Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

雨のち晴れ暑

93km 彩湖

 このところコンピューター作業をしていると「つらい」です。目を開けていれなくなるような気持ち悪さがどんどんたまっていって。なんなんだろう。やっぱ人間太陽のもとで働くべきなのかもしれません。

 というわけで目覚ましかけずに寝れるだけ寝ました。8時起床。ゆっくりご飯食べて出撃。

20100730埼玉曇り空.JPG
▲埼玉。曇り空。

 最高気温の予報は30度!涼しい!素敵!というか雨でした。彩湖の新しくできた滑走路で15min×3のベーストレーニング。2本目は雨がザーザー。気持ちいー。

 帰宅して自転車を洗車。自分は駆動系周りの汚れ落としにはフィルタークリーナーを使っています。使い勝手としては灯油に似ていますが、洗浄パワーは灯油のさらに上。おすすめデス。

 日曜日は夏の実業団3連戦の最後、松川ロード。思い返してみると今年はロードレースでは全く結果を出せていません。西日本はしょうがなかったかな。ともあれ、気合い入れて、走ってきます。
スポンサーサイト

| 日記 | 18:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

東京の縁、東京の真ん中

123km 檜原街道

 早めに出発して、檜原街道でメニュー。

15min*2
(4minON-4minOFF)*4
(2minON-2'30OFF)*5

 調子はあんまり。踏み抜けない感じでした。くるしー。

 檜原街道は秋川という川に沿って作られているのですが、帰り道の途中で川に降りられるところを発見。

20100728檜原街道で水浴び3.JPG
▲水浴び中

 脚をアイシングしてさっぱり。五日市まで下ると気温は高かったですが、体を一旦冷やしたおかげか、それほど暑く感じませんでした。

 13時過ぎ帰宅。やっぱ早めに練習したほうが涼しくてええわ。

 ご飯食べて久しぶりに町へ。帽子(CapじゃなくてHat)が欲しい!というわけで新宿でルミネ、三越、丸井今井、伊勢丹などなど梯子。歩きまくりです。しかしこれだ、と思うのがありません。もともと男性の帽子ってラインナップが少ないんですよね。角がシャキンとしたカンカン帽子が欲しかったのですが、ツバが曲がってたり、サイズが小さかったり(オレ頭デカイ)、まるっこかったり。女性モノだったらデザイン的にいいのがあるようだったのですが、レディース売り場に突撃する勇気はでませんでした。

 それにしても、午前中の檜原村と午後の新宿の取り合わせは両極端で面白かったです。東京も意外と広いのです。

 結局新宿はタイムアウト。目黒の武蔵小山でまあまあな安物を見つけて今日は満足することにしました。まあそのうち気に入ったのがあったら買おうかな。と思っているうちに帽子が必要な暑い夏が終わってしまうに一票。

 目黒で本やら何やら頂いて、30冊近い本(ハードカバー)を転がして帰ってきました。午後の方がある意味疲れたかも、でした。

| 日記 | 22:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

白黒

60km V通り→稲城

 午前中にがつっと上げて、と思って出撃しましたが、まぁったく体が動きませんでした。たまにあるんですよね、最悪な日。レースのダメージかな。暑かったし。いや、今日も暑いし。

 SFRやって、休憩をはさんで登りスプリント5本で終了。このごろは練習後は水シャワーで爽やかさん。そうめん食べて、仕事してきますわ。

| 日記 | 11:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実業団小川村

 のっけからハイペースのレース展開。第3集団ほどの位置で苦しみましたが残り1周で降ろされてしまいました。

Race:実業団小川ロード
Results:DNF
Weather:快晴/ドライ
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM RED
 ZIPP 303
 ZIPP TANGENTE
 SWANS CYNIUM
 Giro Atomos
 Time iCLiC Carbon
 F2P チームジャージ

