Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

惰眠だみん

 外国のある古い街にやってきた。どうも馴染みの人がいるらしい。セピアがかった街中を歩き、茶色い建物に入っていくと老人と小学生の少年がホールで迎えてくれた。

「覚えていますか?」

と、英語で言おうと適当に単語を繰り出していたら少年のほうが日本語で

「覚えてるよ、1年前の人でしょ?」

 そう、1年前にここでお世話になったのだ。周りにはベッドがたくさんあり、白いボリュームのある布団の中に人が埋もれている。病院だろうか。それにしてもみんな微動だにせず寝入っている。めがねをかけた白髪の老人は俺のことを忘れていたようだったが、すぐに思い出し、再会を喜んでくれた。日本語もしゃべれるらしい。どこから来たのかね、と尋ねられ、

「イタリアのヴェローナで世界戦があったじゃないですが、その前座のレースに出て、その帰りです。」

 前座・・・?まあ、とにかくそんな帰り道だそうだ。ちなみに夢の中の知識で言うと、この街もイタリアである。どうせなら世界戦の本チャンがよかったなあ。夢でも前座レベルか。

 少し話をして、帰宅の途へ。飛行機に乗った。夜景を眺めたりしていたのだが、ふと思い出した。

 日本行きのチケットどこだっけ?

 思い出せない。手荷物のかばんをガサガサやってみるが、見当たらない。やばいなあ。どこだっけ。日本に帰れないじゃないか。うーん・・・。あ、思い出した。「確か」旅行券についていたはずだ(旅行会社から発行される、旅行の公式行程書のようなものらしい)。そうだ、「確か」あれについていた。うん、大丈夫大丈夫。

 本当に飛行機のチケットがあったかは不明。その前に朝が来てしまったから。そんなに悪い夢じゃなかったな。ちょっとあせったけど。

 朝ごはんを食べて、ホイールを交換したら時間がなくなってしまった。左脚の関節が今ひとつなのでちょうどよかったかもね。明日から3日間は乗り倒します。
スポンサーサイト

| 日記 | 21:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

かっとべローテーション

149km →463→16号バイパス→川島町周回→463→

 また夢か。あまりいい夢ではなかった気がします。そんな重い気分を引きずって出撃。もがけば忘れられるでしょう。今日も16号バイパスで40km/hオーバーで行ったり来たり。

 と思っていましたが、カネダさんとTAXIと遭遇。平坦でローテーションするとのことだったのでついていくことにしました。風のある区間で3人で回しながらレースペース。カネダさんにペースが遅いだの、なんで追い風なのに上がんねーんだ、と怒られながら。ひー。ゆるしてちょんまげー。

 と思ったら練習ホイールのリムが割れて、振れまくってタイヤがフレームに当たっていました。そりゃあ遅いわけだよ。応急処置して走った最後の1周は持ち直しました。いい練習ができました。お二方に感謝です。
■Race Pace Rotation 15min(1minON-2minOFF) × 3set (Rest8min)

 流して終了。午前中だけで150km走れました。14時から仕事でしたが、睡魔にいじめられました。やめてけれー。

| 日記 | 22:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

休み

 薙ぎ払え練の予定でしたが、左のハムが張っていたので大事をとって休みにしました。沖縄出られんかったらシャレにならんですので。

 今日も夢を見ました。4日連続です。疲れているのでしょう。今日の夢は双子の弟と口喧嘩する夢。何かの数字のことで言い争っていたようです。寝起きが悪い。朝ごはんを食べてから横になったらそのまま3時間ほど寝てしまいました。豚さんまっしぐらです。

| 日記 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

16号バイパスでつかまえて

145km 463→17号→16号→荒川→463

 題名の気分はJDサリンジャーです。わかる人手を挙げて。

 秋晴れでした。スピードが足らん、ということでレースペースでかっ飛ばしてきました。スピード出る道だなあ。うまくつかまえられたのは3本程度でしたが、単独でもいい感じでアウター踏めました。
■Race pace 7min×7 (平坦)

20081028埼玉▲埼玉。空が碧いです。

 余った時間は荒川を上の方まで。なれないことをしたせいかちょっと膝に違和感。気ぃつけようっと。

| 日記 | 21:38 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流し

52km 多摩川+稲城周回

 いつもと違う月曜日。試合が土曜日でしたから。少し流し。集中すれば2時間なんてあっという間です。沖縄までの2週間もあっという間になりそうです。

| 日記 | 18:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008JapanCup

Race: ジャパンカップ(オープン) 80.8km(14.1km×5周+10.3km×1周)
Results: FAD (5%ルール適用によるタイムアウト)
使用機材:
 GIANT TCR ALLIANCE 0
 SRAM RIVAL
 A-Class ALX440SL
 SWANS CYNIUM (ミラーレンズ)
 Giro Atomos
 MAXXIS COURCHEVEL

