Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

シマノ鈴鹿

Date:9/30,31
Location:鈴鹿サーキット
Race:シマノ鈴鹿ファイブステージ
Team member:金田、内山、待寺、大森、山川
Results:
  1stage 29.1km(フルコース)ロードレース 30位/41'58(top+0'00)
  2stage 2.2km(東コース)個人タイムトライアル 28位/3'07.80(top0'10.92)
  3stage 23.3km(フルコース)チームタイムトライアル 2位/33'18.13(top+1'42.42)
  4stage 11.2km(東コース)ロードレース 35位/15'23(top+0'22)
  5stage 40.8km(フルコース)ロードレース 37位/59'03(top+0'06)

  個人総合成績 8位/2'32'49(top+2'28)
  チーム総合成績 4位/6:31'47(top+3'24)

1stage 29.1km(フルコース)ロードレース
 レース前に2周ほどコースを試走。ホームストレートが長くてゆるい勾配、アップダウンが続いて、スピードの出るカーブを連続してホームストレートに戻ってきます。スピードは出ますが、ホームストレートは長いのでここがポイントになりそうという印象でした。

 出場チームとしては「JCF登録選手は1チーム2人まで」という制限のため、せいぜい自分までぐらいだと思っていましたが、なんとトライアスロンの日本代表級のチームが出場。アテネ五輪30位の山本良助さんもいるし(去年はチームメイトでした)。確かにJCF登録者ではないけど・・・。反則だー!

 7:45にシマノ鈴鹿1発目のレースとしてスタート。やはりトライアスロンチームが積極的に逃げを作っていきました。ほかのチームも散発的なアタックをするものの、大逃げにはなりません。やはりコースの作りが影響しているのでしょうか。

 2周目のホームストレートでトライアスリートが反対サイドからスピードを上げていくのを見て、自分もそれに合流すべくアタック。しかし、スピードが足らず、中途半端な位置に取り残されてしまい、結局集団に戻ってしまいました。

 逃げが数人飛び出ながらもほぼ集団で推移。あと2周というところで3人の逃げがいい感じでスピード良く飛び出して行きました。直観ですが、これは逃すと追いつけなくなる可能性が高い、と感じ、その周はホームストレートに戻るまで集団を引きました。コムレイドとしてはタイム差なしの状態でゴールして、TTで差をつけることもできますので。まあ、試合後にカネダさんから「あれはおそい」と言われてしまいました。まあ。そうなんですが。

 「おそい」引きで逃げとの差は詰まらず、広がらず。ホームストレートからは集団におまかせ。少し番手を下げてしまったので、スプリントには絡めませんでした。結果はタイム差なしの30位。


2stage 2.2km(東コース)個人タイムトライアル
 第1ステージ終了4時間後に個人のタイムトライアル。2.2kmの東コースはホームストレートを登り、折り返してカーブの連続する下りを降りてホームストレートに戻って400m登ってゴール。スタートのホームストレートの登りでいかにトップスピードで走るか、下り区間でスピードを落とさずに走れるかが課題。個人的にはショートのタイムトライアルは苦手意識があります。

 第1ステージも、でしたが雨脚が強くなったり弱くなったり。第2は比較的晴れていたでしょうか。ヤマネさんから借りたディスクホイール(前輪はA-classサンレモ)とDHバーを装着し、ヘルメットはGIROのエアロヘルメットで完全TTモード。ジャージはワンピではありませんでしたが。久しぶりのTTポジションを確かめるべく近場の地域的なバイパスで入念にアップ。

 12:20分スタート。時間の制約から5秒おきに選手がスタートするというめちゃくちゃなもの。5秒ではすぐに追いついてしまうと思いましたが、意外と距離がありました。アップのおかげでテンション高くスタート。ペダルが回りきるような調子の良さはありませんでしたが、ガツガツとホームストレートを登り、折り返し。

 ここまでは前との差はほとんど変わりませんでしたが、下り返しで踏んで下り区間に突っ込んでいくとどんどん差が詰まっていきました。やはりホイールのエアロ効果が効いているようです。レースは8割方DHバーでTTポジション。ノーブレーキでかっとばし、2人をパス。

 下りが終わり、残り400mの緩斜面。我慢我慢と言い聞かせつつスピードを殺さないようにペダリングに集中。1人をパスしてゴール。28位。装備としてはもう少し上を狙っていたのですが、やはりこういうスピードが足りないようです。


3stage 23.3km(フルコース)チームタイムトライアル
 第2ステージ終了の2時間後の14:40にチームタイムトライアル。大学の時の秋田TT以来です。作戦としては実業団選手であるカネダさんと自分が先頭をローテーションし、あとの選手が頑張ってついてくる、というもの。

 装備は個人TTのときと変わらず、ばっちりTT装備。天気はさらにひどい雨。タイヤの空気圧をかなり落とし目にセッティング。今回は軽めにアップし、スタートラインへ並びました。10秒間隔でスタート。

 スタート直後からどんどん抜いていく。まとまらずに広がり目に走っているチームがけっこうおり、「右ぃぃーーー!」とか「左いくよー!」などと叫びつつ抜いていきました。

 それにしても、やはりディスクホイールは偉大です。平坦と下りでは楽に走ることができ、バックストレートのカーブ連続区間ではスピードに乗ってこなせたように思います。ただし登りは別。カネダさんのスピードに少し遅れ気味。なんどかペースダウンをお願いしてしまいました。平坦部分でもっと引きたかったのですが、登りのことを考えて全開で走ることができませんでした。

 どんどん他のチームを抜かしていき、調子がいいな、と思っていましたが、現在のリーダージャージを要するトライアスリートチーム鉄人55号にはぶち抜かれてしまいました。やっぱりここにはかないませんでした。6人とも脚がそろっているし。

 あとは愛三、マトリックス、ブリヂストンに抜かされました。それ以外はリードをつけられていると感じていましたが、終わってみれば2位で3位とは10秒差でそこからは団子状態。思うように差を広げることができませんでした。

4stage 11.2km(東コース)ロードレース
 2日目になり、第4ステージは超ショートのマスド。ファイブステージならでは、といったところですね。タイム差はつけづらいのでステージ優勝狙い。天候は晴れ。少し暑いぐらい。