 土曜日は渋滞を見越して早目の6時に調布駅集合。しかし中央道は思ったよりも渋滞せず、結構時間もあったので高速を降りたところにあったわさび畑をみに行きました。

CA340011.JPG
▲大王わさび農場にて

 写真のうしろがわさび畑。日よけのために黒いシートがかけられているようです。

 少し歩いて、涼んだり水汲んだり。名水百選というわりには普通の水でした。本当は湧水を直接飲んでみたかったですが。

 そんなこんなでもお昼過ぎに会場に着いてしまいました。渋滞を警戒しすぎ?チームメイトは走りに行きましたが、自分は暑い中走りたくなかったのでシブヤさんの車にのっけてもらって先に宿(ロッヂわかた)へ。のんびり昼寝してました。

 夕方になって高い山並みに太陽が隠れた17時に出撃。おかみさんの言った通り、太陽がいなくなるとストンと涼しくなりました。近場でザクザクっと強度を上げて流して終了。

 夜は寝付きが少し悪かったですが、朝までぐっすり。涼しかったです。久しぶりに。

 日曜は下位クラスの連中を見送ってTRはゆっくりご飯。会場までは自走で30分ほど。快晴で気温も上がり気味。パレードもあるのでアップはほどほど。しっかりテンションを上げてスタートへ。

 コースは標高差450mの登りが1ヶ所。これを登って下って登って下って・・・計5回登ったところでゴール。76km。登りは半分が緩斜面、半分がキツイ坂。下りはスピードの出るテクニカルなカーブが続きます。しかしやっぱり登坂力がモノをいうコースです。

 11時40分スタート。

 パレードでは中ごろで走行。まわりもあまりがっつかない感じで密度も薄め。3kmほどでコースに入ってレースオン!数名の選手がアタック。メイン集団はペースで追撃。6人ほどが抜け出したか。体が動かない感じがして辛かったですが、ここは集中して着いていきます。

 勾配がきつくなり、集団もバラけ気味。自分も辛くなってきて去年と同じような場所で遅れてしまいました。それにしても踏み抜けない感じでした。あとで聞くとペースは去年などよりも速かったらしく、メイン集団は1回目の登りですでに20人ぐらいになっていたとか。ちなみに気温も1周目から高目。で水かぶりまくり。

 第2集団でクリア。下りでちょっと臆してしまって攻めきれず、ちょっと遅れ気味。しかし下りきったところで後ろから集団が来て、これに合流。メイン集団も前に見えたところで2回目の登坂区間へ。

 ここからはバラバラ。清水さんがちょうどいいペースで登っていたので一緒に登っていきましたが、中腹で離れてしまいました。登りきってボトルを2本受け取り、下りへ。

201007_26_小川村PhotoByNao.jpg
▲登りきったゴール地点の補給所にて。右後ろの赤い帽子はヒラカタさん。

 やっぱりZIPP303のエアロ効果がいい所為でしょうか。それほど踏んでもいないのに数名をパス。スピードが高い所で伸びて行く感じ。

 下りでかなり挽回したものの清水さんのところには追いつけず。3回目は1人で。序盤のハイペースでやられてしまったか、リズムは落ち気味。水は意識してかなり飲んでいましたが、かなりヒートアップ。選手みんな条件は同じだけどね。

 4回目の坂はどうやって登ったんでしょう。とりあえず完走のために全力で走りました。しかし登りきったところでトップからのタイム差は10分から30秒オーバー。ここで降ろされてしまいました。優勝はシマノの平塚選手。チームメイトでは原川選手が15位。お疲れ。

 日影で体を冷やし、スタート地点まで下って着替えて帰路へ。帰りは渋滞まっさかり。大月で降りて、道志みちで帰りました。ヒラカタさんありがとうございました。

 このレースに照準して練習してきましたが、足りませんでした。

 応援ありがとうございました。

| レースレポート | 21:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ああ、ついその言葉を言ってしまいそうだ。