 レースが12時からということで遅めに出発。天気は曇り。5日前の予報だと雨になっており、覚悟をしていましたが、天気が改善してくれました。レース開始まではジャイアントのブースで挨拶したり、知り合いと雑談したり。1時間半前からアップ開始。今日はローラー。風が当たらない分だけ体があったまります。テンションも悪くないぐらい。スタート25分前にスタート付近に行きましたが、結構な並びっぷり。スタート直後から狭い道幅の登りが始まるため、最初の位置取りがとっても重要なレースです。

 コースは軽く登って、平坦を700mほど走ってコガシ林道の1.2km程の登りへ。テクニカルな下りを下り、平坦が3kmほど。アップダウンと平坦が繰り返され、最後に鶴カントリークラブへの登りを登るコース。林道を登る登坂力と、総合力が必要なコースだと思いもいます。

 ペダルをはめて、コース横の看板で体を支えた状態からスタート。一気にテンションをあげ、シフトアップしながら始めの登りをすり抜け、平坦は一息つき、コガシ林道へ。速い。しかし、今日は体が動く。いつもよりも一つ上の感覚。さすがに集団を飛び出るような力はありませんが、集中力をたもったまま峠超え。下りへ。

 はじめはヘアピンカーブが5連続。下手な選手もいれば、するすると抜けていく選手もいる。自分も機会を見つけて前へ、前へ。一周目でレーススピードで走るのが初めてでなかなか攻めきれないが、集団中盤。ふいー。 とりあえず最初の関門突破。

 平坦は集団にいればOKでしたが、アップダウンが始まると辛くなってきました。鶴カントリーで少し遅れ気味。またもや集団最後尾。これじゃあ先週といっしょじゃねえか!

2008japancup4
▲鶴カントリーの登りにて。Photo by Hirakata
 力入りすぎだなぁ。

 スタートゴール地点をかっとばし、池の横の平坦な部分でどうにか追いつきましたが、脚が売り切れっす。ぶっちーん。あとは先週と変わらず。周りの選手とローテーションを回しながら as speedy as possibleに(英語あってる?)。それにしても周りの選手がローテーション下手過ぎる。この程度でちぎれるぐらいの選手だからしょうがないのだけれど。アタックみたいなスピードで先頭に飛び出すし、登りで踏んでいったと思ったら垂れて帰ってくるし。まあ、そんな感じで走り、タイムアウト(15分)には引っかからず最後まで。

 最後にスプリントしてみました。80km走ったにしてはよく伸びたようです。会場アナウンスが「今、勢いよく入ってきたのは・・・・・・」と。「・・・」って何だ?「コムロ」とか「ヤマネ」とかだったら続きがあったのでしょうか。まあ、そうでしょう。実業団レースでいつも千切れている選手です、って続けるわけにもいかんしねえ。

 さて、走りきったものの、UCIの5%ルール(先頭の選手のゴールタイムの105%を超えた選手は失格となる)でDNF、ただしくはFADになってしまいました。実業団トップ選手が少ないレースなのに。とほほ。それとも、走り切れたのは収穫とみるべきでしょうか。思えば今年ゴールまで走りきったレースは春先の都ロードと鈴鹿のファイブステージだけですし。(我ながら終わってるなー。)なにはともあれ、これが今の結果です。

 食欲が激落ちしました。それでも次のレースのために少しお腹に入れて、ダウンして。夜は選手とサプライヤーのジャイアントのスタッフの皆さんと食事。モツ鍋が美味しかったです。ごちそうさまでした。ホテルに帰って選手で少し話などして、12時頃就寝。

| レースレポート | 23:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

遠い宇都宮

コース試走15km

 木曜をオフにして、今日は移動日。本当は日曜日のレースに出たいですが、へっぽこは土曜日の前座レースです。ヤマネさんの運転するチームカーで北へ。道が良く分からず、しかも雨のせい(?)でかなりの渋滞。軽快なトークができれば良かったのですが、ヤマネさんの眠気を誘ってしまいました。

 東北道を80km走って餃子の町に到着。受付を済ませ、コースを試走。天気はぎりぎりの小雨。レインコートでちょうどいいぐらい。登りが短くも激しく、パワーだけでは走れなさそうなコース。しかし平坦も多く、ロードレースになりそうなコースだと感じました。

 ラバネロのスタッフのおっちゃんと話し込んでからホテルへ。曲がる交差点を間違えたりしてましたが、駅前のホテルザセントレに到着。hotelとtheは英語。セントレ(cntre?)はフランス語だとか。変なの。

20081024宇都宮 夕ご飯は近くの定食屋で餃子ダブル定食。やっぱ宇都宮に来たからにゃあね。期待するほどじゃないよ、と戒められていましたが、店が当たりだったのか、焼き加減抜群でおいしかったです。ごちそうさまです。明日は実業団トップレベルより少し下がったぐらいのレース。いままでよりもどうにかせにゃね。

| 日記 | 19:28 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

意外と遠い

175km
 浅川→町田街道→相模川→小田厚→土山峠→宮ヶ瀬湖→道志みち→津久井→町田街道→浅川

 いつもの休日どおり、しっかり寝て(=寝坊して)、がっつり走って、お風呂につかって、今日の温泉のもとは箱根の桜の香りでした。んで、スーパーで1週間分の買い物して、ご飯食べてゆっくり。夕御飯は具だくさん味噌汁とぶりの塩焼きでした。魚がおいしいですね。

