Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ミストラルの匂い

130km 埼玉広域農道往復

 雨です。が、フェンダーとレインジャケットがあれば問題ありません。荒川の北の方は降ってなかったし。スピードを意識してザクザク走ってきました。

20080930桜堤公園3▲桜堤公園。写真ではわかりずらいですが、赤い花と、黄色い落ち葉と、黒い桜の樹皮がきれいでした。

 荒川サイクリングロードで軍用犬みたいな種類の犬に500mに渡って追っかけられました。マジで怖かった。広域農道まで行ってペースで2本。帰り道は荒川の車止めを使ってダッシュを数本。久しぶりに平坦でずうっと走っていたおかげで脚がいつもと違う感じですわ。

■ペース走 23min/Ave163HR 22min/Ave160HR

 ストレッチして、昼寝して、ご飯食べて、銭稼ぎ。
スポンサーサイト

| 日記 | 21:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

秋鮫

 今日はゆっくり仕事。パソコン疲れました。飯田のコースよりはマシですが。

 日本人は異常だと思いますが、誰かの隣に座ろうとしないんですよね。どうせ電車はすぐ来るから、見ず知らずの人のすぐ横に腰掛けなくてもいいや。

 しかしですね。駅に5人がけの椅子があって、誰も座っていなかったとしますよ。普通なら端に座りますよね?

 今日もそうでしたが、なぜか端から2つ目に座る人がいるんですよ。こうすると端の席と3つ目の席は「座りたくない席」になってしまいます。この状態で4つ目、もしくは5つ目(つまり反対側の端)の席に誰かが座ると、「座れる席」はなくなってしまいます。つまり席は5つあるのに、1人目が座った時点で「座れる席」は2つに限定されることになります。

 逆に1人目が端の席、もしくはど真ん中の席に座れば「座れる席」の合計は3つになります。ちょっと考えれば端から2つ目に座ることによって発生する社会的(?)デメリットが分かろうもの。というより2つ目に座るメリットってなんなのでしょうか?端の席はみんな座ってて汚い、とか?

わけがわかりません。

| 日記 | 21:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008実業団飯田

Race:2008実業団飯田 飯田市天竜峡周回コース115km(11.5km×10週)
Results:5周半でタイムアウト 1:59'30/61.28km/73rpm/30.7km/h/Ave180HR
使用機材:
 GIANT TCR ALLIANCE 0
 SRAM RIVAL
 SWANS CYNIUM・ミラーレンズ
 Giro Atomos
 A-CLASS 440SL
 MAXXIS COURCHEVEL

 6時半に起床。久しぶりにテレビを見ながら朝ごはん。辞任してしまった国土交通大臣の芯の強さに惚れました。男に二言はねえ、みたいな。

 寒いので買ってきたコーヒーを鍋で温めて飲んだりしながら時間を過ごし、8時半過ぎに宿を出発。といってもレース会場は目の前。サインして、アップオイル塗って、宿に忘れ物取りに行って、少し脚を回してスタート時間。経験から15分前に行けばかなり前の方に並べると思っていましたが、すでに選手いっぱいでした。失敗したぁ。後ろの右端。

 ヒラカタさんに荷物を預け、ボトルも一本にしました。寒かったし、序盤のペースの速い時間帯を切り抜けるのが第一段階だと感じたので。防寒対策のため、アームウォーマーとキャップ付き。ニーウォーマーがあってもいいぐらいでした。

 午前9時半に深呼吸を2回してからスタート。去年の経験を生かして、ポジションを上げるべくしょっぱなから全開。しかし、集団が詰まって、抜けるところがなく、結局後ろの方で平坦区間が終わってしまいました。後日譚になりますが、ヤマネさんは集団の右に空いていたスペースを使って先頭まで行ったそうです。走り方のうまい下手がここで出てしまいました。とにかく自分は集団の真ん中より少し後ろのポジションで登り区間へ。

20080928飯田1
Photo by H.Hirakata

 前ではアタックがかかったようで、一人選手がちらりと飛んでいくのが見えました。集団は落ち着き気味に見えました。しかし。速い…。いや、速いわけではないのかもしれませんが、自分の脚がそれに付いていかない感じ。疲労感はなく、心拍は上がりまくりですが、脚が重い感じ。自分が思っていたスピード域よりも一段階上でレースが進んでいる感じ、と言った方がいいでしょうか。

 とにかくツライ。ツライのは当たり前。我慢、我慢と言い聞かせて集中。リンゴ坂もクリアーし、少し下って、アップダウン区間。去年はここで切れてしまいましたが、今年もここで遅れ気味。しかし、んなんでたまるか!ってことで踏ん張りました。少しバラけ気味ですが集団後方でクリアーして下り。

 しかし。やはりレースは前にいないと駄目ですね。下り区間で中切れに巻き込まれてしまいました。スピードも出ており、カーブも連続するため、なかなかパスしていくということが難しいコースですし。平坦区間に戻ってきて、小集団でローテーションしてメイン集団に何とか復帰するも、すでに脚やば目。

