Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

JCRC第3戦・群馬

Race(午前):JCRCシリーズ第3戦in群馬CSC Zクラス(エンデューロ)
          群馬CSC84km(6km×14周)
Results:Zクラス-7位/メイン集団スプリント2位
Weather:晴れ/ウェット→ドライ

Race(午後):JCRCシリーズ第3戦in群馬CSC S(+SS)クラス
          群馬CSC48km(6km×8周)
Results: S(+SS)クラス-?位/完走
Weather:晴れ/ドライ

使用機材:
 GIANT TCR Advanced
 SRAM RIVAL
 SWANS CYNIUM
 Giro Ionos
 F2P チームジャージ

 夢を見ました。昨日用意しておいた遠征荷物が泥棒に荒らされてガーン、って。でも窓の外をみると(2階)、梯子の上に知り合いの女の子が2人申し訳なさそうにしていて、彼女らが犯人だとぽつり。少し時間を置いてから後でまた来るように伝えたところで終り。起きる予定の30分前でした。変な夢。

 今年3回目のヤマネカーで群馬へ。今回のレース出場目的は来週の実業団群馬の準備レース。Zクラスで距離を走り、午後のSクラスでブリッツェンがつくるであろうレーススピードで強度を上げる。・・・としていましたが、結論から言うと貪欲に勝利を狙う気持ちを持ってレースにのぞむべきでした。

 到着が少し遅かったせいであまりアップができず。レースの中で脚をあたためていく方向で。テンションもまずまず。

 8時28分スタート。

 脚が回りはじめるまでの3周はかなり辛かったですが、それ以降は逃げも決まり、サイクリングより少し早い程度のスピードで3段坂が強度が上がるぐらい。コムレイドは3人とも(ヤマネ、モロタ、自分)午後があるので抑えめの控え目。たまに前に出て踏まないようにペースを作るぐらい。

 そろそろゴールかな、ということで勘違いした選手がスプリント。ラスト周回を告げるジャンがシャンシャンシャン。後一周でした。モロタ選手が2人で集団から抜け出し、最後の3段坂でヤマネ選手も先行。自分は集団の頭で待機。アタックする選手もいなかったのでそのまま15人ほどの集団でゴールへ。集団スプリントです。4番手からオーベストの選手のラインに乗り左サイドからスプリント!しかしかけるのが少し遅かったらしく、集団4番手ぐらい。

 と同時に響き渡る声。

 「あと1周!あと1周!」

 は?さっきジャンなったっしょ?後で聞くところによると運営側のミスだったとか。その集団のみんなでそりゃないよー、とぼやきつつ最後の一周へ。逃げをかまして先着していたヤマネ、モロタはここでギブ。やる気なくしますよね、そりゃあ。

 登りきった辺りでミノムシの人と2人で先行してみましたが、スピードが乗りきらずに失敗。そのまま集団スプリント。なかなかこういう練習はできないですからね。今度は3番手から。ギアを少し低めにして、カーブを抜けて、視界の右端にちらと選手が出てきたのに合わせてスプリント!しっかり踏めましたが、パインヒルズのおっちゃんに届かず集団2位。もう少し早くかけてもよかったかな?

 午後のレースまでは2時間。一度服も着替えてしまい、リラックス。しかしウォームアップを始めたら全く脚が動かずの心拍上がらず。感覚的には朝のパフォーマンスが10点満点で7ぐらいだったのに対し、午後は4。やばいな、と思いつつスタートラインへ。前半は集団内で我慢してテンションが上がるまで待つ作戦。ブリッツェンが6人。新生チームが主導権を握るレースが予想されました。

 12時50分スタート。

 やはり午前とはスピードが一段階違います。脚も萎え萎えでしたが、それでも付いていける程度。集団の真ん中~後方でひたすら我慢の2文字。

 前方ではブリッツェンがアタックアタック。それにコムレイドのナカサト、ヤマネ、アーサーが反応。そのうちにアーサーとブリッツェンが2名で逃げを決めました。しばらくしてさらにヤマネ+ブリッツェン2名が飛び出し。コムレイドとしてはOK。ブリッツェンと人数的には負けていますが、逃げに選手を送り込めました。

 しかし、スワコの鬼引き&逃げの牽制が入ったりなんだりしてヤマネ+ブリッツェン2名が降ってきました。最後の最後でアーサーとブリッツェンも吸収。そのまま集団で最終ラップへ。

 自分はといえば、テンションが全く戻らずで、途中で集団スプリントにそなえることに切り替えました。状況によってはナカサト選手のリードアウトも考えていたのですが・・・。

 最後の3段坂。集団はもちろんペースアップ。ついていけませんでした。がっくし。何もできませんでした。

 溜息をつきながらレースの途中で放り投げたボトルを回収し、戻ってくるとなんとComradeのナカサト選手が1位!彼は先週のエコクラシックでも優勝していますので2連勝!ブリッツェンのプロ2人をスプリントで下して勝っちゃったそうです。おめでとう!

 軽く流して表彰式の写真を撮って、ヤマネカーで青梅まで。自走で本屋によりつつ帰宅。本を15冊も買ってしまいました。まさか探していた本の10巻全巻が105円で売っているとは。プチハッピーでした。

 反省は今日はなし(=書かない)。

 ところで。

 帰りの車の中でも思いましたが、自転車っておもしろいですね。

 自分が頑張った分だけ結果になって返ってきます。いつ何を食べたか、どれくらい寝たか、どんな練習をしたか、どんな休日をとったか、仕事の時どんな姿勢でいるか・・・。それらがぜんぶぜんぶ集まって自分という形ができて、それが自転車レースの結果という形で表現されます。

 自分は口で言えないようなあーんなことをやってしまったり、こーんなことを出来ていなかったりなので「駄目」なのだと思います。逆にいえばその甘さを克服できればまだ強くなれると思います。そういう弱さがあるということ自体が問題ではありますが、それは自分という「形」の一部です。それを克服するのも自分、それに妥協するのも自分・・・。

 覚悟新たに、また、頑張ります。今日はチーム薙払えのキャプテンに感謝です。

 来週は実業団開幕の群馬です!

 応援ありがとうございました。
スポンサーサイト

| 日記 | 23:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/589-562bc9e1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。