 そういえば小倉橋で前輪タイヤのサイドを切ってしまったので、橋本在住、チーム薙ぎ払えのキャプテンにタイヤを届けてもらいました。持つべきものは暇人のやさしい先輩ですね。

■土山峠(坂尻バス停~峠/2.13km)
1. 流し
2. プログレッシオーネHR140→170
3. TT 6'21/76rpm/Ave160-Max173HR
4. Interval (30secON-30secOFF)×8
5. Interval (60secON-60secOFF)×4
6. プログレッシオーネHR140→170
7. TT 6'40/72rpm/Ave157-Max168HR

 7って数字は嫌いですが、7本でした。体調いまいちでHRが170で止まってしまいました。5、6分じゃあ登れませんよー。

| 日記 | 23:13 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

へーたん

130km 埼玉広域農道往復

 ちょっと寝坊しましたが、埼玉まで行ってかっ飛ばしてきました。少し北風でしたが、全般に走りやすい感じ。埼玉は今時期が一番いいかもしれません。体は動きました。踏まないように踏まないようにLongにSpeedyにDistanceという感じです。折り返してからメニューを一発。上がりきらねー。
■ペース走 20min/Ave166HR

 町中を抜けたのに平均時速が31kmオーバーでした。さすが埼玉。多摩川じゃあこれはできませんね。明日は短めに強度を挙げる予定。そういえばジャパンカップの週末にかけて雨の予報です。マジ勘弁。

 たまたま見つけたのですが、We Love Road Raceというサイトに輪島の動画がアップされていました。土曜日のチームプレゼンテーションでちゃっかりうつってました。保存しとこうかな。なにもしゃべってませんが。レース映像ではスタートの時にちょろっと。レース中は不明。後ろの方で走っていたしうつってなさそうですね。

 追記。シーズンが2週間伸びたー。

| 日記 | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008実業団輪島

Race: 実業団輪島 88.6km(12.6km×7周+0.4km)
Results: 5周でDNF(タイムアウト)
使用機材:
 GIANT TCR ALLIANCE 0
 SRAM RIVAL
 A-Class ALX440SL
 SWANS CYNIUM (ミラーレンズ)
 Giro Atomos
 MAXXIS COURCHEVEL

 同室の迫田さんの起きる6時半に一緒に起床。体を起こすために散歩に行きました。輪島は昔ながらの町並みを残していて、(というか観光地として残していて、かな)町並みがすっきりしていました。適当に交差点を曲がって歩いていたら朝市の看板。目的地決定。500mほど歩いて商店街へ。

 本当は8時からだったらいが、すでに開店している店もちらほら。その横ではお店の骨組みを組み立てるおばちゃん、野菜を並べるばあちゃん、軽トラを器用に止めるおっさんなど。かえってこの時間の方がいろんなものを見れました。朝市のT字路あたりで呼び止められ、塩辛をすすめられたが、味見でおいしかったワサビノリを購入。450円。帰り道で輪島塗のスプーンも。

 宿で日本の朝ご飯を食べ、一息ついて出発。会場9時半着。秋晴れ。早めに支度して近くの道でアップ。短めの坂を2本とゆるめのアップダウン。空気がきれいでカーンとしてました。

 20分前に招集ラインへ。結構いいところに並べました。Jtourの呼び出し選手の後ろの2列目。監督によると、三船選手の実業団引退レースであり、始めてのコースということもあって、プロのチームは最初の一周はゆっくりということで合意しているとか。1周はのんびりできるということですね。もうけもうけ(と思っていたが)。

 11時過ぎ、予定よりも少し遅れてレース開始。といっても始めはパレードですが。パレードでも道が狭いのもあって密集度は高め。どうも苦手。体が緊張して硬いのが自分でもわかりましたが、どうにもなりません。パレードが終わってからは少し早いぐらいのパレードペースでレースは進行。うう、せまい。3列ほど下がってしまいました。

 始めの峠を越えて下りへ。一列棒状。レースは始まっていませんが、そこそこ速いようです。そのまま次の登りへ。パレードじゃねえのかよお。(後で知りましたが、アタックが始まっていたようです。)登りを集団中盤で登って行きましたが、中切れ。後ろの皆さんすんませーん。もう脚が辛いっす。集団の最後尾まで下がってしまいました。

 平坦をこなし、次の登りへ。一気にペースが上がり(といっても見えない位置でしたが)集団崩壊。バラバラバラ。調子の悪そうなスガ兄やコルナゴのTAXIをパスしてペースで上まで。そこそこ周りに人がいたのでローテーションを組んで、下り+平坦を走り、登りは各人頑張れ状態。