 すぐに2回目の登り区間開始しましたが、明らかに前とスピードが違う。体が動かない。チームメイトのモロタさんを含む数名の選手とともに千切れてしまいました。ここからは我慢。メイン集団に追いつけるとは思いませんが、ベストを尽くすのが次につながると思います。いわゆるグルペットで脚が動く選手が中心にローテーションしながらほぼ一定ペースで。自分は始めの頃はまあまあローテーションにも加われていましたが、徐々にそれも辛くなり、4周目からは集団の後ろでひらひらし始めました。

 それにしてもこのグルペット、下りがめちゃくちゃ遅い。一部の人が遅くて、集団のペースがそこで止まってしまっていたのかもしれません。自分は440とクールシュベルのおかげで不安なくスムーズに走ることができました。3周目の登りで少し遅れかけましたが、下り区間でサラリと追いつけましたし、4周目からは積極的に選手をパスをして前の方で下り区間をクリアできました。それよりも驚いたのがモロタさんの下りの速さ。タイヤを限界まで使って自転車を倒しきり、滑らかに「落ちていく」のは驚きました。グルペットの集団の中で一人だけ異次元の下りでした。レース中にもかかわらず見とれてしまうぐらい。ああいうのはリミッターを外さないとできませんね。

 しかし、BR-2に追いつかれたころから脚がつらくなってきました。自覚はありませんが、テンションが変わった感じがしました。なんとかついていきましたが、次の周に盛大に千切れてしまいました。周りの選手を目標物にひたすら登りました。が、登りきった辺りでタイムアウトの宣告。

 去年も通ったDNFルート。またか。試合終了した直後から気管支が焼けつくように痛くなりましたが、なんだったのでしょう?10分ぐらいで治りましたが、空気が冷たかったからでしょうか?そんな感じでゴールスタート地点に戻り、ストレッチしたり練習食食べたり。レースの方はシマノの土井選手が3連覇。強い。コムレイドはサイトウはんとヤマネさんが洛車したのもあって全滅。

 温泉に軽くつかり、牛丼を食べ、19kmの渋滞でトランプをして、府中で下してもらって帰宅。

 毎度反省コーナー。

 スピードが足りませぬ。監督からも言われましたが、「スピードを意識して走る」という練習ができていませんでした。なんとくなく走って峠まで行って、峠を「ゆっくりつらく」登って、なんとなく走って帰宅して満足していたのかもしれません。飯田2週間前にインターバルを入れる予定の期間に腰を壊してしまったので、そのような練習ができなかったのも影響していると思います。

 走り方の面では、下手なら下手なりに前でスタートすることが必要ですね。それから落車の危険を恐れることも必要ですが、自分の状況を改善する積極性も必要だと感じました。耳タコですが、前にいないと始まらない、ということですね。

 良い材料としては、去年より「まし」ということです。2ヶ月半でここまで戻ったのは良いのかなと思います。いや、「最悪」でないだけかな?5周半走れても、3周走れても、結果はDNFの3文字に変わりはありませんからねぇ…。

 ちなみに腰の筋肉は疲れましたが、痛みはありません。シーズンあと6週間はしっかり練習できそうです。

 頑張ろう。一生懸命頑張ろう。

 応援ありがとうございました。

| レースレポート | 23:01 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

飯田で飯だ。

14km 飯田試走

 5時半起床。ちょっと早すぎました。ご飯を作ったり、荷物の最終確認をしながら時間をつぶし、7時半過ぎに出発。8時半に調布でエアロ化したチームカーに拾ってもらい、飯田へ。

 ゆっくりしながら14時頃飯田着。やはり寒いです。最高気温が20度ほどだそうで。空気がきれいです。チームジャージに着替え、みんなでコースを試走。やっぱり長い。リンゴ坂は短いですが、そこに至るまでの坂が、勾配は緩いですが、結構。そこからのアップダウンも一息では登れないぐらい。きついコースです。下りもスピードが出るし、Rがきつい個所も多数。平坦は少ししかなく、うまく前の方で動かないと駄目だな、という印象でした。

 去年は、といえば、BR-1初レース。そんでもってまったくもってスピードについていけず、ほぼ一番切れ。千切れ集団にもとどまることができず、3周程度でDNFだったはず。

 今日の宿泊所は公共の合宿所。温泉も出るし、布団もきれいだし、管理人の人たちは我がまま聞いてくれるし。それに安い!来年もここだなー。ピノキオという小さなレストランでスパゲッティと野菜。宿でヤマネバリカンで髪を短くして、就寝。

| 日記 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ゆっくりと、秋

54km 多摩川→稲城周回→多摩川→玉川上水

 今日はゆっくりと走ってきました。それにしても風が強いです。あやうく絶好調と勘違いしてしまうところでした。多摩川を青田橋まで行ってUターン。

 途中で稲城周回に入って、4箇所でもがいておきました。疲れている気もするけど、まあまあ体は動きます。平坦スプリントがしっかり伸びてくれたのでいい気分。

 遠足のジャージ中学生軍団でいっぱいの多摩川を遡上。混雑したサイクリングロードを折り返す気がなかったので、立川を抜けて、玉川上水で帰宅。豆腐炒飯ごちそうさま。疲れたので1時間ほど昼寝。食う寝るの完璧サイクル実施中。あー自転車の整備しな。