131km 大垂水→美女谷→和田峠

 大垂水で5min×5本。まだいけそうだったのでそのまま美女谷へ。谷といっても峠道です。

20100722美女谷.JPG
▲のぼりで振り返った道。不思議なアングル。

 美女谷は一部舗装が改善されていました。車は通行止めの道なのにね。

 それにしても。暑い。美女谷に入るところでもうダラダラ。頭から水をかぶって冷却しましたが、涼しいのは一瞬。灼熱。猛暑。酷暑。

 和田峠は途中からもう駄目状態。峠を下ってからの街中を抜ける1時間20分の長かったこと。美女谷と和田はいらなかったな。

 帽子が欲しくなったので、西国分寺の大きな建物(デパート?)でさがしてみましたが、これだ!と思うのが見つからず。見つからないままに夏が終わりそうな予感もしたりしなかったり。

 夜に少しだけ雨。

| 日記 | 22:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ロングスカートのワンピは2割増し。

60km V通り→稲城

 早めに起きて、朝ご飯軽めにして、早めに出撃。でもあちい。予報では最高気温35度。まだ9時だってのに太陽カンカン、ムンムンムシムシ、汗だーらだら。キャプテンからロング乗るなとアドバイスをもらいましたが、こんなんでロングなんて行けるかー!

 というわけで2min*5本とインターバルで40sec*6で短めに上げてさっさと終了。

 午後はクーラーきいた屋内でお仕事お仕事。夜は少し涼しくなってきました。

| 日記 | 22:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実業団石川

 かなり脚の調子は良かったのですが、3周目に集団が2つに分裂。後ろに取り残されてしまい、登りでも追いつけず。人数の揃ったパックで走りましたが、残り2周半でタイムアウトでした。

Race:実業団石川ロード
Results:DNF
Weather:晴れ/ドライ
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM RED
 ZIPP 303
 ZIPP TANGENTE
 SWANS CYNIUM
 Giro Atomos
 Time iCLiC Carbon
 F2P チームジャージ

 土曜日にヤマネカーで移動。石川までは200km強で近めなのですが、東北道やら首都高が大渋滞。8時に府中を出発して到着は14時。暑かったので宿でのんびりして、16時ごろからコースへ。

 コースは2kmきつめにのぼってその後少しゆるめ、ゴールラインを過ぎて500mほどキツイ登り。下ってひたすらアップダウンが5kmほど。で登りの下に出てきます。TRクラスは登りの下からスタートして上りを9回登ってゴール。郷土としてはインターバルがひたすらかかる感じでキツイコース。集団から離れてしまうと一気にタイム差がついてしまいます。

 試走ではこのコースを2周。登りをいいペースで2回踏んで終了。まずまず。

 ご飯をゆっくり食べて、早めに就寝。

 当日は宿からスタートまでが近く、しっかり走って体をあたためて早めにスタートラインへ。

 定刻、9時スタート。

 のぼりのふもとまではパレード。気を抜いたわけではありませんが、せっかく前に並んだのに少し番手を下げてしまいました。登りに入ったところでレースオン。

 散発的なアタックが始まった、と思ったら意外とすぐに4人の逃げが決まってしまいました。チームからは武田がこれに乗り、ベルマーレとしてはOK。

 登りの2回目に入り、ブリッツェンの選手がするするっとアタック。集団はペースを落として見送り気味。迷いましたが、少し遅れて、集団の右サイドをすり抜けて集団から抜け出し、これを追走。前に2人行ければチーム的にも万々歳だし、前でペースで走る方が向いている、と感じたから、です。

 しかし、脚が思ったように動かず。迷った分の時間も距離の差になってしまい、ペースで追いつこうとしましたが、逆にメイン集団に引き戻されてしまいました。後で聞いたところ、ブリッツェンの柿沼選手は先頭に追いついたようで。失敗したなあ。もうチョイ反応がはやければればれば。。。

 その後の登り区間は集団の先頭付近で走行。下り、アップダウン区間をぬけて3回目の登り。こんどは逃げに選手のいない愛三がペースを上げ、途中から愛三の選手が1人アタック。集団のペースも上がり気味。ちょっと苦しい。番手を下げてしまいました。

 登り終え、下って。アップダウン区間に入ったところで集団が2分裂。自分は後ろの集団。埋まるだろうと思っていたギャップがだんだん広がり、差は10秒ほど。そのまま登り区間へ。

