電話が来た。見慣れぬ番号。若い女性の声。

「もしもし、ヤマカワです。」

・・・沈黙。誰だ?間違い電話か?

「ええっと、」
「わかりますか?」

 何が?

 と言いそうになったが少し考える。おそらく「あなたは私が誰だかわかりますか」という意味に違いない。少なくとも「私が誰だか」という目的語が必要だ。あまりに独善的な物言いだったのでちょっとカチンときてしまった。つっけんどんに答える(←人間ができていない)。

「あなたが誰だかわかりません。残念ですが。」

「あの、○○です。」
「なんだ、○○さんか。誰かと思いました。」

・・・。

 電話を切ってからこの一事について考えました(←趣味)。

 多分彼女は「携帯電話だから自分の番号は表示されるのは当然で、自分の名前を言う必要はない」と思って電話をかけていたのでしょう。ちなみに、残念ながら僕の電話には彼女の番号は登録されていませんでした。

 自分は携帯電話を持ち始めたのは遅く、大学入学の時(2001年春)から。それと同時に、携帯電話が「誰でも持っている」と形容されるようになったものこのころだったように思います。

 それまでは当然に家の電話。かける相手も家電(いえでん=家の電話。そういえばこの言葉も携帯電話が広まってからの新しい言葉ですね)。相手の名前などはもちろん表示されず(ナンバーディスプレイというサービスはあったが)、電話のしゃべりはじめには「もしもし○○です」というのが必須でした。

 その後携帯電話が普及し、知り合いからの電話では相手の名前が表示されるのが当然になり、必ずしも電話口で自分の名前を言う必要はなくなりました。便利ですね。

 しかし。

 電話口の開口一番に「もしもし○○です」もしくは「○○です」という言葉の塊がなく、いきなりにその次から始まる電話を聞くと、猛烈に違和感を感じます。

 今日の朝とは逆のパターンですが、こちらが電話をかけて、相手が電話に出たとたん

「はいはい?」
「どーした?」
「どうも、お世話になっています」

 その前に自分の名を名乗らんかいっ!

 こちらが携帯に電話をかけたのだからその人が電話口に出てくるのは当たり前で、さらに初対面というわけでもないので、その人が名乗る必要はないのはわかっています。しかし、違和感が止まりません。

 伝統とか「名乗る」という昔の習慣に関する意味合いなどを持ち出すつもりはありません。あくまで僕の中の問題。

 自分は家電での生活が長かったので、こちらが「もしもしヤマカワです」と言って、向こうが「もしもし○○です」と言うという話し方の「形」が染み付いてしまっています。携帯を持つようになってからも電話することはさほど多くはないのでその形が崩れなかったのも一因かもしれません。

 そんな絶対的なリズムがあるところに、ひょいと違った言葉の塊をぶつけられると、「え、えっと?え?」という感じに、すさまじく動揺してしまうといいますか、何といいますか。山に登ろうとしたら山がなくなっていた、という感触でしょうか。ちょっと違うな。短距離走で「位置について」「スタート用意」「レディ」という号令が全くないままにスタートの号砲が鳴った、というのが気分として近いかもしれません。

 もっと思考の幅を広くやわらかく持てればよいのですが、身の奥深くに染み付いてしまったものですのでなかなか変えるのは難しいようです。

 いろいろ考えていましたが、最後に不器用な彼女は3ヶ月ぶりに日本に帰ってきたことに気がつきました。日本語能力が退化しちゃいますと言っていたのも思い出し、言葉として荒削りな物言いになったのはその所為かと笑って許すことにしました。

 しかし前と比べて「もしもし○○です」から始まらない電話が多くなりました。携帯電話の普及に伴う文化のパラダイムシフト(というほど劇的ではないかな)の結果の1つなのでしょう。形を日々変え続ける文化の中で、その流れに身をまかせることのできないような違和感を感じたということは、自分がまたひとつ年をとったということなのかな、とそんな風に感じました。

 というわけで、僕と電話で話す方は必ず「もしもし○○です」から始めてください。動揺させちゃあ、駄目ですよ。
スポンサーサイト

| 日記 | 23:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/953-0cb81cf0

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。