 ラジオで大相撲の中継を聞きながら駆動系を洗浄。大相撲のアナウンサーってすごいですね。専門用語がサクサク出てくるし、決まり手も間違うことないし(あたりまえ?)。一朝一夕にはなれない職業なんでしょうねえ。でも立ち会った後は早口すぎて試合進行はよくわかりませんでした。ラジオも安物だしね。

 2時間ほどで整備終了。ピカピカのテカテカです。これで走らなければライダーの脚のせいでしょう。和風スパゲッティを食べて、荷物の整理をして一日終了。

 明日は長野県飯田に移動して、日曜日にレースです。丸岡は(体の関係から)半分調整レースでしたので、記念すべき2008年の実業団(私的)開幕レースになりますね。2ヶ月半、先週のブランクは予定外でしたが、しっかり練習できたと思います。さあ、どこまで通用するでしょうか?全力で走ってきます!

| 日記 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベスト!

171km →大垂水→和田→522→甲武→風張峠→五日市→多摩湖

 起きたら脚がパッツンパッツンとまでいかないものの、パッツンぐらいでした。今日は仕事がないので布団の中でごろごろ。あー練習したくないなー。と一瞬思いましたが、もちろん行きました。朝ごはんは牛乳でご飯を煮込むという稚内で知った料理。牛乳が新鮮でないとだめなのかもしれませんが、ボリュームはたっぷりでした。

 多摩川、浅川と走っていくも、お腹が重い。しかも風が強いです。西風、ということは秋の風でしょうか。昨日は秋分でしたしね。脚が動かないまま、大垂水にアプローチ。下は向かい風が強くてまいりました。表は回転重視で。疲れているせいでHRは上がりきりませんでしたが、まあまあ。
■大垂水(下) 7'28/3.16km/87rpm/Ave147HR
■大垂水(表) 6'00/2.13km/86rpm/Ave165-Max178HR

 スドウさんには和田なんて練習にならんべえ、と言われてしまいましたが、今までせっかく登りまくったのでレース前にTTをしに行ってきました。橋詰のバス停でサングラスを外し、手袋を脱いで、一息ついてスタート。

 えーーー吹き下ろしかよーーー。こんな時に限ってーーーー!

 思いっきり吹き下ろされました。スピード乗らねえ乗らねえ。集落に入ってましになりましたが、脚が重い…。こりゃあ20'30ぐらいで及第点かな、という感じ。そこからはひたすら集中。タイムがどうとかよりも目の前にある道を走り続けました。スピードが出ていないのはわかっていますが、脚を回す!ただそれだけ。一心不乱、ですね。

 フェンスがある最後の坂(路面が悪い+勾配がある)はギアを落として必死に回して。最後のカーブを曲がるまでタイムのことは忘れていました。頂上のゲートまでスプリント気味に。で、メーターのボタンを押したら、ベストタイムじゃん!なんでだー?
■和田(裏・橋詰バス停~峠)19'26/5.10km/68rpm/Ave171-Max182HR

20080924和田裏▲和田裏。TT後に撮影してみました。10秒セルフタイマー。

 ちなみにこの写真でも5%ぐらいあります。左に写っているカメラ(携帯電話)を置いているコンクリートの台が水平です。

 調子が良かった、ということはないので、きちんと集中して走れた、ということでしょう。丸岡の時点で21'30だったので、1'50ほど伸びたことになります。吹き下ろしなし、昨日ぐらいのコンディションなら19'20かな?走り方で伸びた分もあるかもしれませんが、確実に脚も出来上がってきていると評価できそうです。良かった良かった。

 ちょいと休憩して、522号のアップダウンへ。ここは流しペース。といっても勾配がきつい個所があるので強度は必然的に上がってしまいます。新しい道ができて少しだけ走りやすくなっていました。

 そして、甲武トンネル。しかし、「通行止め」の表示!朝出る前に調べてきたのに!と思ったら車が看板の横を抜けていく。どうゆうこっちゃ、ということでちょっと先にいた誘導員のおっちゃんに聞いたら、桧原村までいけるよ、とのこと。

20080924甲武工事中▲甲武のゲートで信号待ち中。

 ここから少し多摩地方のサイクリストのためのローカル話多めです。

 甲武の下のゲートからすぐ通行止めになっています。しかし一つ目のカーブから細い道(写真で車が向こうから降りてきている道)に入ることができ、この道が正規ルートの集落が切れるあたりに合流しています。ここからは頂上までいけます(頂上手前に少し交互通行あり)。

 細い道の路面は悪く、車が1台しか通れず、壁みたいなところもあります。交通整理信号の待ち時間は5分以上。いつもと違った道で面白かったです。強度はMedioのちょっと上。

