Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実業団伊吹山ヒルクライム

 第2集団と第3集団の間ぐらいで走り続け、31位でした。目標は20位だったので×ですが、3年前の栂池予選落ちを考えると進歩あり、です。

Race:実業団伊吹山ヒルクライム
Results:31位(top+3'14)
Weather:曇り/ドライ
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM RIVAL
 ZIPP 303
 ZIPP TANGENTE
 SWANS CYNIUM
 Giro Ionos
 Time RXS Carbon Ulteam
 F2P チームジャージ

 10時前に寝てうとうとしながらも8時起床。しっかり寝たおかげで体が重い感覚は薄れてくれました。ホシカワママの作ってくれた本場の美味しい香川のうどんで朝ごはん。あったけーーー。美味しいご飯は体が元気になりますね。ご馳走様でした。

20100411Wup中.JPG
▲上から失礼します。アップ中。

 サインやら荷物の預けをすましてスタート2時間前からアップ開始。レース時間が短いので始めっから高い強度が予想されました。1時間以上ローラーを回しました。

 コースはヒルクライムというだけあって、登り。序盤が少し勾配があり、中盤がゆるめ。少し下りがあって、最後の1km強がすこしきつめの登り。平均勾配が6%なので全体的にみると緩めのコースです。目標は20位。作戦は序盤でオーバーペースでもいいから集団に喰らいついて、集団で中盤をこなして最後まで行く、という単純なもの。

 今回は恐れ多くもホイール「ZIPP 303」とタイヤ「ZIPP TANGENTE」を使用しました。どちらも表面に整流効果を生み出すディンプル加工がしてあります。アップのときにローラー以外にも実走で脚を回していたのですが、感覚では強度一定で走っていたときの話。前になるしまの選手が見えました。登りでは同じぐらいのペースでしたが、下りに入ったとたん(全然踏みなおしたつもりも無いのに)スススっと距離がつまっていきました。次の登りはやっぱりつかず離れず。でもコブを越えたらススス。やはり他の選手が絶賛するだけあって、さすがの性能だなあと感じました。重量も超軽量です。今回のレースでもかなり助けられたと思います。オススメ!

 アップに集中していたら少し出遅れでスタートは後ろの方。人数も少なめで道幅も広めだったので焦らず13時のスタートを待ち、残り1分ぐらいから集中。

 パン!

 定刻スタート。スタートは滅茶苦茶速いわけではなく、すぐにペースになりました。先頭ではコムレイドの選手が1名積極的に前に出て行くのが見えました(のちに平林選手と判明。)スピードが高めで、ヒルクライムというよりはロードレースだな、と感じつつ集中力を保って走行。

 1.5kmほどしたところで集団がばらけ始めました。脚ができておらず、がくんとペースを落とした選手達がどんどんと落ちてきます。ファーストアタック→バックアタックの平林選手など武田選手を除いたチームメイトをパス。自分はまだ大丈夫。前半勝負と言い聞かせて周りのペースに惑わされないように前へ前へ。第3集団らしき集団に入りましたが、集団のペースが遅かったのですぐ前に見えていた集団にアプローチ。アンカーやブリッツェンなどの強目の選手が見えたので、ここに追いつけば合格点か。

 この辺で勾配がゆるくなってきました。となれば集団有利。少し開いてしまったあいだを頑張って埋めましたが、埋めるのに体力を使ってしまい、結局ついて行くことができませんでした。持ち直した平林選手は集団に追いつき、さらにその集団から先行。武田選手はさらにその前の小集団。先頭集団は見上げるカーブの上。

 その後はラバネロの鎌田選手やイナーメの選手らと小集団でローテーションを作って走行。なかなかリズムを作りづらかったですが、勾配がゆるく、後ろに大き目の集団もいたので積極的に先頭を引いてスピードをキープ。

 残り1.5kmほどのところで少し下り、残り1km看板。なんとしても集団には追いつかれたくなかったのでここで1段階ペースアップ。最後は追いついてきた鎌田選手、ブリッツェン中村選手などにパスされてしまいましたが、集団には飲まれずにゴール。

 ゴール後に周りにいる人数を数えて25位ほどかと思いましたが31でした。チームメイトでは武田選手が15位。平林選手が18位。

 そしてFRクラスでは星川選手が3kmから独走で優勝!チャレンジ前の下田合宿でも男子のスピードにしっかりついてきていたし、強さからみれば当然といえば当然かもしれません。おめでとっ!

 表彰式を見てから細い雨がさらさらと鳴るなか下山。やはり下界は暖かかったです。ちゃっちゃと片づけをして撤収。天気のせいか渋滞もそれほど無く、21時に川崎到着。23時ごろ帰宅。シャワーを浴びて就寝。

 今週は調子が悪かったのでどうなるかと思いましたが、何とか最低ラインはクリアできたと思います。しかし途中で追いつけなかった集団にはレースを動かす常連選手が入っていたので、なんとしてもここに入らなければいけなかったのですが、あと一歩がまだ足りなかったと思います。平林選手などと比べれば登りの脚の差はまだまだありますし。頑張ります。

 応援ありがとうございました。次は実業団東日本です。
スポンサーサイト

| レースレポート | 16:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/784-05594377

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。