 アップを軽くして、前の方に並んだものの、スタート直後のスピードに脚が付いていかず、集団の後方に下がってしまいました。それでも次のホームストレートで挽回し、前の方で展開する。集団は落ち着かないものの、短くスピードがあるということで容易にアタックが決まりません。

 3周目に入り、ホームストレートから折り返して下り始めたところでアタック。ラインを外して行きましたが、リーダージャージ要するトライアスロンチームにマークされてしまい、断念。その後集団がゆっくりだったので、もう一度かけましたが、またもトライアスリートがぴったり。

 レース後に考えると、このトライアスリートと逃げるという方法もあったのですが、レース中には思いつきませんでした。コミュニケーションって大事ですね。

 脚を使ってしまったのでホームストレートではいったん省エネ走行。集団の最後尾まで下がっていきました。しかし、金田さんがアタックをきめ、メイン集団から5秒ほどのアドバンテージをとりつつ、逃げ始めてしまいました。

 もちろんチームメイトとしては集団前方に入り込み、集団のローテーションを邪魔すべきだったのですが、位置取りが悪すぎました。集団もスピードアップし、容易に番手を回復できず、まったく仕事をできませんでした。さらに最終周でのスピードアップで中切れが多発し、これに巻き込まれ、メイン集団から22秒をロスしてしまいました。

 金田さんはゴール直前で捕まってしまいました。集団おさえてろよ、と怒られました。ぐうの音も出ません。一番大きな失敗は位置取りでしょう。前の方にいれば、金田さんが捕まったとしてもスプリントに絡める可能性もあったのですから。反省です。

 ちなみにこのレースで監督がパンクし、自分のロスも響き、チーム成績が4位に落ちてしまいました。3位とは約1分差。


5stage 40.8km(フルコース)ロードレース
 チームとしてはステージ優勝も狙いたいところですが、チーム順位を2位にまで上げたいところ。作戦としては残り3周で金田さんと山川がアタックし、メイン集団と差をつけて2人分のタイムを稼いでチーム順位をあげる、というもの。

 12時にレースがスタート。リーダージャージの山本さんが積極的にうごいていました。集団は距離がそこそこある、ということでか、消極的。自分もアタックに備えて集団前方で待機の一文字。

 残り3周となり、ホームストレートを登りきったところで集団の左から金田さんが、右サイドから自分が同時にアタック。平坦路を踏んでいきましたが、後ろには長い列。メイン集団が付いてきてしまいました。失敗。

 のこり2周というところでチーム総合が上のチームがアタック。監督の「シュン、あれマーク!」という声に反応して追っかけましたが、サイドが反対側だったのもあり、追いつけず。結局そのアタックは決まりませんでしたが、やはりスピードの不足を感じました。

 最後のスプリントの局面で、内山監督に前に上がるよう指示されましたが、コーナーのインサイドを責められなかったせいで絡むことができませんでした。


■反省コーナー
 体はできていると思っていましたが、完全にスピードに対応できませんでした。また、第1レースの無駄引き、チームTTのペース配分、個人ショートTTのスピード不足、第4ステージの位置取り、第5ステージの動き、など反省すべき点がてんこ盛りです。脚としては(トライアスリートは除いて?)ステージ優勝や総合の表彰台などを狙えるところにあったはずですから、不足していたのは「走り方」だと思います。今回の結果を自分の中で整理し、今後に生かそうと思います。

 応援ありがとうございました。
スポンサーサイト

| レースレポート | 09:36 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

車中泊

 朝からお昼過ぎまで仕事をちょこっとして帰宅。チェック表をもとに荷物を詰め込み、自転車を輪行袋にいれて新宿へ。新宿に着いた途端に激しい雨が降り出しました。降り始めたと思ったら真上で雷!ビビりました。雨にぬれるのが嫌だったので地下道をたどって都庁を目指しました。

 が、長い…。すでに「新宿駅」じゃないです。まあ屋根があって積み下ろしができるのがここしかなかったのですが。途中で自転車組んでしまえばよかった。失敗しました。

 雨に濡れる都庁の下のスペースでチームカーに合流して積み込み、出発。21時過ぎ。明日レースがある、ということで運転をヤマネさんに、助手席ナビをスドウさんにまかせてすぐに寝てしまいました。お2人に感謝。不完全ながらも脚を伸ばして眠ることができたので、ぐっすりでした。

| 日記 | 22:53 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

てーぱーする?

25km 玉川上水

 起きたら視界が黄色でした。疲れてるのでしょうか。雨がザンザンだったのでボーっとしていたら小さくなってくれました。練習しろってことですね。

 しかしながら、ちょうどサドルに当たる個所にできものができてしまい、ちゃんとシッティングできない。経験からいうと、こういうときって無理すると変な姿勢のまま力を入れちゃって体痛めたりするんですよね。というわけで軽め。玉川上水駅の手前のストレートで平坦スプリントを4本。力のかけ方がどうもよくわからないなあ。

 明日は鈴鹿へ移動です。今日から準備中。土曜日の一日目は雨ですなー。でも今週はウェットコンディションで練習していたので他の人より一日の長があるかも?

| 日記 | 23:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

食え、走れ、寝れ

165km 大垂水→秋山→雛鶴峠→都留市→道坂峠(裏)→道志みち→津久井→野猿

 昨日は夜更かししました。が、元気をもらったので良し。ひとつ前の記事ですね。

 フリカケのノリタマの材料にあんこと抹茶が入っているのに驚いて、パンを仕込んでから出発。疲れているかと思いましたが、動けました。天気は晴れと曇りの間くらい。街中は暑かったです。先が長いのを見越して大垂水はプログレッシオーネで140→165HR。下7'18/142HRの表6'28/158HR。

 20号を少し流して橋を渡って山の中へ。秋山街道は追い風でスイスイで雛鶴のてっぺんまで。そこからぐわーって下って街中をちょろっと走ってまた山へ。の前に休憩。マウンテンデュー。デューってなんぞ?