 脚は疲れていましたが、レース前に追い込むのは今日が最後!風張峠まで行ってきました。それにしても、相変わらずなーがーいー。奥多摩周遊道路のゲートまでの30分間は80%HRぐらいで上げ下げ。そこからは85%HRで峠まで21分ちょい。1時間近く動いていたんですね。お腹がすきました。頂上は涼しかったですね。というか下りは寒かったです。秋ですねえ。

 帰り道に豆腐屋によって豆腐でも食べようか、と我ながらナイスな思いつきをしてしまいました。タンパク質摂取ですし。コンビニの添加物まみれを食べるより絶対いい!ということで檜原の交差点を直進しました。しかし、、、「まことに勝手ながら、本日はお休みにさせていただきます」の張り紙!ショックー・・・。不運です・・・。

 コンビニでまとまった食事をとり、五日市を抜けて、多摩川を抜ける途中でMTBのカズさんとすれ違い、立川を通って、モノレールって地震で落ちるんじゃないかと本気で心配しながら芋窪街道を抜けて、多摩湖をまわって帰宅。

 よし、疲れたので銭湯に行くぞ!とずっと考えながら走っていたわけですが、インターネットという便利なものを使って調べたら予感的中。近所の銭湯(といっても2軒。もう1軒あるけどお湯が熱すぎるので候補外)が全部休みじゃん!不運その2だ・・・。悔しいので安い温泉の素でユニットバス。ぬるめでゆっくりしました。風呂につかるという文化をもつ日本に生まれたことを本気で感謝する瞬間です。

 食料を買い出し、夜はスパゲッティ。シメジ、エンドウ、玉ねぎ、豚肉、(あー茄子忘れてた)、そしてハラペーニョ!今日は種まで入れてみました。したら、したら、めちゃ辛い!食べ始めは唐辛子の味しかしませんでした。でもこれがいいんだよなー。「おいしかった」です。たぶん。あまりスパイシーなものは糖分の吸収を阻害してしまう、という話もありますが。まああと3日あるので大丈夫でしょう。元気になれそうな夕食でした。

>アキヤマさん
 そんなにごっつかったですか?ボリュームが(無駄に?)ある?
 それよりも昨日の夜はアキヤマさんが秋山を走っていたということに気付き、ひとりで笑ってました。
 また一緒に走りましょうや。といっても今週から毎週末レースですが・・・。

| 日記 | 22:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

もがけもがくなもがけ

138km 大垂水→秋山→雛鶴峠→秋山→津久井→尾根幹

 そういえば今日秋分で祝日じゃん、ということでスドウさんと練習。多摩川浅川ラインはいまいちテンションあがらず。そのまま高尾山口駅前から発射。2日前と同じぐらいの強度でローテしながら、ガンガン上がっていきました。ゲートの時点でやっぱり85%HR。行っちゃえ行っちゃえ。最後の最後でちょん切れてしまいましたが、垂れはせず、てっぺんまで集中して登れました。
■大垂水(下) 6'05/3.16km/92rpm/Ave.165HR
■大垂水(表) 5'34/2.13km/82rpm/Ave,183HR

 藤野の山を抜け、秋山街道。テンションも上がってきて、ギアを掛け目にしつつ、スピードを殺さないようにアップダウンをひたすら。強度はMedioとSogliaの間。いわゆるレース強度ってやつですね。しかし、今日は不思議と垂れる気配がゼロでした。調子がいいのでしょうか?

 最後の雛鶴峠はゲートから踏みっぱなし。リミットラインで動いている感触。そして最後の直線400mで後ろに付いていたスドウさんが「もがけ!」とおっしゃられる。脚は限界で、下ハン持って強引にダンシングをしましたが、まったくスピード上がらず。むしろ落ちたなんて話も・・・。ただただがむしゃらに400mもがき続けました。まっしろ。

 帰り道はスドウさんのもがき方講座を受けつつ。意識すればまあまあなダンシングはできるようなので、意識が足らん、ということですね。勉強になりました。大感謝ですね。

| 日記 | 23:44 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コミュニケーション。コミニュケーション。いつも混ざる。

88km 大垂水表裏

 2日酔いはなし。ビールだけだったし。でも朝はだるかったですね。布団の中でゴロゴロしてから朝飯を軽く食べて出発。明るい曇り空。

 今日も無駄に好調。浅川でペダリングを意識しながら走っていたらもうすぐATみたいな強度でずうっと走ってしまいました。決して脚が回っているわけではないのですが。八王子に着くと雨が降り始めました。高尾山口の駅前で雨装備をととのえ、いざ大垂水!

 今日は麓から後先考えずにぶっ飛ばしました。表の入口のゲートの時点ですでに85%HR。やっべーと思いつつ、まあいいか、行っちゃえ行っちゃえ。腰も大丈夫だし。

 ここからが長かったですね。

 6分、しかれども6分。
 落としたいけど、落としたくない。
 落ちそうだけど、落としてたまるか。
 落ちる、落とさん!

