Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

実業団丸岡

Category:BR-2
Results:?位 ゴール800m前で落車に巻き込まれ
Data:77km(大周回×3周)/1:51'19/85rpm

 土曜日集合場所にまたも30分前に着いてしまった。学習能力ないなー。まあ遅れるよかましか。人生初の福井。名物が思い浮かばん。調べたらラッキョだそうだ。カレーには欠かせない県。田んぼだらけで田舎者にとっては吉。

天気予報がはずれてちょうどいい具合の天気の中を試走。

 コースはスピードの出る平坦を走り、だんだんと勾配が出てくる。集落が切れる辺りからゆるい坂が3kmほど。頂上のトンネルを抜けて長い下り。平坦を走って周回に戻る。ゴールはスタートに戻って少し下り気味。最後は集団スプリントになりやすく、ルーラーにとっては上りと平坦のスピードが求められるコース。

 宿は「名和屋」。ビジネスホテル。可もなく不可もなく。シャンプーが切れていたぐらい。

 朝4時過ぎ起床で飯。六時に会場着。軽く周辺を走ってアップ。少し迷って少し焦った。秋津さんごめん。というわけでまたも後方スタート。良くない癖かなあ。

 七時スタート。集団の前の方で数人が飛び出していくのが見えたが後方スタートがたかって何もできず。そのまま集団の中で待機。逃げとの差は2分近くまで一気に開いてしまった。大丈夫か?秋津さんが積極的に動いている。

 下って平坦区間で追う姿勢を見せるものの、さすがBR-2。まとまりがない。という俺も消極的。それでも前が弱かったおかげでタイム差は縮まり、3周目の上りが始まる辺りで逃げの最後の一名を吸収。ふりだし。

 体は全然元気。しかしここでかかったアタックには乗らなかった。なぜ?自分でもよくわからない。今思うと自分の勝機はここだったと思うのだが。

 集団内で上り終了。トンネルの入り口で前を追う単独アタックを仕掛ける。しかしスピードが足りない。すぐに追いつかれてしまった。めげずに下りでもう一つ掛けてみたがやっぱしいまいち。集団復帰。

 微妙な距離で前を追いつめていく。やっぱり前が弱いせいで何となくでも集団の方が速いようだ。最後はゴール前500mで捕まえたらしい。最後の交差点を曲がり、下り基調の直線。自分は30番手ぐらい。道いっぱいに選手がいて前には行けない。

 まず自分の左で落車した音がした。その直後、2列前の選手が2人落車。

 久しぶりにスローモーション。意外に冷静だった。

 落車かあ。横にハンドル切ったら他の人にぶつかるからまっすぐ行こう。間が割れなかったか。上を乗り越えていくしかないか。ありゃ、前の奴こけちゃたよ。終わった…。

 気付いたときには脚にゴールドなホイールが絡みついていた。今回はしっかりサングラスも拾い、誰かが忘れていったオークリーもついでに持ってゴールへ。 軽い擦り傷と軽い打撲。自転車は前輪が振れ、デュアルレバーのカバーがぶっ飛んだ。ガッツで直す予定。

 石川県との境までサイクリングして終了。BR-1も落車なんかで散々だった。

 落車自体はしょうがない。とはいえ、もっと前で展開していれば防げた事故。それよりもその前。今回何をしたか?一回先頭に出て、下りで二回アタックしたたけ。そりゃあ勝てないさ。やっぱり逃げに乗らないと俺は始まらなさそうだ。

 今度は小川村。小川村かあ…。むむむ。いや、ガルバンゾー!
スポンサーサイト

| レースレポート | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/123-649395bc

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。