 道坂峠はタイムがとりずらいです。だんだん勾配がきつくなって、民家がだんだん無くなって、気づいたらなんとなく峠道。なんか、こう、ここからいくぞーってのがあった方がやりやすいです。登るには違いありませんが。

 表っ側で下りをしっかり走って道志みち。「道ヲ志ス」なら「志道」の語順でしょうか?いい名前です。

 途中の湧水で一緒だった子供たちの乗った車の後ろで爆走して笑わせてあげたり、ミツビシにのったおばちゃんsに手を振られたりしながら向かい風をうけつつ相模まで。ちょっと裏道で市街地をかわして野猿街道で帰宅。大垂水の裏、工事してんもん。

 スーパー、肉屋、図書館にお出かけ。そして、

20080827実家より▲実家より。父上、母上に感謝です。

 パッと開けたらトマトがあって、思わず食べてしまいましたが、甘い!!!まるでフルーツです。うまいです。幸せ~。

 今オーブンに入っているパンがうまくいったら明日の朝はトマトのホットサンドに大決定ですね。

 ちなみにこの中にはハラペーニョが2本入っているそうです。へー北海道でハラペーニョってできるんだ・・・ってかそのまえに、実家がハラペーニョを作っているのが不思議。

 ちょっと調べたら生でも行けるとか、ピクルスにするとか、手袋して調理すべし、とか。とにかく激辛だそうです。この前の荷物に入っていたのもこれだったのか。どうしようかなー。カレーに入れようかな。ピクルスにしてみようかな。

| 日記 | 22:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

弱さと感謝と意志

 先日戸田に応援しに行った後輩の文章。応援しに行った甲斐が、ありました。


題:インカレ 投稿者:アキシノ(3)

 今日の昼頃に無事にフェリー組が茨戸に着きました。フェリー組本当にお疲れ様でした。

 今年のインカレで私は8位入賞することができました。順位をつけられたことはとても嬉しいのですが、いまだに実感がわいてこないのも事実です。

 私はレース前のいきごみをいう時に、順位のことを言い出すことができませんでした。自分に自信が無かったからです。冬練から言っていたのに、寸前になって怖じ気づきました。それをまりあさんに注意されて、本当に自分はだめだめだなって思いました。

 でも、準決勝の時、立命館の人とラストに競って、どっちが勝ったか分からなくて自分が艇計量に呼ばれなかった時、人が見てるとかそんなん関係なくて、すごい悔しくて順位まで手が届かなかったって思ったら、勝手に涙が出てきて止まらなくて、本当に本当に順位が欲しかったんだって自覚というか、自分自身で実感しました。

 今回、私の一日目の全体順位は10位で、入賞できたのは運の力も大きかったと思います。でも、チャンスを逃さす掴んだのは自分自身の力だと思っています。準決勝で少しでも諦めてたら自分は負けていたはずですから。
 でも、そうやって言えるようになったのは今までコーチをしてくれたまりあさんのおかげで、順位決定に残れたのも、メンタルを矯正してくれたのもまりあさんのおかげです。何回お礼を言っても足りないくらい、本当に感謝しています。
 そして、順位決定後にまりあさんと、自分自身で強くなるって約束しました。今まではまりあさんに甘えっぱなしでしたから、そうすることが一番の恩返しになると私は思っています。
 
 そして、来年は表彰台に、決勝戦で戦いたい。戦えるぐらい強い選手になりたい。

 次はきちんと言えるぐらい自信を持って、インカレに挑みたいです。

 最後に、レースで応援してくれたチームの人達、戸田まで来てくださったOBOGの方々、北大応援団の方々、本当にありがとうございました!ラスト苦しくてもスパートを上げられたのは、声援の助けがあったからです。
 しつこいかもしれませんが、本当にありがとうございました!!!

 私、ボートがめっちゃ大好きです!!
 もっと強くなります!!!!

| 雑記 | 00:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨の日にやりたくないことNo.1

87km 稲城大周回×6周

 今日も雨の中、近場でぶっ飛んできました。自宅から30分でアップダウンの周回コースがとれるってスバラシイ。坂6本、緩斜面6本。

 んでもって、4周目は流してペダリングを確認し、5と6の周をもがき切るつもりでテンションアップしました。稲城私立病院の坂もペースを維持し、ひじり坂をもがき、平坦で53-11をぶん回し(←ちょっと語弊あり)、よし、あと病院前の坂一本!という時に後輪からツンツンと音が。

 パンクかよ!

 2mm四方ほどのガラス片にやられました。雨が弱まっている時でよかったです。7周するつもりでしたが、体が冷えてしまったのでマイナ1周で終了。60kmほどアップダウンを走れたのでよし。ってことで。

 蝉は雨でも鳴くようです。命短し恋せよ乙女。っと。

| 日記 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わんもあ

127km 大垂水→和田峠→大垂水

 天気は、雨。小雨ではなく、雨。しかしバカンス(?)は昨日で終了。というわけでいつもどおり練習してきました。フェンダーとレインジャケットがあればパフォーマンスは変わらないし、気温もそれほど低くないので問題なーしです(でも最高気温が25度だったらしい)。

 つるつるの舗装でスカッとこけたり、15cmぐらいの冠水に突っ込んで足まわりがビショビショになったりしましたが、八王子に到着。今日は吹き下ろしがあってタイムは出ませんでしたが集中はできたので可。
■大垂水(下) 7'32/3.16km/91rpm/HR147
■大垂水(表) 6'28/2.13km/84rpm/Ave161-Max178HR

20080825和田裏雨▲和田峠(裏)
 8合目ぐらい。雲の中?

 やっぱり路面がぬれていてちょっと怖いですね。慎重に大垂水を下っていつもどーりに和田峠。一発目は途中から全開、2発目は回転重視で軽めギア。
■和田峠(裏)
   橋詰入口バス停~頂上(5.10km)
20'24/69rpm/Ave163-Max ? HR
21'26/67rpm/Ave165-Max178HR

 時間の都合で2発止まり。少し寒い。無理はしないってことで。1本減ったので大垂水経由。ってか和田の表を下りたくなかった、という本音もありますが。とにかく力が余ってたので麓からぶっ飛ばしました。大きなギアを回せた感覚があってスピード乗り乗り(たぶん)ベストタイム。
■大垂水(裏) 10'48/3.95km/82rpm/Ave166-Max183HR Personal Best Time

 行きでこけた箇所に落ちていたグリップエンドを(落した4時間後に)回収し、帰宅。やっぱり雨だとカロリー消費が激しいようで、今日は補給食が足りなくなりました。かーちゃん腹へった。

