Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2010実業団輪島ロード

Race:実業団輪島ロード
Results:DNF
Weather:晴れ/ドライ
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM
 (Rear)ZIPP 202 + (Front)A-class630SL
 ZIPP TANGENTE
 SWANS CYNIUM
 Giro Atomos
 Gaerne MYST
 Time iCLiC Carbon
 SPORTS BALM
 F2P チームジャージ

 土曜日は3時起床。おにぎり握って遠征出発。川崎でチームカーにピックアップしてもらい、一路日本海へ。道を間違えたりしたのもあり、15時過ぎ、少し遅刻気味に会場到着。

 少し寒いと感じるぐらいの中をチームメイトとともに試走へ。減量が順調なのもあり、勾配のある区間も比較的楽に登れる感覚がありました。登りでしっかり短めにもがきました。

20101016輪島試走2.JPG
▲Comrade!もっともキツイ区間。ペイントありがとうございます。

 コースを2周して、宿まで自走。泊まるのは輪島では恒例の川端旅館。地産のおいしい料理をだしてくれる清潔感のある宿です。風呂、飯、早目に就寝。夜中に2度ほど起きてしまいましたが、よく寝られたように思います。

 日曜日は9時過ぎに宿を出発し、自走で会場まで体をあたため、SPORTS BALMのスタートオイルを塗り、準備を整えスタートへ。CYNIUMのレンズはクリアを選択。登りの上の方は日影の濃淡が少し強いという印象があったため。

 今回の目標は最低20位、目標表彰台。序盤のハイペースを乗り越えればチャンスはある。

 11時30分パレードスタート。隙を見てなるべく前へ。街中を抜けて、左折して登り始め、200mぐらいで

「ビーー!」

 という笛の音と緑のフラッグとともにレースの正式スタート。2、3名のプロチームの選手がスパッスパッとアタック。追走でクラブチームの選手も追いかけるが、スピードがなくペースで登り続けるメイン集団にすぐに戻ってくる。集団を牽引するのはアンカー。かなりいいペースだが、こちらもGaerne MYSTシューズでiCLicペダルを回して踏ん張る。集中力が切れなければ問題ない。切れたら、終わり。

 頂上付近では少しバラけた感じもあったが、テクニカルな下りを安定感のあるZIPP303できっちりこなし、平坦区間で集団に。すでに人数は半分ほど。2回目の登りへ。

 2回目の登りは勾配は緩めだが、海からの風があったのもあり、集団は棒状。ここで集団がバラけ始め、うまくペースに乗れずに集団から脱落。すぐ後ろから来る集団を待ち気味に頂上を通過。後方集団で長い下りをハイスピードで下る。

 下りきって平坦路をダッシュすると一旦ペースの緩んだ先頭集団に合流。ほっと一息。すでに集団は35人ほど。しかし脚の筋肉はすでに結構ピリピリ。やはり少しのブランクがあったせいで耐久力が落ちていたのかもしれません。もちろんそんなことを考えている暇なんてありません。補給所を過ぎて2周目、すぐに2.5kmの登りへ突入。

 ペースは1周目と同じくらい。しかしおそろしくツライ。ペダリングが乱れないように、ギアを軽目に。しかし半分ほどすぎて集団とは少し間があいてしまいました。ここ踏ん張りどころ!そう集中してペースをキープしていきました。3つ目のパックで頂上通過。

 しかし脚が限界でした。平坦でローテーションしていたときの変なペースアップに苦しめられたりして、次の登りでこの集団からも遅れてしまいました。

 ここで脚が完全に止まってしまいました。後ろからはどんどん集団が追いついてくるものの、まったくついていけず。どんどんぬかされていく始末。集中力はありましたが、脚が動きませんでした。

 残り2周の箇所で赤旗を振られ、タイムアウトでDNF。

 レースは横綱相撲でシマノレーシングの畑中選手が逃げ切って優勝。シーズンを通じてゆるがない強さをみせた選手です。こうありたいものです。

 FRクラスでは星川選手が優勝!ロードレースでの優勝は今季初めてだったように思います。表彰見にいかなくて申し訳なかったです。おめでとう、ごめんなさい。

 車の中でいろんな話を聞きながら550kmをチームカーでドライブ。日付の変わるごろに帰宅。

 今回もまた、目標は達成できませんでした。体調もコンディションも悪くなく、今日という日を攻めの姿勢で全力で戦えたと思います。それだけに、この結果。自分の力不足を感じました。もちろんこの結果はもちろん、自分という人間のいままでの生き方の結果です。まだまだ頑張りが足りないのだと、思いました。

 応援ありがとうございました。来週はラストレースの宇都宮のJapan Cap。チャンスのあるレースだと思います。チームメイトとともに、勝利を狙って走ります。
スポンサーサイト

| レースレポート | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/884-34343322

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。