 久しぶりにHR193なんて見ました。レース中みたい。久しぶりに精神リミッターの上をいった感じがあります。おかげで今(夜)は階段をおりるのが辛いです。

 路面がウェットということで、かなり慎重に下り、千木良のあたりで少し流してから裏っ側。85%HRぐらいでペース走しようと思っていましたが、上がってしまったのでそこからひたすらキープ。後半はSoglia域で6分。いい感じで追い込めました!
■大垂水(下) 7'03/3.16km/90rpm/Ave.166HR
■大垂水(表) 5'49/2.13km/80rpm/Ave.181-Max193HR
■大垂水(裏) 10'46/3.95km/84rpm/Ave.174HR

 大垂水の相模湖側では降っていませんでした。峠を越えた八王子側でパラパラ。それが家までずっと。今日は短いながらも追いこめたので良し!

| 日記 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2周

51km 稲城周回

 スカッと起きてしまいました。そのままのテンションで稲城周回へ。雨がパラパラで、レッグウォーマーまでつけていきましたが、結局いりませんでした。さすがトーキョー。もうすぐ10月なのに。

20080920稲城の秋▲稲城病院前。落ち葉の降り方がきれい。

 テンションは高め。気づいたらアウターで登ってたり。心拍も上がります。バカンス効果ですね。

 仕事して。休日出勤。毎日休日みたいなもんじゃないか、だって?

 夜は渋谷にお出かけ。大学時代のドンパと飲んできました。美味しい豚肉を食べてきました。ぎりぎりの終電で帰宅。あっぶねー。

| 日記 | 21:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

コサメ

44km 多摩川→稲城

 パラパラと降っていましたが、問題なく出撃。ちょっと涼しすぎるぐらいです。そろそろ朝連にはアームウォーマー必要かもしれません。

 ペースは脚任せ。ロスがないように意識をして踏んでいったらMedioまで上がってしまいました。疲れはとれましたね。ペースをキープして多摩川一往復。稲城周回に入って一周。

 やっぱりキレはありませんが、テンションの割に体はしっかり動いているようです。腰もあと少し。土日は雨の具合を見ながらの予定。飯田までに2日ぐらいは強度上げたいですが、間に合うかな?

| 日記 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

原始のリズム

 今日は仕事。腰はといえば、痛みはほぼない状態。それでも筋肉は痛んでいるらしいのですがね。明日は少し乗る予定です。ちなみに昨日のマッサージによる筋肉のダレ、というかもみ返しのようなものはありませんでした。そういう体質なのかな?今週は期せずしてバカンスモードになってしまいました。はたして吉とでるか、凶と出るか・・・。

 自分は好調な時は遠いところからダンダダン、ダンダダダダン、という低い太鼓の音が聞こえてきます。強度を上げている時なんかは特に。さらに絶好調になるとその音は聞こえなくなります。いや、多分空耳なんですが。

 今日仕事をしていて、なーんとなく太鼓の音が聞こえた気がしました。なんなんでしょう。不思議です。

| 日記 | 22:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

マッサージ

27km 多摩湖

 相変わらず静養中ですが、痛みはかなり引いてきました。なので、少しお出かけ。涼しい多摩湖のまわりをサイクリングしてきました。3日も休んだのでどんだけフレッシュかと思いましたが、キレがない感じで、脚が回りませんでした。

 午後はヤマネさんの紹介で厚木でマッサージ。効果は明日以降だと思いますが、それよりいろんな知識を得られたのが大きかったですね。整形外科の医者ってあんまり教えてくれない人が多いですし。むしろ病院のリハビリテーション科のスタッフの方が話が通じることも過去によくありました。しかも自転車をやっていた人だったので、話が通じてよかったです。でも厚木は遠いなー。行きは6回乗り換え。チャリで行った方が速いんじゃあなかろうか、なーんて感じてしまいます。

| 日記 | 19:38 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晴れ、晴れ。

 昨日の夜は寝るときに一瞬落車する夢を見かけて超焦って起きてしまった。あー、びっくりした。

 今日はお休み。マーマレードのお礼にケーキ作ったり、シュウマイ作ったり、図書館行ったり。

 いい天気なのに。一週間自転車に乗っていない気分です。自転車を降りてからまだ1日と少ししかたっていないはずのに。ふう。

| 日記 | 22:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

つまづき

88km 大垂水

 どうも体が硬い。痛いというわけではないが、硬い。

 ヒラバヤシさんとヤマネさんとスドウさんでチーム練ということで集まって練習。集合場所からローテーションを回して大垂水へアプローチ。はやいはやい。タイムを取り忘れましたが、おそらく5分20ぐらいかな。

