Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミーティングの後で

 それは北海道での出来事でした。

 ツールド北海道のチームオーダーではじかれ、選手としては走れず、サポートとしての参加しました。朝はレースの準備、昼は補給ポイントで補給の仕事。レースが終わったら次の宿まで自転車で練習。夜は次の日の準備。

 練習して仕事もしては大変でしたが、選手として走っているだけでは見えない部分が見えたり、サポートの苦労がわかったりして実りの多い時間でした。

 そしてツールド北海道の第3ステージが終わった夜。残すは明日のクリテリウムのみ。その日も大学自体の練習コースの支笏湖を走ってホテルまでトレーニング。チームメイトがホテルに到着したら洗濯やら洗車の手伝いやら。

 あっという間に暗くなり、ご飯を食べて、こまごまとした雑用など片づけ。そしてミーティング。

 クリテが得意な小室さんを中心にレースを走ることを確認し、連絡事項を通達。ミーティング終了。

 そう思いきや、おもむろに(たしか)平林さんが話し出した。

 シュンは選手なのに、わざわざ北海道にサポートに来ている。チームとして本当に助かっているし、選手は感謝しなければいけない。というわけで、ささやかですがプレゼントを用意しました。

 え、そんな。監督とかスダさんのほうがしっかりサポート仕事してるし、などと遠慮して見せたりするが、顔がにやけるのは止められない。

 なんていい人たちなんだ。大変だったけど、北海道に来てよかった。

 さしだされた30cm四方の紙包みを受け取る。Tシャツだという。

 まあ、開けてみてよ。わざわざ探して買ってきたんだから。誰かが横から言った。

 セロハンテープをはがし、包装紙を開いていった。

 Tシャツを一目見て、放り投げた。

20101114ツールド北海道景品
▲なんじゃこりゃー!!!

 自体を把握できていない監督以外の人は爆笑。監督もTシャツを拾い、書かれている文字を読んで爆笑の渦に仲間入り。

 せっかくだからさ、着てみてよ。笑いながら誰かが言った。

 その言葉に全力拒否。今思うとネタとしては着ても良かったかなと思ったりもするが、さすがに自分は選手であるというプライドが許さなかった。

 「わざわざ探して」なんても言っていたが、ホテルの1階の売店でたまたま見つけたそうで。

 今思うと、うちのチームに限ってそんなキレイでうまい話なんてありません。チームメイトの策略にまんまとはまってしまった感じでした。

 来年は俺に負けたらおそろいのTシャツをプレゼントするので覚悟しておくように!
スポンサーサイト

| 雑記 | 20:21 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/898-79a5a78c

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。