Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

木枯らし

20071121夕方s▲バイトの帰り道にて。青と夕焼け色のグラデーションがグー。

 今日は朝の行きと、夕方の帰りともにいい感じで風が吹いていて走りやすかった。帰りは調子に乗って旧甲州街道で37km/hぐらいでペース。ちょっとレクサスなドラフティング気味で。ケイデンスが110を越えると体がぶれている。体幹が弱いのかな?腹筋して寝ます。
スポンサーサイト

| 日記 | 21:57 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

近況

 とりあえずロードは乗ってへん。通勤でピストに乗ってペダリングのイメージを作ってるところ。脚が細くなってきた。体重は増えとるけど。12月1日まで仕事しまくって銭かせぎます。にしても寒いなー。自転車乗ってないと書くこと無いわー。

 Tourde沖縄の記事アップしました。笑えます。山あり谷あり。

| 日記 | 21:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

世の中銭や!

 相変わらずズンドボラな生活を送ってみてるけど。

 意外と、ってか全然つまらんっす。はやく自転車のりてえなあ。

 でも部屋を片付けたり、冬の用意をしたり、前進はしてる(つもり)。

 仕事の話。目黒に住んでいたときからパン屋のバイトをやっているが、なんと、来年の1月の終わりでその店が無くなる事になった。原因は採算が取れなくなったこと。もともと幹線道路の交差点ということで立地条件としては最高の位置にあったわけだが、それゆえ家賃も上がり気味だったらしい。

 その店はチェーン店だが、しっかりパンを小麦粉から仕込んで、成形して、窯で焼く、というしっかりした仕事をする店だ。プライドのもてる仕事というのは少ないと思うが、自分にとっては1時間半もかかる通勤時間を割いてでも続けられる仕事だ。ベーカリーのスタッフも仲がいいし、自分も仕事をきちんとこなせるようになってきた。

 そんな矢先。閉店。さびしいものだ。

| 日記 | 20:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

万歳off?

 シーズンオフ!12月のいっぴまで!自転車乗らん!通勤は乗るけどそれ以外は乗らん!

 暴飲暴食(シーズン中もしてた?)、傍若無人生活の始まり始まりー!


 と思ってみたけれど。意外とつまんないっす。アイスやらお菓子やら食べたけど、夜飯に自分で作ったパスタが一番うまかったり。用があって行ったなるしまは社員旅行中。ビバ沖縄。20kmも自転車に乗ってしまった。それ以外は仮想世界を飛び回ってた。マリオワールドが流行り目。ヨッシーは2段ジャンプの踏み台以外はあんまし使えない。

| 日記 | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄5日目

/12 沖縄観光
 朝出発前に新聞を見たら寮の先輩のインタビューが載っていてビックリ。自転車なんてやっていなかったのになあ。声かければいかった。日本は狭いですね。

 沖縄の平らな道路を走って南下。那覇空港に到着し、ここからはタナカナタさんと2人で沖縄市内を回ることにした。国際どおりへ。いわゆるお土産屋さんが軒を連ねる通り。ブルーシールのアイスを食べ、ちんすこうを買い、親父の名前の付いた泡盛を見つけ、サーターアンダギーを死ぬほど買い、昼飯にタコスとタコライスを食べ、沖縄(の食)を満喫。結局ここをぶらぶらしただけで時間がたってしまい、中途半端な時間だけが残ってしまった。

 というわけで急遽海へ。カーナビでみていて、レンタカー屋の近くに小さな島を発見し、行くことにした。付いてみると意外とイイ。海はそれほどきれいではないが、珊瑚の死骸が砕けて砂になって砂浜ができていた。時間は干潮だったらしく、磯も少し顔を出していた。タナカナタさんと磯をピョンピョン散策し、記念に巻貝の貝殻をひとつ拾って帰路へ。

 こうして沖縄旅行は終了しましたとさ。レースに関してはなんも言わん。

 後日譚。記念に持ってきた巻貝の貝殻を机の上においておいたら気づいたら1mほど移動していた。また机の上に戻したのだが、本を読んでいる間にポトリと床に落ちた。おかしい、と思ってひっくり返すともじゃもじゃな脚。ってヤドカリかー!

 飼うのは難しいので近くの草むらへぶ投げてしまいました。寒い本州の冬を越すことはできないと思う。悪いことした。ごめんよー。

| 日記 | 23:29 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Tour de 沖縄

11/11
Tour de 沖縄 国際ロード200km
Results 80km普久川ダム関門にて失格!?
Race 2:08'36/80.59km/83rpm/Av.169HR/37.6km/h

 朝4時に起床。なんせ7時からレースやもん。眠いがな。と、言っている暇もなく、ご飯食べたり、着替えたり、用意したりと忙しい。ちょっと速目にレース会場まで自走で走っていって、サインして、チームカーに荷物を突っ込んだらスタート10分前。待ってー、心の準備がまだなんですがー。

