Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

富士チャレンジソロ200

富士チャレンジソロ200 4,526m×44周=199.1km
Results 5位(招待選手を含めると9位)
Race(手元計測) 5:03'30/200.84km/88rpm/Av.174HR/39.6km/h

/26 バイトでピスト64km。newバイクのポジション決定したのでバーテープ巻いた。時間かかりすぎ。

/27 移動日
20071027秋葉原▲集合場所の秋葉原。人生2度目。雨。

 朝に荷物を整理したら電車の時間が近づいてきた。駅に着いたら電車発射は2分前。とりあえずで輪行袋に入れてギリギリで乗り込んだ。あっぶねー。やっぱ当日準備は危ないっす。

 3回も乗換えてやっとこさ秋葉原。雨が降りまくりで超寒い!無事ヤマジンさんとスドーさんに合流。GIANTカーでジャパンカップの開かれる宇都宮へ。

20071027JAPANCUP
▲ジャパンカップアマのレース。ゴールライン前の2つ目の上り。

 テントをたてたり、椅子を開いたり。12時着なのに9時についてもてあまし気味。車の中で昼寝。シートが体にあったのか1時間半ほど熟睡できてかなり元気アップ!そこからはレース観戦。一人だけ異常なギアを踏んでいるなーと見ていたブリジストンの選手が優勝。それにしても寒かった。川口車連のTAXIはインナーもウォーマーも無しで走っていた。信じられん。

 テントを撤収し、富士御殿場へ・・・といっても各地は大渋滞。首都高は真っ黄色に染まるほど。でもヤマジンさんのスーパープランで都心をかわして迂回路を走って6時半ごろにはホテルに到着。夜ご飯はデニーズ。人生初デニーズ。

/28 レース当日
20071028朝2▲朝の富士山。激晴れ!

 6時から監督と合流し、吉野家で朝ごはん。久々牛牛丼丼、丼♪と思ったら牛丼は11時から。ショック・・・。豚丼で勘弁してやった。サイドメニューは特朝定食。

 会場でいろいろ用意していたらあっという間にスタート30分前。今回はアップなし。1週目はペースカー付きで走るらしいし。それから今回はnewヘルメットとnewサングラスを監督から頂き、完璧Comrade装備。ヤマジンさんからSRAMのキャップももらった。感謝感謝。


 スターと地点に行ったら長蛇の列。交わして交わして集団先頭へ。勝負できるのは1割もおらんっていうし、前のほうにいないと速攻で終了の可能性もいる、と聞いていたので。それにしてもなんと選手の多いことか。3,000人参加だとか。スタートで招待選手の紹介が終わり、その横にチーム3人で並んだら監督もマイクを向けられていた。「優勝狙っていきます」。スドーさんと俺のことだけどね。おしっ。

 コースは平地でスタートし、アップダウンが続く。ほとんどアウターで問題ないぐらい。最後は九十九折風に曲がりながら上りとまっすぐで平坦が続いて3階段。でホームストレートに戻ってくる。
鈴鹿高低図
 招待選手のうち、マルコポーロとブリジストンは参加者フォロー。ニッポコルナゴはガチ。メイタンは一部ガチ。一般参加者には実業団で走っているような選手はほぼいなさそうだった。というわけでニッポコルナゴが動きそうな感じ。

 9時レーススタート。1週目は遊び。写真取ったり話したり。それでも2周目からはスピードアップ。心拍は一気に90%越え。ま、いつものことやけどね。ペースはかなりだが、後ろに行くと辛くなると聞いていたので前で展開。そうするとどうしてもローテーションに入らなければいけず、結構しんどい。集団は一列棒状キープ。といってもBR-1なスピードではないけど。ホームストレートに戻ったあたりで起こった中切れを必死に埋めた時が一番つらかった。相変わらず心拍はSoglia状態。こんなん続くのか?

 50kmぐらいは必死だったが、そこらへんからようやくペースが落ち着いてきて一息つけられるようになってきた。先頭でローテーションにも復帰したが、問題なし。んで先頭に出たときに、試しに上りでダンシングを強めに踏んでみたら、おお、結構動けるじゃん。と思ったらスドーさんに集団が崩壊するからやめれーといわれてしまった。そんなにペース上げたつもりなかったんだけど?自転車が変わってダンシングが良くなったのかな?