 できるだけペースを崩さず、完走目指して走りましたが、先頭の選手に勝てるわけもなく、5周でタイムアウトとなりました。不思議だったのが3周目の登り。ギアを軽めに落としたら脚が気持ちよく回りだし、いい感じにのぼって行けました。あくまで「主観的に」ですが。あんまり力を入れていないのに自転車だけが進んでいく感覚。周りの選手と平坦ではトントンでしたが、登りでは全然負ける気がしませんでした。和田反復のおかげでしょうか。後半になってもスピードを殺さず登れた気がします。まあ、集団についていけなかったので無駄といえば無駄ですが。

 もう反省するのも飽きてきましたね。反省だけなら猿でも。課題はわかっているのでコツコツやるしかありません。といってもそんな時間は残されていませんが。

 コムレイドはヤマネさんが完走。優勝はスキルシマノの土井選手。強い。一人だけレベルが違う感じです。そんな彼もヨーロッパに行ったらただの人、か。

 さっさと撤収し、夜の道を走ってTOKYOへ。2時頃帰宅。運転手の皆様ご苦労様でしたっ!

| レースレポート | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

望郷

 金曜日は全休にして今日は移動日。用賀に2時集合。ちょっと待て。午前?金曜日は21時まで仕事なのですが・・・。監督のナビによると10時間もかかるそうです。ホントかよ。輪島って遠いなー(←そうでもなかった)。結局眠れず(ってか寝たら多分起きれん)昔の通勤ロードを走って用賀まで。信号がいい感じで変わってくれたのもあってすんなり到着。

 車の中では必死にいい体勢を探しながら睡眠。疲れるなぁ。寝たり起きたりしながら山を越え、日本海へ。久しぶりの日本海です。実家の近くの海とつながっているんだなあ。太平洋とは違う海の色に望郷の念が少々わいてきたり。

20081018輪島試走2▲試走中。だら登りのてっぺんあたり。小さく写ってるのはヒラバヤシさん。

 下道を走って会場に到着。ってまだ10時じゃん!受付までまだ2時間もあるし。ナビのうそつきー。とりあえず試走。2.6kmきつい登りを登って、テクニカルに下って、だらだら下って、100mだらだら上って、道幅のあるほぼまっすぐの農道をシャーーって下って、平坦2kmで戻ってくる。まあ、初めの登りですね。レースのポイントは。

 とくに最後の広域農道の道は日本海を望み、車もおらず、とても気持ちいい道でした。たくさんの輪島のスタッフの皆さんが道路掃除をしていました。ありがたい事です。でも直線の下りは掃かなくても大丈夫だと思うけどなー。

 暇で暇で。トランプやったりして時間をつぶし、開会式では実業団ランキング7位のチームとして壇上に上がり、紹介されました。自分は5ポイントしか貢献してないけどね。

 輪島市内に移動。宿は川端旅館。飯が最高!刺身に焼き物においしいご飯に、最後は甘鯛の焼き魚。おいしかった~。食い過ぎ。ちょっと、いやかなり。建物も整っており、気持ちのいい宿でした。世界不思議発見をみてから就寝。

| 日記 | 19:19 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

MaxHR135

48km 多摩湖

 体がバッキバキ。おつかれー。ちょっと喉が痛いです。超回復には72時間必要だそうです。ってか上げようとしても上がりませんでした。

 多摩湖なのに「玉湖」神社がありました。「たまのうみ」と読むそうです。ふーん。

 白飯がうめーです。日本人なら米を食え、です。そういえば大学時代の先輩は御飯をオカズに御飯を食べていたなあ。

| 日記 | 21:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

サラサラ流れる髪金ロングヘア

219km 相模川→246→足柄峠→篭坂峠→山中湖→山伏峠→道志みち→野猿街道

 今日は水曜日の薙ぎ払え練。

 町田街道を抜け、相模川ではトラックペーサー。快調に飛ばしていましたが、トラックの前を走っていた原チャリが急停止したようで、トラックが急ブレーキ!思いっきりブレーキングしましたが、前輪がトラックに衝突。といっても物理学的には転びません(トラックもまだ動いている)。後輪が浮いて、右ブラケットと前輪をトラックに押し付けた状態で前輪のブレーキはかけ続け。はっきりいってどうやって立て直したかは忘れましたが、こけはしませんでした。あーびっくりした。

 まあ、冗談ですよ。そんな危ないことするわけないじゃあないですか。ねえ。

 街中を抜け、ごみごみした246を走って足柄峠(九十九折り)、篭坂峠(といっても麓から20km)。みごとぶっちぶちにヤマネさんに千切られました。もう力入りません。アームウォーマーでちょうどいいくらい。もう少ししたらレッグウォーマーですね。