 午後はお仕事。明日は運が良ければ曇り。スズカの直前まで雨交じりの天気が続くようです。雨音を聞きながら眠るのは好きですが、あんまり寒いのはやだなあ。

| 日記 | 22:51 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一つ

ひとつ
雨の
音を
聞きつつ
寝る

| 日記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

処暑しょしょしょ

165km →志木街道→戸田ボート会場→大里比企広域農道往復→

 今日はスドウさんと練習。今にも泣き出しそうな灰色の空の下、五日市街道の小金井橋に集合。志木街道をペースでかっとばし、荒川まで。今日は午前中に後輩のレース(ボート部の)があったのでそれに付き合ってもらいました。

 女子シングルスカル、準決勝。1位になれば決勝、2位になれば4-8位順位決定。気づいたらレースが走り始めてしたのですが、1位の女の子は別格のスピード。漕ぎ方もきれいだったし、一人だけ一つ上のレベルでした。500nの時点で相当なリード。後輩は2位で3位とは1艇身と少し。まだまだ気が抜けない状態です。

 そのままの差を保って,1500まで走り続けていましたが、スパートに入って3位の選手がぐんぐん伸びてきた!後輩はスピードが上がりきらず、その差はぐんぐん埋まっていく。やばいやばい。1,900mで並ばれ、そのままゴール。どっちが勝ったの?

 10分後、場内アナウンス。競り勝った!いまHPで結果を確認したら0.1秒差でした。気合いだけでひっくりぐらいの差ですね。面白かったー。

 知り合いに挨拶し、スドウさんと荒川をローテーションを回しながら北上。やっぱり平坦のパワーが足りないことを実感しつつ。

 途中でスドウさんは折り返し。自分は北上して埼玉の農道へ。それにしても、北に行けばいくほど天気がウェット。小雨なので問題ありませんが、気づいたら靴と自転車が泥だらけに近くなっていました。まあ、ここまで濡れてしまえばこれ以上濡れても関係ないです。予定通りコカコーラ前からメニュー開始。Sogliaまで上げるつもりでしたが、ダ85%HRで止まってしまいました。何か足りないのでしょうか?スピードはまあまあだったとは思いますが。
■Medio 17'00/10.25km/89rpm/161HR/36.1km/h
■Medio 21'02/13.07km/88rpm/163HR/37.2km/h

 秋ヶ瀬公園のあたりは降っておらず、路面もドライでしたが、263で西に走っていくと雨でした。今日はついていませんでした。夜は親戚の所でゆっくり。グリコーゲンローディングしてしまいました。

| 日記 | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

涼しいとこで熱いこと

82km 戸田市ボート競技場往復

 うーん、涼しいですね。今日はボートのインカレが戸田市でやっているということで、行ってきました。大学時代はほとんどボート部ですので。

 263号をかっとばし、荒川を少し下って目的地着。やっぱり平日ということで少し静かな感じ。それでもレースをするほうと応援は一生懸命。

 今日は2レース見ることができましたが、いやー面白かったです。男子の無しペアという種目は北大(後輩ね)は1,000m過ぎまで1.5艇身差で3位。ちなみに2位にならないと明日の順位決定には進めません。

 しかし、1位を走っていた京大が落ちてきて、1,600mぐらいで横並び状態。はらはらどきどき。そこからは根性と気合です。経験から言うと。そして、見事まくりました!1艇身近くのリードをつけ、ゴール!ゴールし終わった後、船の上でクルーの二人が握手していたのが印象的でした。おめでとう!

 あとは女子のシングルスカル。北大は序盤にリードしたものの、差が思ったように開かずあやうい感じでしたが、最後まできっちり漕いで、準決勝進出。明日も頑張りーや。

 自転車は速くて強くて頭のいい人が勝ちますが、ボートは純粋に強い人が勝つスポーツだなあと思いました。んまあとにかく、いいもん見さしてもらいました。彼らの頑張りに負けないように頑張ります!

| 日記 | 12:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ベスト

123km 大垂水→和田

 昨日はぐっすりさんでした。その分今日は頑張り(過ぎ?)ました。

 体重が少し増えてしまいましたが、休んだおかげで脚はフレッシュ。爆発的に調子がいいわけではありませんが、悪くないぐらいです。涼し目の浅川をぬけて大垂水へ。今日は高尾山口駅でテンションが上がってきました。

 スピードを出すコツは、重いギアを回すこと。それから集中力。ただそれだけを思いっきり。

 というわけでベストタイム。去年の自分を超えました!
■大垂水(下) 6'50/3.16km/90rpm/HR154
■大垂水(表) 6'39/2.13km/83rpm/Ave175-Max186HR

 藤野駅まで20号を走ってサイダー飲んで、和田裏にアタック。大垂水で使い切ったかなーと思っていましたが、意外といけました。合宿効果でしょうか?2本目は中盤以外はすべてダンシング。それでも腰は痛くない。腹筋してるおかげですね。
■和田峠(裏) 橋詰入口バス停~頂上(5.10km)
20'31/70rpm/Ave166-Max177HR
21'19/47?rpm/Ave167-Max176HR Dansing:Sitteing=8:2
21'14/62rpm/Ave162-Max176HR

 和田表を下っていたら八王子在住のカズさんに遭遇。今から和田の山の中でトレーニングだそうで。リュックしょってました。

 陣場街道を軽く踏んで終了。水を補給するのを忘れてて、途中でボトルがカラになったりしながら帰宅。今日もストレッチしながら20分ほど夢の中へ。これがええねんて。でもって。起きたら筋肉痛になっていました。俺もまだまだ若いなー。限界を超えたトレーニングができた、ってことでしょうか?とりあえず階段を降りるのが激つらでした。

 明日の天気予報は最高気温27度。朝方だったら25度以下?ってかもう夜の時点でめちゃくちゃ涼しいです。アームウォーマーが要るかも。休養weekとか言ってますが、せっかく涼しいので少し乗る予定です。

>ヤマネさん
 アドバイスありがとーございます。今日は普通に練習してしまいました。週末にかけて涼しいので結構練習しちゃいそうです。

| 日記 | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

一休み?