 登りに入ったところでギャップを埋めるべく集団がペースアップ。後方集団は全員フルもがき状態。「ここが勝負だ!」テンションを引っ張り上げ、全力で踏みました。

 しかし外から見ると「ヘコヘコ登っていて」な状態だったらしく、「邪魔!」と平林さんには怒鳴られる始末。

 最悪だなあ。ろくすっぽスピードをあげられないばかりかチームメイトのラインをふさいでしまうとは。

 強い人たちは前方集団に合流。自分もめげずに踏んで、後20m埋めればというところまで追い上げました。しかししかし。この20mがどうにもこうにも埋められず。まわりにも選手がおらず、ほぼ単独で追走。それも長くは続かず。メイン集団はカーブの1つ向こう、2つ向こう、3つ向こう。

 グルペット(千切れ集団)は後ろから人数が追いついて最終的には30人オーバーの大集団。それでも脚もなく、ローテも回らず、ペースもむちゃくちゃ。ずるずると走り続け、あと3回登ればゴールというところでタイムアウト。

 後片付けをして、今度は渋滞の少ない高速をちゃきちゃき走って8時ごろ早めの帰宅。

 自分では「うまくいかないなあ」と思っていましたが、キャプテン曰く、最後までレースをできなかったのは必然であり、その原因をつぶせば今のコンディションでも最後まで戦える、とのことでした。そうですよね。

 応援ありがとうございました。

 いつもこんな結果ばかりで本当にすみません。1レース1レース大事に全力で心をこめて走ります。

| レースレポート | 22:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

暑い→寒い→爽快→青い→ぬくい

196km 風張峠→松姫峠→20号→大垂水

 150kmぐらいで済ませるつもりだったんですが。檜原街道はひたすらメニューオンパレード。蒸し暑かったです。しかしさすがの標高1,000m。風張峠は涼しかったです。雨上がりでちょうど打ち水をしたような涼しさ。ってか下りは寒いぐらいでした。

 雨で空気が洗い流されたようで、いつもは濛々とかすんでいる景色がキリっとエッジがきいたように綺麗でした。

20100715奥多摩湖.JPG
▲奥多摩湖を望む。

 奥多摩湖に下ってネクター飲んで休憩してから大菩薩ライン。スゴイ名前の道だなあ。小菅村まで回って、今日はもいっちょ標高1,000mオーバー。獲得標高はたいしたことないけどね。35分ぐらい登り続けました。

20100715松姫峠下り.JPG
▲今からあそこまで下ります!さらに下るけど。

 ここからは20号線まで下って下って。ちょっと路面が濡れていたりした箇所もありましたが、気持ちよく猿橋まで。この辺で雲が切れて青空が見え始めました。そろそろ太陽が照りつけて熱くなるな、と思いました。

20100715多摩川空.JPG
▲多摩川で空。今日は綺麗に青い。写真じゃ分かりませんが。

 しかし、空の半分は晴れ、そして残り半分は曇り。そして暑苦しいヤツは雲の裏。風があったので空気も乾き目ですなわち涼し目。結局最後まで太陽は顔を見せず。非常に爽快でした。

 16時ごろ帰宅。かるくご飯を食べて銭湯へ。下手なマッサージより疲労回復に効く気がします。ただのんびりしたかっただけですがね。とにかく2時間近くのんびりお風呂してきました。あー、気持ちいかったさ~。

 心と体の疲れを全部洗い流してきました。あとは3日後(実業団石川ロード)に全力で走るだけ。

| 日記 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

70km V通り→多摩川

 関東の多い所では雷を伴って120mmの雨が降るでしょう。うーん、120mmって12cmだよな。結構な雨だよな。でも西東京は降るのか、降らんのか。

 調べてみたけどよくわかりませんでした。近場ならいいか、というわけで遅めに出撃。途中はバラバラパラパラ降っていましたが、それほどは。多い所ではなかったようです。V通りでSFRしてからインターバルかけましたが、日曜日の疲れか、ありえなーいなタイムでした。