 その辺からは集団待機状態。アタックはほぼ無く、スピードのある中でのサバイバルレースの様相を呈してきた。と思う。

 そして、100km地点。22周回目。一緒に走ってきた100kmのレースの連中がゴールする。もちろん200kmの選手はそのまま走り続ける。これは富士200の特徴で、すべてのレースが小さいサーキットの中でごっちゃ混ぜに行われるおかげでコース上は人人人・・・。周回遅れも関係なし。自分と同じ位置を走っている200kmソロの選手でも実は周回遅れの選手かもしれない。それを見分ける方法は、無し。

 話を戻すが、100kmソロの連中が飛び出していった。当然。それに200kmの選手も乗っかって飛び出した。ありゃ・・・?もしかしてやばいか?しかし結構ペースが上がっていて脚がきていて躊躇してしまった。100m前方を走る集団の中にはニッポコルナゴの真鍋選手が見える。本気で行かれたら烏合の衆な第2集団では追いつけないかもしれない。

 先頭は順調に差を広げ始めた。これは行くべきなのか?行かないとレースが終わるかもしれん。あせりながら走っていたが、アップダウンが終わり、3段坂に入るあたりでニッポコルナゴの鰹さんともう一人の選手が飛び出した。2秒ほど躊躇。そこからアタックして追いかけた。が、追いつけず。2秒が命取り&俺よええ・・・。集団に復帰。

 ここからは烏合の衆サイクリング。自分はスポンサーアピールと、男の意地と、先頭に追いつくべく、ホームストレートと下り区間は積極的に引きまくったが、背中も見えず。ペースを刻み、あわよくば追いつければ良し、に切り替えた。先頭が決定的な差をつけた頃、招待選手の鈴木雷太選手がペースを作り出した(結構辛いんすけど)。スピード自体は滅茶苦茶速いってことはなくて、千切れない自信があるぐらい。そのままのスピードで残り50km。この辺から招待選手の福島兄選手もペースを作り始めた。確かこの頃になって先頭集団にラップされてしまった。人数は3人。ってことはうまくいけば3位になれるのか?

 周りの選手に周回を確認。今182kmだから18km足して200km。残り4周。前に出ても踏まない程度。温存。アタックはできないとおもったので、最後の展開に備える。福島選手がペースで引き続けてくれる。先頭からこぼれてきた鰹さんが合流。集団に残り周回遅れでなく、勝負になるのは自分を含めて5人ぐらい。

 そしてラスト1周のラインを通過する前に黒いジャージの選手がアタック。招待選手は勝負には干渉しない方針だろう、引くのをやめた。残った4人の選手で黒を追っかける。最終周回突入は第3集団の3番手。これが結果に大きく響く結果になるとは誰も知らなかった。そう、誰も知らなかった・・・。

 下りが始まるまでに黒ジャージを飲み込んだ。そのままペースはあがりっぱでアップダウンに突入。一気に脚に響いてくる。そして3段坂が始まる辺りで3,4名の選手に先行されてしまった。必死にダンシングを繰り返すが、もう体が限界。前でけん制をしているのさえすぐそこに見えるのに追いつけない。そのままゴールライン。

20071028富士200会場▲レース後の富士200会場。夕日。

 1周足りない可能性を考え、ダウンも兼ねてゆっくりとコースを1周。周りはまだ走っているソロ200の選手や、エンデューロの選手が。ありえんくらいゆっくり。ほほえましい。というか、こっちが普通なのか。自分は、というと脚の筋肉がつりまくり。痛い。頭はボーっとするし、これだけ走ったのに食欲ゼロ。しいて言うなら梅干が食べたかった。メモ。食った補給食は小羊羹3個、中羊羹1個、カーボショッツ1本、小饅頭3個、水3本、スポーツドリンク1本。1,000kcalにもならない?

 ピットに戻り、ゆっくりとストレッチをしたらまたつった。痛いー。そんなこんなでやっていたら、衝撃の事実が発覚した。

 1周多く走っていたらしい・・・。

 要するに、後1周だと思っていたときに越えたゴールラインがゴール。というわけで結果は5位。招待選手も含めると9位。しかし、実力で(プラス1周で)行っても5位ぐらいだったし、着順も5位だった。妥当。うーん、でも表彰台は乗っときたかった。残念。5位の賞品は米、ケミカル、靴下、バスタオル等。帰りは府中まで監督に送ってもらってちょび走って帰宅。疲れたー。

 反省。積極的に動いたのは良かったが、100km地点での展開には着いて行くべきだった。鰹さんの追撃アタックにもすぐについていけばいけたかもしれない。そこからは強いレースを心がけて走ったが、温存して数字としての表彰台を狙うべきだったのか?でもいかにも実業団って選手がセコイことするのもナンだしねえ。

 周回を間違えたのは、しょうがない!わからんもん。ゴール地点でメーターは196kmぐらいだったし。周りも間違えてたし。黒ジャージだけはわかっていたのか?むーーー。

 とりあえず、沖縄に向けて悪くない感触。200km持つ、ってことはわかった。ので頑張ります!
スポンサーサイト

| レースレポート | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/164-317d09b1

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。