55km 稲城周回3周

 ちょっとばて気味&2週間ほどハードに乗った&ヤマネさんのアドバイスで今週はお休みweekに大決定。昨日はボケボエ。それでも今日は早起きしたので自転車で出撃。

 合宿最終日で何かをつかみかけた気がしたので、ペダリングに意識を集中し、楽に自転車を走らせてきました。コースはアップダウンの稲城周回。ちょっとギア重め。日本犬を散歩している水色のワンピースの女の子は可愛いです。ハイ。

 昼前から仕事。35度あったようですが、あまり暑く感じません。夜も涼しいし。暑さに強くなったのでしょうか?明日は早起きしたら乗ろうかなぁ。

| 日記 | 22:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合宿4日目 一番つれぇ日

155km 甲府→塩山→柳沢峠→青梅街道

 朝はちゃちゃっとごはんを食べて、庭の掃き掃除をしてから出発。甲府までは下り基調で信号少なめということでスピードが上がりまくり。サイトウはんも40km/h後半で鬼引きモード。あっというまに甲府に到着。平均速度が40km/hオーバーです。

 桃を食べたり、サイトウはんがパンクしたりしながら、北へ。目指すは柳沢峠。標高1,600m。でも麦草を登った後だと低く感じてしまいます。街中を過ぎて勾配が出てきたころに、先頭を引いていたら、ほとんど力を入れていないのにどんどん自転車が進んでいく感覚に陥りました。HRも150ぐらい。いい感じだなーと思っていましたが、途中でペースを変えたらペダリングも変わってしまいました。勿体ない。

 それでも結構好調だったようで、クライマー(?)2人の背中を見ながらかなりの距離を走れました。途中からはほとんど見えなくなってしまいましたが。頂上で休憩していたら何やら薄暗い天気。どうやら雲の中に入ってしまったようです。青梅の方の天気予報は曇りだから大丈夫だろうと思って下り始めました。

 はじめはポツポツ。霧がかかったりしていました。そしてザーザー。さらにどっしゃーーー!!!ぎゃあ!

 本格的に降り出してしまいました。峠からは奥多摩まで30kmほどのずっと下り。寒い…。8月のど真ん中でなんで寒さに震えなきゃいけないんだ!と、叫ぶ元気もないぐらい。気温も20度という表示でした。マジで助けてくれ、って感じです。下らないと帰れないし、下ると滅茶寒いし。

 途中で雨宿りしたりしながら頑張って頑張って奥多摩で休憩。まだ雨が降っています。青梅に下れば止んでいるでしょうか?いいえ、家に帰るまで雨降りっぱなしでした。

 というわけで合宿終了。集団走行とスピードのある練習ができたのがよかったですね。最終日は終わってましたが。選手の皆様、監督、マヨネーさんお疲れ様でした。

| 日記 | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合宿3日目 短め。あうとれっと。

70km 清里駅折り返し

麦草でおおやられのコムレイダー。
地図を見ながら今日は平坦だ平坦だというわけでコース設定したはいいけれど。
行けば平らな道はなし。
ヤマネはアウターふみふみ、カネダはSKY。
今日も暑し、山梨暑し。
よって清里にて食べたるアイスはなお旨し。
あとは下って戻って昼は鍋。
これまた旨しで食べ過ぎた。
夕には出かけ,「あうとれっと」なる場所にてぶうらりぶらり。
長い箸と柄良き手ぬぐいをお買い上げ。
トランプで負けたれば一人で寂しく夜飯準備のはめに。
夜半は涼しく、寝付きよし。

| 日記 | 22:29 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合宿2日目-オーバー2,000m

104km 富士見峠→茅野→麦草峠(折り返し)→富士見峠

 今日はちょいと(横に)育ち気味じゃあありませんか?なプチ監督も出撃。目的地は、国道の峠としては日本で2番目に標高の高い麦草峠。2,120mで「麦」?

 20号線を西に走って、大きめの丘という程度の富士見峠を抜け、茅野市へ。ここからはひったすらに登り。はじめは勾配が緩いですが、最後のコンビニを抜けて少しすると(正確な数値は知りませんが)6%ほどの坂道が延々と。上の方は九十九折りでカーブにはナンバーがふってあり、何回か登るときにはいい基準になりそうです。

 とにかく標高差は1,300m以上!なのにカネダさんはやる気満々で(実際絶好調だったらしい)、ヤマネさんと麓からぶっ飛んで行きました。サイトウはんと「うちらはあれに付いていったら垂れる」ということを確認し、ペースでMedioあたりの強度で。めちゃくちゃ長くて、一人だったら心が折れていたかもしれません。感謝。

 カーブを曲がり、ダンシングでごまかし、標高を表示した看板に嘆き、やっっとこさ峠に到着。疲れたー。折り返してきた時の3倍ぐらいの速度でするすると下り、下界で一息。

 脚がもう力が入らず。しかも下界の気温の高さにやられて集中力が切れかかりでした。そんな感じで帰り道の富士見峠にアプローチ。無線で監督が何か言ったなーと思ったら集団のペースががくんとシフトアップ。死ぬ気で踏んで行きましたが、まったく付けず。一人でフラフラ登って終了。監督と一緒に白州まで流し、前の3人と合流し、最後の1.6kmの登坂をして終了。

20080815八ヶ岳2▲今日も晴れ!

 尾白川という綺麗な川で水遊びをして、お昼御飯は冷麦。夏だねえ。

| 日記 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

合宿1日目

140km →20号ひたすら→山梨白州

 今日からチームの合宿です。八王子に九時に集合。カズさんとユーキャンの選手も途中まで一緒に行くとのこと。コムレイド4人と計8人でスタート。

 大垂水の下はカネダさんの一人引き。表に入って第一コーナーから先頭に出て、そのままのペース。脚のまわりは今一つでしたが集中出来ました。参考記録でシーズンベスト。悪い状態でこのタイムならまあまあでしょう。
■大垂水 5'43

 後はローテーションを適当に回して休憩多めにひたすら西へ。脚の周りはダメダメで先頭を引ききれなかった感強しでした。途中の笹子トンネルは旧道で迂回する予定でしたが通行止めでトンネルを通る羽目になってしまいました。

 だだっ広い道を下ったコンビニで八王子ライダーズは折り返し。コムレイダーズは目的地はもうすぐそこだと思いこんで出発。途中で直売の未熟な桃をかじったりしつつのんびり走り続けましたが一向に目的地の名前が見えず。10kmぐらいだと思っていたのが実際は20kmチョイ。ナンカコウイウノッテツカレマス。