 体もほぐれて硬さがとれたと思いましたが、やっぱり変。「やばい」感じがする。

 ヒラバヤシさんがいいタイミングで「腰の調子どう?」と聞いてくれました。

 帰ったら腰がバッキバキ。少し休みが必要なようです。

| 日記 | 19:46 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晴れ。

110km
 拝島→吉野街道→軍畑鼻血坂(表)→山王峠(表)→下畑の峠→山王峠(表)→小沢峠(裏)→
  →(ショートカット)→鼻血坂(裏)→吉野街道→拝島

 予想通り、疲れ目でした。まったく脚に力が入らず。峠とか坂とか名前ついてますが、全部丘です。名栗と成木で8の時に回りました。風が強かったです。秋の気配,ですかね。

 明日は休みー。誰がなんと言おうと休みー。

| 日記 | 19:13 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

イチゴパンツの女子高生は段差で転びそうになっても豆乳バナナ味を飲むか

199.56km 大垂水→道志みち→山伏峠→山中湖→富士吉田→都留→雛鶴→橋本→野猿街道

 今日はチームなぎ払えのキャプテン、ヤマネさんと練習。脚がやばそうだったのでコーヒー飲んで高尾山口で合流して出発。大垂水はペース。表6'05。

 道志みちの東端からスタート。道志みち苦手意識あるんですよーといったら、パワー系なら(山伏峠がはじまる道志村の)ヤマザキまで楽勝ぐらいでなきゃあ、とヤマネさん談。なるほど。というわけで、テンションも上がってきたのでアウターギア基本で頑張って走りました。追い風のおかげでかなりいいペースで走られました。30kmの登り基調のアップダウンってところですかね。

 山伏峠の下の方はアウターでぶっ飛ばし、そのままいけるか、と思いましたが途中の勾配区間でスローダウンしてしまいました。苦しんでこなして、ゆるくなったところからペースを戻して終わりまで。うー脚が、脚が。

20080910富士山と山根さん▲富士山とヤマネさん

 今日は天気が良かったです。標高が高かったおかげで気温もちょうどいいぐらい。ヤマネさんの機材トラブルなんかもありましたが、概ね順調。山中湖の西に抜けて下り基調で富士吉田、都留と経由して裏から雛鶴峠へ。

 予想通り吹き下ろしがきつかったですが、リニアの実験施設の下あたりからはもがき倒しました。秋山をするする下り、藤野の山ではキャプテンがダンシングでぐいぐい走りまくり、後ろでヒイヒイ。ピクニックランドが変な名前にかわってるのに文句をいって、補給食がなくなったので豆乳を買って飲んで、街中を抜けて帰宅。目標の200kmには440m足りませんでした。

 体をメンテしてから食料の買い出し。そして、カレー。肉屋の合挽と、八百屋の苦瓜と、実家の茄子と芋と玉ねぎと人参、そしてハラペーニョが2本入り!どんだけ激辛なのか?と期待しましたが、火を通しすぎたせいか、それほどではありませんでした。それから種の部分はとってしまったので、それで辛さが抑えられたのかもしれません。味は、といえば、もうチョイ火を抑えた方がよかったようですが、美味しかったです。というわけで、僕は今日も、幸せです。

 題名?今日の印象、ってところです。わかる人(某チームのキャプテンとか)はわかります。

<追記>
 輪島ロードの要綱が発表されました!んで、肝心のコースなんですが、なんじゃこりゃ!って感じです。ALPSLAB routeというサイトで「実業団 輪島」と検索すると詳細な高低図が出てきます。

 飯田よりきついんじゃあないんでしょうか。途中には変な激坂もあるし、下りは超テクニカルっぽいし。連盟の方ではBR-1の88kmのレースが2時間以内に終わる予定のようですが、無理でないか…?

 んまあ、とにかく楽しみです!がっつり練習します!

| 日記 | 21:00 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

災難デー

104km 玉川上水→拝島→五日市→鋸山林道→五日市

 いつもより少し早起きして出発。向かい風で全然脚が回らないです。今日は一日向かい風でした。

 今日は長い登りをこなしたかったので、気分を変えて鋸山林道へ。路面がめちゃくちゃ悪いですが、山の中を抜ける長い登りが取れます。でもすでに向かい風のせいで麓の時点でへろへろ。

 とりあえず登るか、ということで走り始めました。そしてトンネル。真っ暗。途中で左に50度ほどカーブしていて先が見えず、ほのかに先が見える程度。まあまっすぐ走れば問題なしでしょ、ということでそのまま入って行きましたが。

 暗いと遠近感がなくなるんですねー。路面にハンドルを取られ、フラリ。やべっ。と思った瞬間にズデンと尻もちをついてしまいました。いてて、こんなところでこけるとは。

 自転車を押して出口まで出たはいいものの、真っ暗な中にサングラスを落としたことに気がついて、再突入。携帯のライトを振って見つけました。危ない危ない。車が来なくて幸いでした。

 テンションは落ちてしまいましたが、再スタート。ってか調子悪すぎです。HRが155以上あがらないっ。死んでました。それでも何とか頂上へ。青梅側に下り、もう一つ登ることにしました。しかし、路面が悪い。わき水は路面を流れているわ、砂利は浮いているわ、アスファルトはえぐれめぐれ。んでもって排水溝の段差で、体重移動をミス。

 パンクー。やれやれ。

 青梅側もやっぱりテンションあがらず。とりあえず登っただけ、ってところです。五日市経由でずるずると帰宅。あんましスカッとした練習ができませんでした。厄日、ですかね?

| 日記 | 23:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夜風に乗って

30km 稲城

 今日は突然の出社。ずーっとイライラしながら仕事。早く帰ろうと思っていたら今日締切だからそれ終わるまで、

 やめやめ。

 嫌なことがあったら稲城の天国でもがけば間違いありません。太陽も傾いた17時に出発。ひじり坂を血の味がするまでぶっ飛ばし、下った平坦をアウタートップでスプリント。も一つもがいて、天国への登りへ。