20100713多摩川.JPG
▲多摩川。雨が降っているので人も少なめ。

 こりゃ、あかん。というわけで多摩川でペース走1本走って帰ってきました。午後はのんびりします。夜はカレーが食いたい!

| 日記 | 16:07 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あしもげた

183km 荒川→三笠山→小川町→荒川

 今日は曇りの埼玉へ。川口練に参加してきました。コムレイダー6人を含む10人編成。面子も濃いめ。さぞや悶絶地獄かと思いましたが、昨日の疲れで参っていたらしく珍しく平和なペース。といっても40km/h巡航ですが。

 三笠山で戦闘モード。中盤までは良かったですが、終盤でリズムがたがた。登りきって、下りで後輪パンク。紫陽花だらけの道でパンク修理。登ってきたらキレイなんだろうなあ。いや、見る余裕ないか。

 落合で休憩し、珍しく小川町方面へ。つまらない所で集団からぶっちぎれ。こまかい道を抜けて、平地に下りてからはスピードが上がり、切れては信号復帰、切れてはどうにか復帰。やっぱり悶絶地獄。

20100711冷やし中華.JPG
▲おくればせながら冷やし中華始めました。具が多すぎて面が見えん。ハムなし。

 どうにか雨が本降りになる前に帰宅。さて、何するかな。久しぶりの何も予定のない時間です。

| 日記 | 16:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

きゅうり

141km 大垂水

 カラっと晴れました。大垂水の表1本、裏でメニューやるつもりでしたが、2日前に引き続きのまたもや工事中。土曜日なのに、御苦労さまでーす。ちょっと体疲れ目でどうしようかな、という感じでしたが、TRクラスの選手を見かけて、負けてらんねえや。表に戻ってTTしたり、インターバルかけたりで6本。

20100710立川モノレール.JPG
▲立川のモノレール。モノレールのある風景が好き。不思議な感じがして。

 体が夏モードに切り替わったのか、30度ほどでしたがそれほど暑く感じませんでした。水は飲みまくってましたが。立川のなるしまに寄り道して玉川上水経由で帰宅。

 野菜の直売所でキュウリ3本100円。おばちゃんのお勧めどおりにパリっとしたキュウリを選びました。サラダサンドにして、2本目はお味噌で。うーん、夏だねえ。

 少し前の話になりますが、ダイナソア様よりシューズとペダルを頂きましたので、ご紹介させていただきます。

20100710シューズといCLiC.JPG
▲ GAERUNE シューズ「G.MYST」 / Time ペダル「iCLiC」

 シューズは表面にメッシュ部分がない、という特徴があります。そのおかげで生地の伸縮性はなく、シンプルな履き心地です。表面には細かい通気孔がもうけれており、蒸れる感じはありません。

 ちょっとびっくりしたのがベルクロ(つま先側2本あるマジックテープで止めるストラップ)。はじめはこのベルクロを締める時になんとなく「普通のと違う」と感じていたのですが、最近になって、ベルクロの裏に歯形加工されたプレートがあることを発見!シューズ本体側にも同様のプレートが付いており、ベルクロがライディングで緩まないように工夫してあります。なるほど!詳しくはダイナソア様サイト http://www.dinosaur-gr.com/gaerne/index.php へ。

 Timeのペダルは自転車を始めた時から使っていました。その時はRXSシリーズ。iCLiCシリーズのコンセプトはこのRXSシリーズのものを引き継いでいます。

 もっとも特徴的だと自分が感じているのが「フローティング」という機能。ペダルに対してクリート(=シューズ)は完全に固定されるわけではなく、ある程度の左右の振りが許されます。もちろんペダリングで力がかかる円方向については完全に力と動きがリンクしています。

 さて、この左右のフローティング。例えばヒトが直立した状態と、そこから膝を上げた状態で足(脚ではなく)の向きは同じでしょうか?答えはおそらくNoでしょう。同じだ、という方もいらっしゃるかもしれませんが、完全に「同じ」とは言い切れません。