20080814白州道の駅▲白州の空。道の駅にて。

 宿は個人の別荘にお邪魔さん。テレビも映らず、周りは自然が一杯。合宿には最高です。夜ご飯はカレー。そして合宿のご飯の後といったらもちろんトランプ!大富豪(大貧民)は意外と奥が深い。カードが悪く、負けまくりました。

| 日記 | 22:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

早起きすなはち涼

104km 吉野海道→鼻血坂(表)→山王峠→小沢峠(裏)→鼻血坂→奥多摩街道→五日市街道

 4時30分に目が覚めました。昨日の夜は倒れるように布団も敷かずに寝てしまいました。立秋も過ぎたということで起床時は結構暗め。季節を感じます。

 明日から派手に走りまわることになるので全体的に抑えめ。というよりか朝はやっぱり体が起きていませんね。体感としては40km走ってやっと動き始めたかな、という程度。ペダリングが乱れている気がします。丸岡の時のような軽い感覚がなくて困っています。

 帰りは奥多摩街道と五日市街道というレアな道をたどって帰宅。やはりこっちの方が距離的にはかなり近いですね。お盆の所為か道もガラガラ。自転車日和でした。



 今まで最も美しいと思ったのが2つある。正確には2つしか覚えていないのかもしれない。ひとつはベッティーニ。彼は2007年に世界選手権で勝ったものの、その直後に兄弟を亡くしてしまった。しかし、彼は次のクラシックレースで単独で最終ストレートにあらわれ、天を仰ぎながらゴールした。

 もう一つはトリノ五輪の荒川静のフリープログラムの演技。その時見ていて、どんどん周りの音とか景色とかが消えていき、荒川静だけが滑っているような感覚におちいったのをよく覚えている。鳥肌はたつし、涙でそうになるし。会場で見ていた人はもっとすごかったのだろう。

 しかしその後放映権などの関係で演技は全く放送されず。もう一度見たい、と常々思っていたのだが、今日、動画サイトを検索したらあるんじゃないかと思って検索したらドンピシャ。便利~。

 2回目だからそんなにかな、と思ったが、鳥肌。想像するに彼女はいわゆるZONE状態だったんじゃないかとも思ってしまう。アナウンサーも「のまれ」てしまってほとんどコメントできていなかったし、アメリカというアウェーにもかかわらず演技の途中から拍手鳴りっぱなし。そりゃあ女王スルツカヤの演技も霞んでしまいますわ。画質が悪いのが残念でしたが、お勧めです。

| 日記 | 22:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あっち行ってこっち行って

44km 稲城周回(大)2周

 頑張って早朝起床で出撃しましたが、完璧に脚が寝てました。それでも攻めて攻めて、最後は地獄に堕ちる気分で天国行き。危うく練習前に食べたビスケットをリバースショットするところでした。

 急いで飯くって病院でリハビリ。といってもストレッチやらマッサージやら。経過は順調なようです。病院の近くの荻窪の郵便局で今週の合宿の荷物を送りましたが、宛先を間違えるというミス。しかも出社してから気がつきました。郵便局に電話したら送った場所に行って書類を書かないとダメだとか。えー、郵便局のネットワークでどうにかしてよ。とほほ。

 この荷物が無いと合宿がままならないので、外出させてもらい、荻窪に戻って書類を書いてまた会社にとんぼ返り。今日は損しました。焦るとろくな事がないようです。

| 日記 | 17:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

雨、まだ降るな。

177km 大垂水→道志みち→道坂峠→都留市→雛鶴峠→20号→大垂水→立川

 今日は法学系渡来人コースの反時計まわり。このまわりだと道志みちが上りになるので足を止めている時間が短い。はず。ただしこれが大きな誤算になるとは…。

 さすがにもう疲労がたまりまくり。でも明日は休みだし乗ってしまえということで。ちなみに疲れてはいますが、体が痛いところはありません。健康って素晴らしいです。

 浅川も少し向かい風。コーヒー飲んで、高尾山口からはテンションをあげてまずは大垂水をしっかり。
■大垂水(下) 7'04/3.16km/90rpm/HR146
■大垂水(表) 6'10/2.13km/81rpm/HR161

 でもテンションは上がりきらず、道志みちでは苦しみました。いや、苦しいのはわかっているんですが、苦しすぎです。さすがお盆とやらで車が多めでした。真っ白になりつつ道坂峠に到着。下の方ではだれだれでしたが、ダンシングが意外とイケルことに気が付き、踏み倒して強度を強引に上げました。ダンシング:シッティング=1:1ぐらい。よく頑張りました。
■道坂峠(道志側) 19'45/5.00km/69rpm/Ave160-Max175HR

 あうーもう死にかけです。しかしここからは追い風だろうからもう大丈夫でしょう(←今考えると根拠がないぞ)、と思っていました。が。雛鶴に向かうゆるい勾配区間は思いっきり吹き下ろし。久しぶりに「生き地獄」というワードが頭の中を充満してました。まじで辛かったです。峠のトンネルを見た時はほっとしました。

 少し下ってなるしまの団体さんが休んでいる茶屋で水を汲んですぐにスタート。まあまあなペースでなるしまの帰宅レーサーをパスしていると。やっぱり後ろに気配。

 お一人様ごあんなーい。

 またか。千切るつもりはありませんでしたが、なんとなくペースを上げてしまいました。ペースを上げて下げたら男が下がる。藤野のアップダウン区間に入るまでぶっ飛ばしました。ってほどスピードは出てなかったと思いますが。

 そこからはゆうっくり。大垂水の裏も危うく14分かかりそうでした。最後だけなるしまレーサーに声をかけられて追い込めました。浅川も向かい風。いつもはするする走れるのに。とりあえずビタミンとっとけCCレモン。

 立川のなるしまに寄り道してシューズの補修部品を買って、つけて帰宅。疲れました。コムレイドの合宿までは乗らないぐらいでもいいかもしれません。

 練習食を食べてから今日は銭湯へ。最近たまたま見つけた路次裏にある銭湯で、昨日から行く、と決めていました。湯加減は肌がしゃきっとするぐらいの少し熱め。シャワーの出もまあまあ。空気の通りがよく、天井も高く、気持ちのいい銭湯でした。少し買い物して帰宅。チャーハンうまいです。後はパンがうまく焼ければ今日は百点満点です。

| 日記 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

水がうめえです。

140km 五日市→風張峠→五日市

 今日は須藤さんと練習。朝飯をしっかり食べたら食べすぎました。40km走ってもこなれず。前半は辛かったです。五日市の街を抜けてからはローテーションでスピードアップ。ってか「調子悪い」を連発するスドウさん速いって。

 勾配がきつくなる甲武トンネルの分岐辺りで垂れてしまいました。ちなみに天気は薄曇りぐらい。ちょっと山の向こうが雨降ってそうな感じ。気温は低め。標高もそこそこありますからね。

 走りながらテンションを戻してやっと上がってきたところで休憩。特産品を売っている売店で水が汲める。お姉ちゃんが店先を整理中。スドウさんは「具合わりー」らしい。結構いいペースだったし距離にしたら20km以上をMedio以上の強度?