 もうすでに頭パープリン。稲城病院前は吹き下ろしでスピードに乗れませんでしたが、死ぬまで踏みました。最後の登りはいつもなら下りの勢いを生かして登れるのですが、今日は車がたまっていてゼロ発進。喧嘩上等!ダンシングでてっぺんまでかち上げました。あーさっぱりした。

 帰って豚肉と茄子の炒め物でご飯を少し。実家のデブな茄子が甘くておいしいかったです。終わりよければすべてよし。明日も元気に頑張ります!

| 日記 | 21:09 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「暑い?」「ううん、全然」

127km
五日市街道→つるつる温泉→梅の木峠→軍畑鼻血坂(表)→小沢峠→山王峠(裏)→鼻血坂(裏)
 →吉野街道→多摩川→玉川上水

 昨日はそれほど飲んだつもりはなかったのですが。起きたら10時。うーん。まあ、天気もいいらしいし、ゆっくりするか。というわけでパンも仕込んで12時出発。走っている間は問題ないが、止まると汗が噴き出る蒸し暑さ。ノースリーブでちょうど良かった。

 と、このときは思っていました。

 街中を抜けてつるつる温泉へ。やっぱり昨日山を登りまくったおかげでフレッシュな感じはありませんでした。苦しんで梅の木峠をてっぺんまで。路面の悪い林道を下って青梅側へ。

 成木、名栗でいつもどおり周回を取るつもりでしたが、小沢峠を越えて山伏峠へ向かっている途中で雨がバラバラ。あれー?雨は夜からでないのですか?これはダメっぽい、というわけで折り返し。涼しくなってきたので帰り道でスプリント練習。脚がまわらんです。雨も強くなってきてちょっと少なめ。
■Sprint Menu
120rpm/30sec×8set
sprint250m×2set

 成木の方まで戻ってくるとほとんどドライコンディション。山王峠をノロノロ、鼻血坂の裏はシャキッと。メイントレーニング終了、というわけでコンビニで補給していたら、雨がふってきました。それだけならまだしも、空が真っ黒。あっという間に時間が1時間進んだかのように暗くなってしまいました。

 ちゃっちゃと帰るか、と思っていましたが、雷がバリバリドロドロ。いやー綺麗ですね。今日の雷は白い色でした。3本ぐらい真正面で見れました。ここら辺でノースリーブを大後悔。腹まわりは濡れなかったのでそれほど寒くはありませんでしたが。

 多摩川を走っていたら500m前方にあるマンションの避雷針に雷が!雷がゴロゴロいう前に電気の走るようなパリパリとした音も聞こえるぐらい。綺麗でしたが、さすがに目の前はビビります。

 ショートカットして帰宅。日没は18時きっかりだったようですが、雲のせいで17時に真っ暗でした。夕御飯は品数豊富に美味しく。ごちそうさま。久しぶりに角食がしっかり焼けました。寝坊しなけりゃ100点だったに。

| 日記 | 22:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

4+1-1.5?

166km 和田峠

 目覚ましがならなくて予定の40分後に起床。ざっと着替えて出撃。五日市街道と井の頭通りをぶっ飛ばしてチームカーが来る永福へ。ぎりぎり間に合いました、といっても遅刻王がまたやらかしたのではっきりいって余裕でしたが。

 鈴鹿で忘れた泥除けを回収して、全日本実業団組にジュースを差し入れてお見送り。そう、東西の実業団を完走していない(出走していない)ので全日本実業団には出れないのです。コースとしては自分向きだと思ったのですが(長いし)、残念。

 ヤマネさんには和田峠以外も行けよーと言われましたが、和田峠へ。今日は大垂水は通らずに表側から。和田裏が20分ぐらいなので短く感じました。感覚はよくはありませんでしたが、多分去年よりは登れているようです。ちなみに和田峠のHPによると、TT最高タイムは14分だそうで。調子よければ15分はいけます。
■和田峠(表) 15'56/3.35km/59rpm/Ave.170HR

 アップ完了。今日も橋詰入口バス停からグローブを脱いでスタート。今日の予定はペース、ペース、プログレッシオーネ、流し。んでもって1本目を登り始めたら、なんか調子がよくて、途中のゲートを超えてからの10%区間もいつもよりスピードが+2km/h。その後の緩い区間もシャキシャキ登れて、最後は追い込まなかったのにベストタイム!調子いいのか?これなら、20分切りもいけるか?