 そしてこのことを前提に考えると、自転車のペダルに左右のフローティングがなかったら、ペダリングした時に足が「自然な向き」とは違う状態になることがあるかもしれません。(ペダリングの違う位置では「自然な向き」だとしても)。やもすると、これは脚の筋肉や関節などへの負担になってしまうかもしれません。逆に言うと、左右のフローティングがあることによって、より自然な動きが可能になる、ということです。

 というわけでフローティング機能は偉大だなあと感じるのです(説明下手だ・・・)。怪我の防止にもなるし、力もしっかり入れてペダリングをすることができるし。イチオシなのです。

 RXSシリーズとの違いは踏み面の広さ。しっかりとペダルにかかる力を受け止めてくれます。

 そしてもうひとつの違いはペダルにクリートをはめる時の感覚。カーボンプレートを使った構造も影響しているのでしょう。大抵のペダルはシューズをペダルに持って行って、最後は「クリートを押しこんでパチン」となるのが普通です。しかしiCLiCはシューズがあるべきところにくると「パチン」と音がしてはまってしまいます。最初はビビりました。え?もうはまったの?という感じ。ペダルが入っていたパッケージに「CLIC & RIDE」と書いてありましたがその言葉に偽り無し。まさに「クリック」する感じ。

 こちらも詳しくはダイナソア様サイト内 http://www.dinosaur-gr.com/time/index.php を参照ください。こいつぁ、逸品ですヨ。

| 日記 | 17:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

からりと晴れて行間

131km 大垂水

 曇りだと思っていましたが、朝起きたら青空でした。湿気もなくて、気温の割に走りやすかったように思います。

 高尾で掃除のおじさんに「大垂水は今どう?」と聞かれました。

 どうって?難しい。返答に窮しました。昔と比べて、という意味でしょうか?最近しか知らんのですが。

 「ええっと、ここ数年は変わってないと思います。あ、ただ高尾(正確には高尾山口)の辺りは混んでいることが多いですね。有名になっちゃいましたからね。ハイキングとかはいいと思いますよ。」

 最後の1つは間抜けなコメントさん。「どう?」って何を聞きたかったんでしょう。

 今日は大垂水の表(裏は工事してました)でTT風味4本と強度変化をつけたメニュー2本。久しぶりに全開走行できました。大垂水は川沿いなので涼しいですね。なんだかんだで集中できるし。

20100708大垂水表中腹脇道.JPG
▲大垂水表の脇道にて休憩中。風が抜ける所。

 こんな橋がありました。この道は20号線の旧道かな?

 太陽も上がりきって暑くなってきました。休憩大目で帰宅道。夏は逆風の方がいいです。涼しいから。

20100708練習食.JPG
▲おいなりさん

 多摩川からの帰り道に惣菜屋さんがあります。今の家に引っ越してきて、練習帰りに毎回通りかかるのでいつか行こういつか行こうと思っていましたが、そのうちシャッターが閉まったままになってしまいました。閉店か?残念。そう思っていましたが、2年のブランクを経て2カ月ほど前に営業再開。というわけで帰りがけに寄ってみました。

 シャッターが長く閉まっていた話をすると「手紙が来たりしてねえ」とのことでした。「営業再開してほしいというファンからの手紙」のことだと思いますが、おばちゃん省略しすぎっしょ。

 写真の3つで60x2+80=200円。安い!ご飯は固めの炊き上げ、味付けは甘め。あげの味がしっかりしていておいしかったです。また行こうっと。

| 日記 | 17:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

紫陽花は青が好き。

126km 大垂水→和田峠裏→

 しっかり登りのとれいにんぐでもすべえ、ということで和田峠(藤野側)へ。がっつり登れて、一番近いから。

 朝ごはん少な目にしたらいつもより当社比2倍で腹減りーの。和田の1本目はまあまあ、2本目は中盤で死にかけました。下って少し休憩。切り替え切り替え。

20100706和田峠中腹.JPG
▲和田峠中腹

 脚はそこそこ動いている感じですが、心臓と肺がさぼっている感じで辛かったです。3本目はゆっくり。4本目はペース。強度はぜんぜんだったんだろうなあ。まだ体が戻りきってないのかな?