 水をしっかり飲んで再スタート。お姉ちゃんに「おじゃましましたー」と言ったら「お気をつけて」と返してくれました。その一言に癒されました。ありがとうございます。

 スドウさんはグロッキーなので一人で風張峠のてっぺんまで踏んでいくことにしました。全部で5kmぐらいをMedioの少し上のペースで。最後は上げようとしましたが、ペースを間違って途中で力尽きてしまいました。それにしても涼しい。さすが標高1,000mです。

 数馬を下り、勾配が落ち着いたあたりからローテーションで走行。コンパクトにスムーズに、を心がけて五日市のセブンまで。途中平坦で(スドウさんがちぎるつもりで)千切られました。課題だなー、付き切れって…。

 セブンで休憩してつらつらと下り、遠い雷の音を聞きながら多摩川を流して終了。なんか、疲れました。夕方は国分寺でぶらりぶらり。犬も歩けば棒に当たるっと。

| 日記 | 20:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日は2発

114km 大垂水→和田峠

 少し寝坊。肉屋のハムと目玉焼きを全粒粉のパンにはさんで朝飯食べて出撃。やっぱり疲れ目です。浅川を走っていてもぜーんぜんダメ。高雄山口駅を超えても今日はテンション上がらず。大垂水もMedioまで行きませんでした。あうー。

20080808和田裏▲和田峠(裏)のカーブ
 ちょっと不思議な写真に見えますね。

 でも出発する前に今日は和田峠と決めてしまったのでコーラを補給してから和田峠。ほんとのぼれんのか、ってぐらいのテンションでしたが、とりあえずスタート。

 そしたら序盤でトライアスリートっぽい3人の集団をパス。そうそう、抜かされると抜き返したくなるのがサイクリストの性、ってやつですよねー。おひとり様、ごあんなーい。ひたひたと追っかけられました。おかげでテンション上がりました。感謝。

 だんだん詰められて後方5mぐらいまで来ました。ここからは劇坂区間。負けてられっか、後ろは振り返らずに踏み倒ーす!フェンスが始まるところからはいつもどおりギアを1枚上げて追い込み。途中で振り返ったら消えてました。しかもタイムも昨日とおんなじぐらい。疲れてると思ったのは気のせい?それとも昨日は集中力が足りない、ってことでしょうか。

 2本目はお客様おらず。それでも集中!と意気込みましたが、追い込みきれませんでした。甘いっす。
■和田峠(裏) 橋詰入口バス停~頂上(5.10km)
21'36/66rpm/Ave160-Max188HR
22'54/62rpm/Ave154-Max177HR

 もう脚が死にかけです。暑いし。天気予報では毎日「明日は今日より温度が2度低いでしょう」という風なことが書かれているのですが、毎日外れています。明日は今日より2度低いそうですが、どうでしょう。

 このごろ練習後のストレッチの種目で背中を床につけるのをやっていると1分で寝られます。今日もほんのちょびっと夢の中へ。レバーと心臓の野菜炒めをがっつり食って仕事。明日も頑張ります。

| 日記 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晴れ!

64km 多摩川

 んーさすがに疲れていますね。脚がゴム、ってまではいきませんが踏み出しが激重いです。多摩川を適当に流して一本Medio。最後の方でヒラバヤシさんに会いましたが付き切れ。暑いなー。

| 日記 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

晴れ時々曇り時々雨時々雷

172km 大垂水→和田峠→上野原→秋山→道志ダム→道志の道→大垂水

 天気予報も曇りだったのできちんと目が覚めてから出発。昨日は走っていないので元気です。

 今日のメインは和田峠。脚がまわらなかったのもあって大垂水は適当に登ろうと思っていましたが、いつもどおり、高尾山口の駅を超えるとテンションが上がってしまいました。HRもずんずか上がるしもしかして好調なのか?ええい、行ってしまえ!

 というわけでシーズンベスト。去年のベストにもあと5秒。ちょっと追い風気味だったかもしれませんが。何気に95%HR超え。じつは結構いい感じなのかもしれません。
■大垂水(下) 7'04◆3.16km◆92rpm◆HR154
■大垂水(表) 5'45◆2.13km◆84rpm◆HR174-189

 大垂水にやられてへたり気味。とりあえず和田峠の分岐の交差点でちょこっと休憩してからメニュー開始。HR150で入ってHR160-170で登って行って最後のフェンスがあるところから踏み倒して頂上まで。1本目はジュースがボディブローしてて辛かったです。

■和田峠(裏/橋詰バス停~頂上ゲート/5.10km)×3
21'33/69rpm/Ave164-max183HR
22'00/64rpm/Ave163-max181HR
21'39/67rpm/Ave165-max185HR

20080806和田峠休憩中▲たまには自分の写真。休憩中。ってか撮影中?