 そう思ってちょっとスピードを出すことを意識してペースで2本目。相変わらずグイグイ進んでいく。最後は軽めのギアでフェンスからの勾配区間を切り抜けて最後はダンシングでスプリント気味に。おし。思わずこぶしを握ってしまいました。20分を4秒切り。しっかり進化しているようです。

 じゃあ、次は途中からぶっ飛ばして、と考えて緩いペースで登り始めましたが、登り始めてすぐに空腹感が。補給の取り方間違ったー。ペースが鈍くなって、力が入らなくなってきて。それでもがんばって垂れないことだけに集中。ツラカッタ。4本目は完全に流し。それでも1か月前のタイムぐらい。いい傾向です。
■和田峠(裏) 橋詰入口バス停~頂上(5.10km/Ave7.8%)
 20'08/64rpm/Ave?HR
 19'56/66rpm/Ave166HR
 20'23/64rpm/Ave164HR-Max176HR
 21'34/62rpm/Ave.160HR

 下ってタンパク質を補給して、浅川と多摩川で帰宅。夜は新宿で、寮の先輩のカレー屋「草枕」の一周年記念コンパへ。カレーが辛目で札幌を思い出しました。四方山話をしつつ、お酒をちょびちょび飲んできました。

| 日記 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泥の中

 久しぶりに泥の中でもがいているような感覚。もちろん休みました。昨日は軽くなんですが、アクティブレストになりきれなかったのでしょうか。栄養の取り方が悪かったのか、生活リズムが悪かったのか、はたまたそういう体質なのか。んー謎。考えてもわからないので寝ます。

| 日記 | 21:12 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

朝壱

41km 玉川上水→多摩湖

 今日の寝起きは最悪でした。体がおもーい感じ。疲れてます。1時間ぐらい布団の中でゴロゴロしてから出発。あうーだめだー(←超弱気)。

 玉川上水をたどって玉川上水駅の東にあるストレートへ。スプリント練。ローラーでもよかったのですが、やっぱり外の方がいいな、ってことで。道が広くてもがいても安全だし。

 でもやっぱ。体が寝ている時にもがくとかなり死ねます。でも最後まで気合いで踏み倒しましたが。最後の方が力が伝わっている感じがしてスピードも出てたようです。
■Sprint
30sec(120rpm) 4set
150m(to 40km/h)→150m(Sitting sprint)→100m(Dancing sprint to max speed) 6set

 へろへろーってなって多摩湖のサイクリングロードを1周して終了。そうそう、サイクリングロードの路面の回収工事が完了してました!アスファルトの質はあまりよくないですが、ちょっと走るには手頃なので嬉しいですね。

 レバーを食べて鉄分とって、仕事仕事。今日は暑い部屋で汗だくになりながらキーボードたたいてました。明日は雨かなー。

| 日記 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

なぎ払え練

166km 大垂水→雛鶴→都留→道坂峠→道志みち→尾根幹

 今日はヤマネさんと高尾山口で待ち合わせて練習。わだよんで脚が死んでいるかと思いましたが、しっかり動いてくれました。大垂水は表をオールダンシングで。

 秋山を経由して雛鶴峠へ。2人とも今日は流す、といいつつ、登りは踏んでいた気がします。峠はヤマネさんに千切られてしまいましたが、下りで踏んで引きちぎりました、ってか腹減りで動けんかったとか。ここでちょっと休憩。山梨のセブンではファンタオレンジ500ccが100円!東京地区でもやってくれないかなあ。

 市内をかわして道志みち。途中で涼みつつ水をくんでから道坂峠へアプローチです。途中でちぎられてしまいましたが、ヤマネさんがペースを落としたところに合流。そこからヤマネさんがじわぁーっとペースを上げていくところに、自分は全力でついていくことにしました。のわー。ぎゃー!なにくそー!というわけでかなり追い込めました。ヤマネさんも後ろに自分がいたおかげで追いこめたとか。相乗効果ですね。

 道志みちをするすると下り、途中でヤマネさんと別れ、街中を通って帰宅。今日は暑かったです。32度。あまり疲れていないかな、と思っていましたが、ストレッチしていたら猛烈な睡魔に襲撃されてしまいました。明日はテクニカルに。

| 日記 | 22:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わだよん

125km 大垂水→和田峠

 今日は和田峠。今日も和田峠。

 大垂水は吹き下ろしも強かったし、メインメニューをしっかり走りたかったので抑えめで表6'30。藤野駅から少し入ったところでDydoのペプシを飲みつつ近くの家から出てきたおじさんとおしゃべりしてから、スタート。

 三本までは登ったことがありますが、今日は四本。ペース(HR160±)、プロブレッシオーネ(HR140 to 180)、プログレッシオーネ(HR150 to 180)、ペース(HR160-170)。課題は1本目よりも2本目を速く、2本目よりも3本目を速く走ること。気合いのノリもよく、いい感じで目標達成!タイムもだんだんと伸びてきているようです。いい汗かきました!

20080902浅川CR崩壊▲浅川。アスファルトが浮いとるー。

 多摩川は普通でしたが、浅川は結構泥が溜まっている場所がありました。一番ひどかったのが写真の場所。自然の力ってやつですね。地球を大切に。

 豚肉野菜炒めを食べて仕事へ。今日もお米がうまいです。

| 日記 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ちょっとだけよ

42km 多摩川

 「歴史的大雨」が降ったあとの多摩川を流してきました。

 が、普段通りでした。つまんねー、です。

| 日記 | 19:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年08月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年10月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。