 和田峠の中腹は紫陽花がきれいでした。昨日萩山のサイクリングロード脇に群生しているのを見た時は「あんまし綺麗じゃないなあ、ってか紫が濃すぎて毒々しいぞ」という印象しかなかったのですが、今日山の中で見た紫陽花は綺麗でした。田舎の空気感がそう見せるのか、それとも土と水が美しい花をつくるのか。

 紫陽花みるなら和田峠へ。いや、峠まで登らなくても紫陽花は見られますヨ。佐野川流域は「日本の里100選」にも選ばれているそうで。随所にのぼりが立ってました。確かに佐野川は、、、いい景色です。うーん、いい表現が見つかりません。まあ、時間のある方はきれいな空気と紫陽花を見に是非。観光の目玉である「何か」があるわけではないんですがね。いい所です。それは確か。

 天気予報が外れてお天道様も雲の間からチラ見ぎみ。暑苦しいから顔見せんな!とぼやきながら帰宅。体重が激減。それほど暑いと感じなかったですが、和田4本でしぼりとられたのでしょうか?

 八百屋でトマトが安かったので、残りの生地を使って、

20100706夜ごはん.JPG
▲PIZZA

 バジルは生で載せてみました。ってか具だくさんすぎてカオスピッツァだな。玉ねぎを買い忘れたのでネギで代用。おいしいかったです。

 が。夏のオーブン料理はあちぃのです。暑いけどおいしい。おいしいけど暑い。うーん、悩ましい。

| 日記 | 19:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

曇りのち雨

65km AM多摩湖 PM多摩湖+ローラー

 起床時体温は35.2℃。心拍は少し高めの46。どうにか戻ってきました。気分も爽快。お腹がちょっと不安定。

 消化の良いものをお昼前に多摩湖をくるくるり、昼飯、昼寝。夕方にインソールの調整などで多摩湖に行こうとしたら途中で雨。で戻ってきて適当にローラー。

 夜ごはんは昨日に引き続きイタリアン。

20100704PIZZA.JPG
▲PIZZA

 チーズが安かったのと、パンのためにおこした酵母がいまひとつだったから。トマトのスライスがあれば完璧だったんですがね。バジルを載せるタイミングが少し早くて緑色が飛んでしまいました。でも、チーズたっぷりでおいしかったです。

| 日記 | 19:52 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

38度7分、心拍56、超倦怠感

0km

 休息ウィークは終了!今日からがっつり乗るぜ!!!

 と、思っていましたが。

 午前4時ごろに妙な寒気で起きてしまいました。押し入れから冬用の布団をひっぱり出してきて暖かくしてもう一度夢の中へ。サドルの皮が剥げる夢でした。そうして6時過ぎに起きたら、表題のとおり。体全体が熱い感じでした。

 昨日職場で風邪気味の人がいたのでうつされたんだろうなあ。いつものとおり、ショウガ湯を飲み、ポカリを飲み、布団をかぶりまくって寝ました。昼前に一応病院へ。インフルエンザではないものの、ウィルス性かもね、とのこと。

 薬を飲んでもうひと眠りしたら、今は熱も下がって大丈夫そうな感じです。ある意味では今週の土日に行われている宮田のレースにエントリーしてなくて良かったです。

 とにかく、早く治れー。

 夜は調子も戻ってきて、生パスタを作ってみました。

20100703生パスタラザニア.JPG
▲ラザニア。ただし円形の。

 平麺パスタとかラザニアって売ってないんですよね。好きなんですが。売っていても結構高い。というわけで作り方を調べて自分で作りましょうといういつもの(?)流れ。材料は卵、オリーブオイル、薄力粉と強力粉は1:1。冷蔵庫で寝かせて小分けにした生地を麺棒で延ばして、延ばして、延ばして・・・。ああっ、パスタマシーンが欲しいぞ!

 時間はかかりましたが、とってもおいしかったです。今回は野菜ごろごろ系でしたが、次はトマトソースたっぷりでチーズかけて、かな。夢広がります。

| 日記 | 17:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2010年06月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年08月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。