Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実業団加東ロード

加東ロードBR-1 7.8km×12週=93.6km
Results 5週目でタイムアウト
Race (千切れるまで)28'45/20.38km/91rpm/Av.179-max194HR/42.5km/h

/13
 東名高速の用賀入り口に8時に集合。今回はちゃんと早め早めに動いて無事間に合った(当たり前)。そこから7時間かけて兵庫に到着。初の播磨入り。加東は田舎の風景で落ち着く~。農村部を走る道を1時間と少し試走。平坦では脚が元気でよく走った。のぼりはいまいち。宿泊は青少年の家、といった感じの施設。部屋も広く、空気がきれいでぐっすり寝ることができた。

/14
 BR-1は午後の2時半スタート。一般のレースとBr-2,3のレースを先にやるのでしょうがない。でも遠くから来る人間にとってはなげかわしい、ってかヒマ。超暇っす。BR-2のレースを観戦したり昼飯をつついたりしつつ時間をつぶし、早めにウォームアップを開始。コースレイアウト的に高速な展開が予想されたので、ペース走ぐらいまであげて体を温めた。

 スタートは2列目。アップダウンが続くようなコースは後ろに下がったら終わりだろう、という配慮から少しでも前でスタートすることにしたのだ。深呼吸をしつつ、号砲を待った。緊張しているのか、落ち着かない。

 曇り空に響く乾いた火薬の音とともにいっせいに走り出す。しかし、ペダルがはまらーん。左足は空をかくばかり。やっとはまったと思ったら集団最後尾。集団はもちろんマックススピード。ブレーキングとダッシュの繰り返し。一列棒状からちょっと落ち着いたな、と思っても相変わらずスピードは高い。心拍は185辺り。つらい。

 やはり一度下がってしまうとなかなか前に行きづらい。とくに上りでスピードを落として番手を落とすような走りをしてしまっていたので、下りだけでは無理難題。結局集団の後方でインターバルを繰り返す。

 しかし、そんなのが持つわけも無く、3週目の終わり辺りで単独で千切れてしまった。こうなったらもうレースは終了。後の2週はトレーニングと割り切り、ペースをあげてまわった。

 近場でダウンで30分ほど流しておわり。レースのほうは最終スプリントで復活の小室さんが6位。病気を乗り越え、3ヶ月ほどで復活。たくましいこって。6時ごろにやっとこさ兵庫から脱出。東京着は午前1時。のんびりと夜のトーキョーを抜けて帰宅。

 今回の失敗はスタート。ここで前のほうをキープしていれば少しはマシな走りをできていたと思う。下がったら終了だなあ、やっぱり。でも今回は飯田よりも長く走れたおかげでBR-1のスピードをしっかり見ることができた。もうちょっとだな、って感覚。もうちょっと。次は富士スピードウェイに出場。沖縄に向けてどんどん強くなります!
スポンサーサイト

| レースレポート | 17:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/159-5057ea4a

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。