 ハンガーノック気味になりながら道志みちを抜け、帰宅。疲れました。体重は減ったかな。

| 日記 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベスト必要。レッグウォーマーぎりぎりいらん。

125km 大垂水→和田

 すっきりとした空気の中、和田峠を昇り降りしてきました。TTしてわかったことは、飯田から一秒たりとも速くなっていないこと(飯田前のTTは吹き下ろしが激強だった)。ちなみに実業団に出ていないぐらいの方のタイムと(換算して)比べてみましたが、19分は凡庸なタイムなようです。なるほどね。
和田峠(裏)橋詰入口バス停~峠(5.10km)Rest:20min
■ TT BestTime
■ TT
■ HR160~ゲート~HR170

| 日記 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008実業団加東

Race: 実業団加東 93.6km(7.8km×12周)
Results: 8周でDNF(タイムアウト)
使用機材:
 GIANT TCR ALLIANCE 0
 SRAM RIVAL
 A-Class ALX440SL
 SWANS CYNIUM (ミラーレンズ)
 Giro Atomos
 MAXXIS COURCHEVEL

 夢を見ました。9周の山岳レース。集団からちぎれてしまったものの、7周走りました。ここまでくればどうにか完走はできそう。そこで一安心し(?)なぜか休憩テントに座り込んでしまいました。そしてウチヤマ監督が飛んできて、「シュン、なんで休んでんの?!」「え?なんででしょうね?あれ?なんでだ俺やすんでんだ?」おろおろ。結局DNFになってしまったようです。やな夢でした。ちなみにレースで勝ったのはラバネロの平塚選手でした。

 というわけで寝起き最悪。部屋の暑さも相まって疲れが取れるどころかたまってしまったようでした。朝飯を食べ、自転車を積み込んで播磨へ。渋滞に巻き込まれ、受付に間に合うかヤキモキしていましたが、受付時間が繰り下がっていました。なーんだ。

 BR-2のレースを見たり、昼ご飯を買いにいったり。時間があるとアップがしっかりできるのでいいですね。チームで走りつつ、2回ほどあげてみましたが、今ひとつ。心拍は上がるのに身体がしゃきっと動かない感じ。疲れは感じませんでしたが、今ひとつ。

 早めにスタート付近に待機し、招集コールと同時にスタートラインへ。しかし考える事はみんな同じ。結局集団の中程で号砲を待つことになりました。ヤマネさんにも突っ込まれましたが、緊張気味。

 コースは細かいアップダウンがずっと続くコース。だらだらと上がる緩い勾配区間はあるものの、集団であればアウターだけでこなせるぐらい。個人的には後半の4レースの中では比較的得意なコースであり、もっとも成績の期待できるコースだと感じていました。目標は完走。毎度情けないとは思いますが、これをしなきゃ始まりません。

 午後13時35分スタート。去年はペダルがうまくはまらず、一気に集団最後尾になってしまいましたが、今回はうまくスタート。一安心。集団のスピードもそこそこ程度に感じられました。

 しかし、だんだんとスピードアップ。落ち着いて集団内で待機。機会を見つけて番手を上げる様にしましたが、結局は同じぐらいの位置で推移。HRはちらっと見たら190。それほどきつくはないと思いましたが。

 そして1周目の最終カーブで落車発生!目の前というわけではありませんでしたが、上り返しで一列棒状になるようなところでスピードを殺されてしまいました。集団は2分裂。シマノの選手等も含まれており、前の集団がスピードを緩めるかなと思いましたが、レースをしている感じ。

 後方集団もスピードが乗らず、すぐそこに見えているのに追いつけない状態で2周。きつかったです。自分は集団中盤で待機。引いたらバックアタック確実だったので。できるだけ脚を止めたり、軽いギアを回したり工夫して脚の消耗を抑えるように走行しましたが、HR190。どうなってんだ?

 どうにかメイン集団に復帰。レースは、というと逃げが決まらず、安定していない感じ。結構一列棒状になることが多く、スピードも乗りっぱなし。といっても、それほど速い展開ではありません。しかし自分の体は動かず、ポジションをキープするのがいっぱいいっぱい。やばいやばい。やっぱり登りでも下りでも平坦でもHR190がずっと。

 こんなんが続けられるわけもなく、上りでだんだん下がるようになってきて、千切れました。8周したところでレース終了。

 完走できるとしたら、このレースだと思っていました。この3カ月はなんだったんだろう。もう、悲しくて、情けなくて、悔しくて。世界がぐちゃぐちゃになりました。

 コムレイドは自分以外完走し、サイトウはんが7位に入りました。レース全体で見た完走率も50%超え。ひとりで温泉につかって、後片付けをして、夜の高速道路を走り、ヒラカタさんに特許と車の雑学を聞いて、高井戸で降りて、夜4時に帰宅。お疲れ様でした。

 応援ありがとうございました。シーズンあと2週間、頑張ります。

| レースレポート | 19:40 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

播磨へ

 午前5時半に起床。睡眠時間は短いですが、移動が長いので車の中で寝てしまおう、というわけで計画的犯行です。多摩川経由で用賀まで自転車でさらさらと。いつも通りチームカーに乗っかってひたすら西へ。といっても自分は後ろの方で寝ていたのがほとんど。今日はコルナゴの2人も含めて総勢10人。男。