 6時50分スタート。試走の感じで強烈な向い風を予想していたが、少し追い風気味。集団はアタック合戦。でも皆様キレが無い。伸びては縮み、縮んでは伸びての繰り返し。自分は、といえばHRがいつもより低めの160ぐらい。本部半島のアップダウンの入り口で一瞬辛くなったりしたが、そこそこ体も動いていた。位置取りとしてはゴールデンさんかコヂマさんの後ろでポジションキープ。真ん中よりちょっと後ろくらい。

 10km過ぎ。なーんにもない2車線のひろーい直線道路でなぜかクラッシュ発生!自分は集団の左サイドにいたので落車を横目で見ながらかわすことができた。が、前と後ろの集団のギャップのちょうど真ん中辺りに取り残されてしまった。後ろを待って合流し(Comradeが4人!)、2分ぐらい走って先頭集団に復帰。どでかい落車の割には先頭は待つことをしなかった。冷たいなあ。

 アタック合戦は続く。風はだんだんと向い風気味。選手も40kmもアタックを続けてきて疲れ始めたのか、まったり走行時間が増えてきた。後で考えると、これがコヂマさんとコムロイダーさんの言っていた「逃げの決まりそうな雰囲気」というものだったのだろう。本部半島をでて、北上をし始めるあたりで25人の逃げが決定。原因は中切れだったらしい(by埼トー)。自分のいた後続集団は20人~30人。あまり積極的でなく、タイムギャップは広がるばかり。

 MATRIXの選手が飛び出し、続けて埼トーさんが2人で前を追う。Comradeは後方集団に4人もいたのだから協力し合ったほうが良かった気もする。が、そんな余裕は自分には無く。続けてコヂマさんも日大の選手と前を追う。あまりに集団がノンキだったから当然。

 少しして余裕が出てきたので、前のほうに言ってローテーションに加わって烏合の衆のスピードアップ開始。ゴールデンさんや学生やらが回すが、いまひとつスピードが上がらない。先頭とのタイム差は2分40秒まで広がった。もうすぐ内陸の普久川ダムへの上りへ右折。先頭を引いていたので、青看に2号線の文字を確認して右折の合図をだした。そのとき目に入ったもの。

 300m程先の海岸線を走って行くコヂマさんと日大学生。

 あれ?直進だっけ?曲がるところ間違えたか?誘導員もおらんし。合図出しちまったよ、恥ずっ。

 と思って合図を引っ込めて直進。しかしヤケに背中がスースーする。そして嫌な予感。そして残念なことに嫌な予感は必ずといっていいほど良く当たる。

 振り返ると右折する後方集団。一緒に道を間違ったゴールデンさんに声をかけつつユーターン。無能な誘導員に2人言ってしまったことを告げながら集団に復帰。あーにやってんだか。にしてもコヂマさんはどうするのだろう?

 ここからは11kmほどのぼりが続く。来るまできたときは滅茶苦茶辛そうに見えたが、いざ自転車で上ってみるとそれほどでもない。集団はまったりペース。仕事を終えた愛三やシマノの選手が談笑。そんな雰囲気に負けじと、鹿屋の上りが強い選手が飛び出し、続いてゴールデンさんがペースを上げて上って行く。付いていこうと思えば付いていけるけど。だけどまだ120kmあるし、この上りがもう一回に最後のアップダウンでしょー。うーん集団で行ったほうがいいかなぁ。でもこの雰囲気(マッタリモード)はやばいなぁ。どうしようどうしよう?

 そんな感じで飛び出すきっかけを失い、集団のままずるずると上っていった。

 そして80kmの普久川ダムの関門が見えてきたところで後方からクラクションを鳴らして車に追い抜かされた。そして、開いた窓から左に寄れ、の合図。振り返るとこの集団の10倍ぐらいのモチベーションで上ってくるジュニアの選手面々。その選手たちに追い抜かれながら自分の入った15人ほどの集団は止まってしまった。そして駐車場に引き込まれ、ゼッケンを確認され、失格。ああ、あんなペースだったら10分(実はタイムアウトの基準は15分だったが。)も差がつくよなあ。がっかり。

 しかし、寒風の吹きぬける駐車場で聞いた一言。

 「お疲れさん。でも何で切られたんだ?3分ぐらいしか差が無かったけど?」

 は?3分?は言い過ぎだとしてもそんだけ?

 以下後日ニュースサイトのCyclingTimeの記事。
 「そしてそれを追う第2集団にアクシデントが発生。ジュニア国際レースの先頭集団が普久川ダムの関門を通過する際に通行の妨げになると判断した立哨員に停車を命じられてしまう。約15人ほどの選手が事態が飲み込めないままここで自転車を降りてリタイヤしてしまったのだ。この中には別府匠や西谷泰治(愛三工業)、大内薫(スキルシマノ)、チームサイテック、ラポムマルセイユの選手など、追い上げる力を残した選手もいた。エースを先頭集団に送り込んだことで入賞争い自体を狙う選手はいなかったとはいえ、追走と完走のチャンスを奪う大会側のミスだった。」