 ちなみに一年前は21'02/21'06/20'48。今年の方がケイデンスは高目。天気は小雨が降ったり晴れ間がのぞいたり。お尻がぬれるのが面倒くさいです。案の定帰ったらお尻が擦れて痛いー。

 あとは適当に距離を稼いで大垂水の裏を39-23固定でくるくる。下界も涼し目で快適でした。いい練習ができました!夜ごはんはレバー野菜炒めと納豆ごはん。

 ご飯の後に買い出しへ。遠くの空で雷が響いていましたが雨はちょこっとしか降りませんでした。今日は最近見つけたお肉屋さんへ。いつもはスーパーですが、肉は肉屋?ってことで行ってみました。おばちゃん気さく。お肉の量をオーダーできるので一人暮らしにはいいですね。明日からは新鮮なお肉を食べることができそうです。

| 日記 | 20:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

レース明け

70kmぐらい? 多摩川+稲城大周回2周

 寝るのが遅かったので寝坊気味です。土日で結構食べたのに体重減。順調です。ちょっと自転車整備をしてから出発。蒸し暑い多摩川を流してから稲城へ。調子はというと、体が軽くなって、脚が少し疲れてプラマイゼロ、ってところでしょうか。

 多摩川と府中街道の交差点で出勤するヒラバヤシさんに会い、昨日チームカーに忘れたポシェットをいただきました。グラッツェ。そのまま多摩川を一往復して終了。ボトルが2本空に。あちいっでした。

| 日記 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2008実業団丸岡

Results:40km地点でレース中止、メイン集団で終始走行

 スタートが7時50分だったの5時に起床。眠いです。やっぱり昨日の焼きそばがもたれ気味。大学時代と比べると内臓は確実に年をとっている気がします。それでも食べないと走れないのでしっかり朝食。テレビでやっていた講釈(漫談?)の続きが気になったが、準備を進めて6時前にホテルを出発。8人でローテーションしながら会場へ。

 会場では去年のチームメイト、スーパーロケットのアキツさんに会いました。一言目が「シュンやせたなー」でした。まだ70kgを切ったぐらいなんですが、いい方向に向かっているようです。ホテルから会場までが距離があったのでほとんどアップはなし。日陰で体力を消耗しないようにして待機。直前の計量化もうまくいきました。

 少し遅れて7時55分スタート。集団の6割~8割ぐらいの位置で走行。集団走行も久しぶりなので無理はしなかったです。集団からはアタックがちらほらかかっていましたが、集団内にいればそれほどは辛くない。アックアタマのスガさんと「きちー」って冗談言いながら脚を回す意識を忘れずに。心拍もちらっと見た限りでは有酸素域だったりSoglia域だったり。

 レース展開は見られない位置にいたのですが、チームとしては機能していたようです。下りは快調。サイドのラインを抜けて番手をかなり挽回できました。ただし下りきってからの直角カーブの立ち上がりは少し遅れ気味。スピードを出す練習してませんでしたからね。後ろの人ごめんなさい。

 2人ぐらいが飛び出していき、集団もさらにスローペースに。登りでもほぼ辛くない。登りを終え、ほぼ目標(=大周回2周)を達成。おし。

 しかし、下りが終わって平坦になり、集団もやる気がみなぎってきたなあと思ったらいきなりのスローダウン。集団の先頭の選手たちが手を挙げている。???

 近くの人と話しながら状況を聞いてみたら事故が発生したようだとのこと。そのまま誘導されるままにゴール地点へみんなでサイクリング。原因はまだ分かっていないようですが、BR-3で死亡事故があり、レースは中止となってしまいました。亡くなった方のご冥福をお祈りします。

 水で顔を洗って着替えて帰宅の途へ。帰り道はのんびり。途中のサービスエリアのそばがおいしかったです。群馬、埼玉と経由して永福降りて夜道を走って帰宅。10時着。

 反省コーナーです。

 及第点、ってところだと思います。余裕か?と問われたら「No」、余裕があったか?と問われたら「Yes」、なぐらいです。レース展開としてはスローだったので絶対的な比較はできませんが、いままでのBR-1のレースで一番まともに走ることができました。集団の前で展開するのはまだ難しそうですが、現時点の段階としては合格としておきたいと思います。

 あとは走り方としてアタックしなくてもいいからもっと前に位置取りするべきでした。その方が体力の消耗が少ないはずですし。チーム員とも連携できればもっと楽に走られそうな感じもしました。補給に関しては意識的に水分を取るようにしていたので問題なし。体もほぐれて、レース後に痛いところはゼロなのが嬉しいとこです。

 次のレースはシマノスズカのファイブステージ。勉強してきます。実業団レースはほぼ2カ月後の飯田。岩手の全日本に出られないのが痛いですが、飯田は本気で走ります。

 応援ありがとうございました。

| 日記 | 22:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

移動日

50km 用賀に移動+丸岡試走で大周回1+小周回1周

 お昼ご飯用のおにぎりを作ってからのんびりサイクリングで用賀へ。埼玉と群馬を経由して福井まで走りましたが(監督が)、都心部が結構混雑していたせいで時間ぎりぎり。というわけで久しぶりのスーパードライブ。間に合いました。さすが。

20080802試走3▲試走中

 選手は着替えて試走。さすがに9人もいると迫力があります。スピードも乗ったままだったので大周回はとっても楽ちん。小周回に入るところで元気な5人はごおりごおり走って行ってしまいました。ここまで来れんのかなー、と思いながらヤマネさんに小周回の危険個所をおしえてもらいながら1周。

 下りで少し強度を上げて終了。宿はビジネスホテル。きれいだけどやっぱり和室の雑魚寝の方が落ち着きます。一人でいると暇だし。あまりに暇すぎて腹筋してしまいました。いえ、腹筋は重要です。

 夜ごはんは近くで見つけた中華屋。入店するときはすこーし妖しい感じもしましたが、うまい!ってか多い!五目焼きそばの大盛りにしたら女の子3人前ほど出てきました。グリコーゲンローディングだと思ってがっつし食べてきました。絶品の味付けの鶏首(漢字があってる?)も少しいただきました。美味しかったです。

 ちょっと腹ごなししてから就寝。明日の目標は大周回2周をメイン集団についていく、です。低い?まだ練習始めてから1か月。段階としちゃあ妥当だと思います。

| 日記 | 07:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

「一点の曇りもない」曇り

122km 大垂水→道志の道→道志ダム→藤野山岳→大垂水

 昨日とまあったく同じコースを走ってきました。今日はしっかり曇ってくれました。少し蒸すけど。

 脚の方はやっぱり少し疲れ気味ですが、それほど悪くはない程度。大垂水のタイムも安定して上がってきています。今日も回転重視で。ダンシングを中心線に沿って出力するようにすると体への負担が小さくなる気がしたので試行錯誤中です。

 んでもって今日も野菜炒めとおにぎりがうまいです。明日は福井県へ。明後日は久々の実業団レースです。といっても、まだGOサインが出てから1カ月ですからね、無理せず楽しんできます!

| 日記 | 22:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2008年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2008年09月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。