20081012播磨の駅2▲枕木のある駅。阪急電鉄。レンズが割れているおかげで少し下部曇っていますね。

 音楽を聴いたり、モリヤマさんの馬鹿話を聞いたりしつつ16時頃大阪着。今日の宿は素泊まりで7人部屋。加東には宿が少ないので大阪市内です。自転車は乗らず、商店街をブラブラして買い物したり、たこ焼きを買ったり。

 夜はいつもの作戦会議トランプで大富豪。結構運が向いていて、ずっと大富豪でした。そして最終回。負ければ朝飯ごっつぁんという状況。そしてなぜか8人という人数にも関わらず監督による「革命」。俺の手札はAが1枚と2が1枚!いわゆる「最弱」というやつで。しかし、ヒラバヤシさんの絶好のイレブンバックアシストのおかげでどうにか2着上がり!スリル満点でした。

 テレビでやっていたフラガールを鑑賞。主人公が途中で踊っている場面がめちゃくちゃ綺麗でした。でもって11時過ぎに寝た訳ですが、暑い。隣の部屋は寒かったそうですが、自分がいた真ん中の部屋は布団がいらないぐらい。しかも窓を開けようにも交通量の多い道路に面しており、うるさくて眠れない。2回ほど起きてしまいました。のどがカラカラ。なんとなく疲れました。

| 日記 | 23:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

付け焼き刃

86km 稲城→多摩川

 今日はチーム薙払えのヤマネキャプテンと多摩川で。ペダリングをチェックしていきなりサドル-5mm。えー5mmも変えるんすかー、と思いましたが以外とすんなり馴染んでしまいました。適正値だったからでしょうか?

 稲城周回の周りでハイケイデンスのインターバル。シャカシャカぐるぐる。ピリッとした刺激をいれました。ダンシングも重心の置き方など改造しました。体の使い方を変えると少し楽にチャリを進められるようです。まだ慣れないのでギッタンバッタンの力み過ぎですが、進み方はいい感じです。

 多摩川を流して帰宅。パスタを腹八分目。実家からの荷物を待ちつつ昼寝。あーこの瞬間が幸せ~。リンゴがたくさん届いてさらに幸せ!

| 日記 | 17:30 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

流しの

106km 八王子→相模川→246→412→津久井→野猿街道

 雨かー。脚だるいなー。

 今日はショッカーの秘密基地で人造人間に改造される予定でしたが、所長が風邪を引いたらしく、中止。サイクロン並みがいいなー。

 八王子から町田に抜けるゆるーいアップダウンで死にそうになりました。マジで疲れてます。我慢して脚をまわして相模川。雨だから車が少なくていいかなと思いましたが、トラックはいつもと変わらず走っているので駄目でした。雨は止み。

 時間制限があったので途中で246に乗り換え。津久井方面に適当に曲がったら412号でした。始めはこんな道あったのかと思いましたが、半原という地名で、既知の道路だったことがわかりました。なーんだ、って感じです。ちょっとがっかり。東京近辺の主要(=チャリで走りやすい)な道だったらほとんど走っちゃったのかなあ。

 アップダウンをこなして橋本まで。高いほうの小倉橋を抜けて、いつもとは違う道で市街地をかわしました。どっちが早いかは分からず。多分同じぐらいでしょう。野猿街道を走って帰宅。あー、疲れたぁ。

 レバーとゴーヤのニガニガ炒めと蒸し芋。芋の調理は蒸すのが楽ですね。明日は改めてショッカーの秘密基地にGOの予定です。

| 日記 | 22:33 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝っぱらから標高1,000m

125km 五日市→都民の森→神戸岩方面→五日市

「おい、わかってるんだろうなあ」
「はい、今日はママチャリ練習だけで実業団で着っちゃう人に教えてもらったTT練ですね」
「よし、じゃあ、行け!」
「えー?ここからですか?まだ朝で目が覚め・・・」
「午後から仕事なんだからさっさと走れ!」
「ひーん」

「先輩、全くHRが上がりません」
「気合いが足らん!」
「全力ですよ。疲れてんすよ。」
「レースで疲れたらやめるのか?ああ?」
「う・・・」
「ダンシングで上げりゃあいいだろうが」
「押忍、踊ります!」

「ういーふらふらー。やっと1本目終わったぁ」
「よくやった、といいたいところだが。何だこりゃ?!平均心拍85%もいってねえじゃねえか!」
「限界ですよー」
「限界はてめえが作ったんだろうが。なめんなよ。TTだぞ。」

「2本目スタートです!」
「おーし、しっかり上げてけ!」
「先輩、やっぱ上がりません!」
「ああ?」
「こんな疲れた状態でやってもどうかと思うのですが」
「おめえ、昨日夕ご飯の後に余計なもん食べたよな」
「・・・」
「上げろ」
「押忍、踊ります!」

「さっさと上げんかー!」
「ぬおおおお!」
「おし、やっと上がったじゃねえか。そのままキープだ」
「脚が痛い気がするのですが」
「気のせいだ」
「気のせいでした」
「バッカもーん!」

てな感じで都民の森まで行きました。気温はかなり低めでしたが、汗びっしょりでした。流して帰宅して、豚肉炒飯をごちそうさま。
■20minTT×2 @桧原街道

| 日記 | 21:43 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いわきその後

140km レース会場(21世紀森林公園)→国道6号→剣道10号→県道71号勿来(なこそ)浅川線→旧道?
       →349号往復→折り返してレース会場へ

 時間もあるので練習に行きました。(怒られるかもしれませんが)敗復落ちも予想して、朝に道は調べておきました。なんとなく71号という道が目にとまったので、これを目指して。

 6号線バイパスで北風に乗って南下し、そこから川沿いに西へ。アップダウン→登り→登り基調アップダウン→下って→登りで15kmほどの高低差650m。携帯の電波が一気に圏外になってしまいました。勿来って変わったた名前ですね。

20081007いわき練習2▲71号線。練習には最高!

