Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

熊野第2ステージ

 前半の平坦で20kmほど逃げましたが登りに入って捕まり、終り。34位。

Race:3day's熊野第2ステージ熊野山岳コース
Class:E-1
Results:34位
Weather:雨/ウェット
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM
 SWANS CYNIUM
 Giro Atomos
 Gaerne G MYST
 Time RXS Carbon
 F2P チームジャージ

 今日も雨。熊野は日本一雨の多い地方だそうです。

 起きてすぐに出発し、朝ごはんをつまみながらコースを車で試走。自分は超がつくぐらいの寝不足でグロッキー。それでも千枚田の下りはきちんと見ておきました。

20110528千枚田.JPG
▲千枚田。。。と変顔のオオモリ君。

 会場に到着して、まだまだ時間があったのでレース1時間前までうたた寝。今日もゴミテックス装備+ホットオイル。

 スタートからパレード走行。3kmほど離れたところで一旦停止し、先行するUCIのレースが通過するのを待つ。弱い雨の降り続く中15分ほど待機。

 その後ローリング走行から正式スタート。

 コースの前半は緩いアップダウンの平坦が30km。細い道に入って3kmのキツイ登り(千枚田)。毎年ここで集団が大分裂し、先頭集団に残れなければレースは実質終了。峠を越えるとテクニカルな九十九折りの下り道。最後は下り基調の平坦路を10km少々走り、ゴール前の300mほどの坂を駆け上がってゴール。

 前半の平坦ではレースは動かず、千枚田で強い人だけに絞られるというのが例年のパターン。

 スタートしてすぐにアクアタマの菅さんがアタック。数名がそれを追う。そしてベルマーレの大森選手も追っていく。千枚田がきついので、序盤に動くのはリスクが高いのですが、本人いわく「体が勝手に」。レースだし、積極的に動くべきだよね。

 少し遅れて昨日優勝した実力者の辻浦選手も後追いアタック。前に飛び出しているのは昨日のレースでも積極的に走っていた、いわば「脚のある選手たち」。

 集団内からは「捕まえろ」という声も飛ぶ。あんたがやりなさい。というツッコミを心の中で。確かに逃げられると厄介。誰しもそう思ったようで、集団のスピードが上がって程なく吸収。集団は一息。少し長めの登り区間へ。その登りの後半でゆっくりと抜けだしました。どっこらせっと。誰も付いて来ない。

 登り終わったところでトンネル。トンネルに入ったところでテンションを上げ、スピードを上げる。逃げを完全に決めるという気分でも無かったのでギアは軽目。追いつかれたとしても千枚田で大丈夫なくらいに。

 トンネルの暗がりを抜け、2つ3つアップダウンを超えるてタイム差は15秒。やっぱ単独じゃあ無理かなぁ。

 そのまま逃げ続けましたが、数キロ走ったところで後ろに大集団。さて吸収かと思ったら昨日も一緒に逃げたJP Sportの選手が飛び出してきました。合流し、ローテーション開始。しかし先に1人で逃げていた分もあって、彼のスピードがきつい。それでもスピードがよかったのでこのまま2人で逃げ続けることにしました。一か八かの全力モード。登りまでに有効な差をつけられなければ終了。2人だけで超えられれば勝利はかなり近づく。

 逃げている途中でスプリントポイントがあると思い込んでいて、ホットスポットラインをもがいて超えました。しかしレース後にE-1にはスプリント賞はないと聞いてショック。間抜け。

 しかしやはり彼の方が強い。千枚田に向かう緩い登り区間で付いていけなくなり、ちょん切れ。細い路地を1人で抜け、千枚田に突入。その直後に集団が来て、ほとんど入口で吸収。

 どうにか付いていければと思いましたが無理して走ってきたのもあって全く脚が動きませんでした。後ろから見ている分にはそれほど速くは無かったのですが。途中でE-2,3クラスで3位になったチームメイトの藤田選手に抜かされました。

 後は適当に登りをこなし第4集団ぐらいになり、下りは安全第一で。そのままゴールまでさっさか走ってレース終了。

 豚汁を2杯頂いて、藤田君の表彰式を見て宿に。

 前半の逃げは割の悪い賭けでした。しかし確実に勝とうと思ったらそこで逃げるしかないとも言えます。レースにたらればは無意味ですが、集団待機したらどうなっていたか。山を先頭で超えたとしても最後の300mがあるので勝つのもなかなか難しいです。


 レース後。go to 世界遺産パート2。

 熊野神社の親玉である、本宮大社に行ってきました。

20110528本宮大社3.JPG
▲本宮大社の入り口

20110528本宮大社8.JPG
▲本宮大社

 雨のおかげで人はまばら。速玉神社と違ってこちらはシック。朱色はありませんでした。やっぱこっちの方がいいなー。

20110528熊野サイダー.JPG
▲熊野サイダー。ヤタガラスの絵がいい。

20110528昔の本宮大社2.JPG
▲日本一大きい鳥居

 が、近くにあったので歩いて見に行きました。この写真じゃあどんだけ大きいかわかりませんね。どんだけか、というと、

20110528昔の本宮大社6.JPG
▲鳥居の足。と雨乞い(?)するオオモリ君。

 昔はここに本宮大社があったそうです。しかし川の中州だったので今の場所(=高台)に移されたとか。世界遺産の記念碑のようなものもありました。

 車を走らせ(カマタさん運転お疲れ様です!)宿に戻って温泉、ご飯、就寝。今日はモリサキ君側に荷物でバリケードを作っておきました。寝不足もあってぐっすり。
スポンサーサイト

| 日記 | 13:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://albatrossy.blog94.fc2.com/tb.php/1014-14d80fcb

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。