 旧道っぽい道を見つけてルート変更。71号に戻ってくるだろうと思っていましたが、後で調べたら全然そんなことはありませんでした。村道みたいな国道を走って、周りは黄金色の田んぼばかり。少し前まではよくこんな山奥に田んぼを作ったなあと感心していましたが、平地の方が田をつくるのは難しいのだそうです。

 曲がる場所だけ記憶して適当に走りましたが、やはり知らない道を走るのは不安が付きまといます。71号線に戻った時はほっとしました。天気も下り基調だったし。相変わらず車のほとんど走っていない道をかっとばして下り、少し蒸し暑さの残る下界へ。帰りの6号バイパスはMedioペースで。

 会場に着くと、ちょうどBR-1のレースがスタートするところでした。ストレッチしながら遠目で観戦。サイトウはんは切れてしまいましたが、ママチャリでしか練習していなかったコムロさんが7位!信じられん。強いなあ。

 雨の降り出した天気の下、埼玉を経由して帰宅。監督いつもお疲れ様です。

| 日記 | 23:46 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実業団いわきクリテリウム2日目(敗者復活)

Race: 実業団いわきクリテリウム予選(10周/15km)
Results: 20位ぐらい
使用機材:
 GIANT TCR ALLIANCE 0
 SRAM RIVAL
 A-Class ALX440SL
 SWANS CYNIUM (ミラーレンズ)
 Giro Atomos
 MAXXIS COURCHEVEL

 レース3時間前の5時半に起床。調べものをしたりして、出発前にホテルのご飯を軽く食べて、敗者復活に回ったサイトウはんとCOLNAGOのTAXIと自走で会場へ。チームカーが来るのは10時半だとさ。

 気温は低いですが、体はしっかり起きている感じ。会場の周りで脚をまわし、早めにスタートへ。本当はアウトサイド側の木の横を取りたかったのですが、埋まっていたのでインサイド側の看板横をキープ。ここだと看板で体を支え、ペダルをつけたままスタートできるのだ。それにしてもマトリックスは5人もいるし、愛三も2人いるし。結構メンツが厚めです。

 8時35分スタート。

 すぐさまダッシュ。8番手ほどでスタジアム裏へなだれ込む。予選の反省を生かして少しアウトサイド側のラインで走行。立ち上がりはきついが、まだ行ける。

 しかし、3つある直角カーブの最後でどうしても遅れてしまいます。後ろの人ごめんなさい。だんだんと番手が落ちていきます。脚も反応が悪い。

 途中で気がついたのですた。敗者復活ということでレベルが少し低めなせいか、直角カーブ3連続の前2つは全く踏まなくても付いていけることに気が付きました。というか踏んでもどのみち詰まるので無駄ということ。ただし一時的に前との間隔が空いてしまいますので、後ろにいたボンシャンスが(焦ったのか?)割って入ってきたりして半分ほどうまくいきませんでしたが。

 そんな風にごまかして走っていましたが、5周目ぐらいで引きちぎれてしまいました。そこからは周りの選手とローテーションしながらまとまって走り、5人の小集団でスプリントして(決勝進出の可能性にかけて)最後はバイクを投げて集団2位か3位。

 せめて先頭集団には残れというヤマネさんのお達しは達成できませんでした。ふう。

 結果はゼロですが、いろいろ考えるいい機会になりました。という反省しかできませんわ。

 応援ありがとうございました。

| レースレポート | 22:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

実業団いわきクリテリウム1日目(予選)

Race: 実業団いわきクリテリウム予選(15周/21.45km)
Results: DNF(6周でタイムアウト)
使用機材:
 GIANT TCR ALLIANCE 0
 SRAM RIVAL
 A-Class ALX440SL
 SWANS CYNIUM (ミラーレンズ)
 Giro Atomos
 MAXXIS COURCHEVEL

 書く必要があるほどレースができませんでしたが。

 4時半起床。布団の中で睡魔と激闘しましたが、なんとかマットから引きずり下ろしました。府中で拾ってもらってCOLNAGOのモリヤマはんとタクシーも一緒にチームカーで福島県へ。コムレイドからはコムロさん、サイトウはんが参加。車の中では選手はぐっすり。監督運転お疲れ様です。

 11時前に会場に到着。BR-2の予選がなくなったため、すべてのレースが30分後ろにずれてしまいました。おかげで暇。いわきは寒いと聞いていましたが、日差しも強くて半袖でちょうどいいぐらい。ボケーっとすごしました。スタート予定の1時間40分前からストレッチ、ウォームアップ。田舎道を一本走ってきました。足の疲れはないけど、好調というほどではないぐらい。

 コースは高低差が5mほどの公園内の園路。直角カーブが約3箇所。そのほかにカーブのきつい箇所が1つ。ダッシュ力が必要そう。

 予選の2組目。スタートラインにある木か何かにつかまってスタートしようと思っていましたが、スガ兄に取られてしまい、2列目からのスタート。スタートダッシュが大事、と聞いていたので、ちょっと下がって号砲5秒前にペダルをはめて、スタート。緊張しているのかな、心拍が高い。

 パン!

 ダッシュ!10番手ほどでスタート。そのままいけるかと思いましたが、右サイドからどんどん選手がかぶさってきます。躊躇したわけではありませんが、少し番手を落し気味で競技場のゆるい左カーブを抜け、少し上り。ここで集団のスピードが落ちたので、番手を上げようと思いましたが、カーブの内側のラインにいたため、詰ってしまいました。上がらねば。

 少し下って右直角カーブ。しかし芝生に押し出されてしまいました。さらに後退。ここからは道も細く、一列棒状。先頭が、遠い。

 脚を使わないようにブレーキングで調整してスムーズに直角カーブを2つクリアーしたつもりでしたが、立ち上がりがきついのに変わりはありませんでした。3つの直角カーブを抜けると、集団(の後ろ)ばらばら。2周目が終わるころには先頭の集団はカーブの向こう。

 あとは、6周目ぐらいに下ろされるまで頑張って走っただけです。ただ、それだけ。

 会場の中で脚を回し、自走でホテルまで。温泉がある!とおもいましたが、ビジネスホテルの温泉では高が知れていました。せまっ。「温泉のお湯を使った少し広めのお風呂」という感じ。湯加減とシャワーの出はバッチグーでした。風呂上りにストレッチして、爪を切って、暇つぶしにホテルのPCでブログをうっているところ。これから夕ご飯。

 体が動かなかったわけではなく、これが自分の今の実力だと感じました。テクニック、脚など全て含めて、という意味で。少しがっくりきちゃいましたねぇ。今の自分に才能が無いのは百も承知ですが。

でも。
何が悪いんだろう?
何を変えたらいいんだろう?
誰でもいい。
知っていたら。
教えてくれ。
教えてくれるなら、魂だってくれてやる。

 というのは言いすぎですが。

 明日は噂のおはようクリテです。

| レースレポート | 14:45 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

層雲広し

62km 多摩川

 少し早寝したら少し早起きできました。明日はいわきですが、多摩川で風に乗ってザクザク走ってきました。脚がグルグル。朝飯前だったのでお腹がグーグー。

 野菜と豚肉を蒸してソースでごちそうさま。明日はどうなりますかねえ。

| 日記 | 21:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋晴れ

113km 大垂水

 マッサージのおかげか、気温が高いおかげか、昨日よりはマシな動きっぷり。それにしても走るのが気持ちいいです。気温も低からず高からず、乾いた空気がサラリと流れていきます。一気に「秋」が押し寄せてきたように感じられますね。季節感の強い日本に万歳!

 今日はメニューを設定して峠を6本。メニュー中は良かった(?)のですが、最後の流しで登った1本がとても長く感じられました。
■大垂水(表) Medio/Ave163HR/6'22
■大垂水(裏) プログレッシオーネ HR140→175
■大垂水(裏) プログレッシオーネ HR140→175
■大垂水(裏) Interval (30secON-30secOFF)×11set
■大垂水(裏) Interval (30secON-30secOFF)×11set
■大垂水(裏) 12'22 流し

 というわけで野菜炒めがうめーです。明日はちょびっと走ります。

| 日記 | 22:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おもおも

126km 大垂水→道志みち→藤野山岳→大垂水

 なんだか飯田が終わってから気が抜けている感じがします。7時に出る予定だったのに30分遅れ。天気は曇りで路面がぬれているぐらい。湿気が高くて空気が重い感じがしました。

 人の少ない多摩川と浅川をたどって大垂水。今日は高尾山口駅から踏んでいきました。がHRが全然上がりません。きっつー。集中してマジでぎりぎりの表6分。

 千木良でヘアピンカーブして道志みちへ。今日はここでメニュー設定。体が動かんくて辛い…。メニューをやりながらだと青根までが滅茶苦茶短く感じました。
■(3minON-1minOFF)×6set

 メニューが終わったとたんに脚が止まってしまいました。疲れてんのかなぁ。メカの調整をしつつおーかを越えー、谷を越えー♪大垂水だけはダンシングで強引に上げて終了。股ズレがいてーです。 蕎麦を茹でて、買い出しして、本厚木で体を看てもらって。部屋の片付けでもしまょうかねぇ。

| 日記 | 20:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年09月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年11月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。