 ミス・・・。おいおい沖縄まで来たのに・・・。

 ちなみにぶっちぎられた自分の集団の後ろから来た選手は関門では切られなかったらしく、最後まで走った選手もいたとか。

 というわけで訳わかんないままツールド沖縄は終了。チームカーから荷物をもらって着替え、給水を手伝ったりしながら時間をつぶし、すべてのレースが通り過ぎてからヒラーカタさんの車でコヂマさんも一緒に島の西側を通って移動。途中で道がまだ開いていたかったので怪しい食堂に入ってお昼ごはん。見た目は怪しかったが、中は当たり。ソーキそば。美味い。1日目に食べたぐらい麺が太いほうが好きだけどね。

 再び車に乗ってスタート地点へ。そこからは飲んだり食ったり大学の寮の先輩っぽい人を見かけたり、川口車連のスーパー中学生の表彰を見たり。ホテルに帰り、その後街に繰り出してごっつぁんで居酒屋で飯を喰らってきました。変な名前の豆腐が美味かった。

| レースレポート | 23:28 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄3日目

/10
3日目朝2s▲沖縄の朝と鉄塔

 ちょっと早めに起きてホテルの周りを散歩。亜熱帯といっても朝晩は結構涼しい。朝焼けを撮ってみた。が、レンズが汚れていたらしく、イマイチ。

 朝からバイキングを食いまくり、着替えてスタート地点へ。追い風で40km/hオーバーで走っていき、会場のヤマジンさんにUCI登録証を預けた。そこから埼玉組は本部半島の試走へ。自分は昨日走ったのでユーターンして帰ホテル。レース前日に走りすぎると調子悪くなるタイプみたいだしね。

 昼過ぎにどさっと雨が降り出したりしたが、すぐやんで曇り空。試走から帰ってきた埼玉組と一緒にコースの北部方面を車に乗って試走。でも試走のために開会式すっぽかしてもOKって間違ってる気がするが、うーん。結局すっぽかした。

 ホテルは建物はいいが、布団がまったくもって自分に合わなかった。こういう時の自分の対処法は・・・
1.枕を変える。もしくは枕を無しにする。
2.ベッドの場合、寝る場所を床に移動させる。
3.敷布団を無しにする。
4.甘いものを食べて血糖値をあげる。
5.羊を数える。
 今回はたたみの上に布団を敷いていたが、結局3番までたどり着いて、畳の上で寝た。布団は場所によって変わるけど、畳は全国統一規格(?)なので体に馴染む。オススメ!

| 日記 | 23:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄2日目

/9 →本部半島→
 チェックアウトは10時まで。チェックインは16時から。天気予報は雨。

 どーすんべか。と悩んだが、沖縄まで来て何もしないのもアホらしい。試走を兼ねて噂の美ら海水族館へ。荒涼とした本部半島の海岸線を走り、小雨に降られながらも水族館に到着。金曜日だというのに大量の観光客だ。修学旅行生も多い。1800円を払って入場。

 一番始めはヒトデとナマコに触れるコーナー。ヒトデは硬く、ナマコは触ってるんだか良くわからないふわふわした感覚。その後は普通の水族館と同じ。小さい水槽がひたすら並ぶ。水槽よりもサッパリとした女の子に見とれていたかどうかは秘密。そして最後に本日の目玉!

2日目美ら海水族館4s▲世界一の水槽!ジンベエでけええ!

 いや、ほんとでけえ!どでかいマンタ(エイ?)も泳いでいて「怪獣大決戦」という言葉がリフレインしまくり。ジンベイザメにくっついているチョウザメのドラフティングテクも超絶。あれは真似できん。

 ブルーに癒されまくりました。水槽の前で15分ほど見とれてしまった。
 水族館の館内を出てからマナティー館へ。こっちも、でけえ!ってかデブ?なーんか下半身がぶっとすぎ。かーちゃんマナティは普通なのだが、娘マナティが太い。観察していると、かーちゃんの真似をしてローリングしようとしているのだが、太すぎる体型のせいか、どうしても体が回りきらない。またそれも愛嬌があって笑えた。

 亀館をちらっとみてから、ちょうど時間があったのでいるかのショー。こういうのはどこでも同じだろうなあ、期待していなかったが意外と楽しんでしまった。それにしてもイルカはよく魚ばっかりよく食うなあ。偏食だろ。

 そろそろ疲れたので撤収。本部半島のきたっかわを走り、58号で戻って坂。今日も辛いぜバカヤロー!タニューに到着!無事チェックインで一安心。6人部屋ということで広い。キレイ。無駄に(バリアフリー?)トイレがでけえ!俺の部屋より広い!?

 風呂で体を温め、バイキング。埼玉組と合流して2日目終了~。

| 日記 | 23:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

沖縄1日目

/8 羽田→沖縄→名護
蒲田駅2▲始発前の京急蒲田駅。さすがのトーキョーも静か。

 いつものごとくに用意に時間がかかって0:30就寝の1:30起床。飛行機の中で寝るからいいんだけどね。最後の荷物をかばんに突っ込んで真っ暗な中を東へ走る。もちろん自転車で。京急蒲田に着いたのは4時過ぎ。5時過ぎの時間まで1時間もあるでやんの。でも走ってくる途中にトラブったらシャレになんないからね。

 空港で無事チケットも受け取り、飛行機へ。もちろん寝た。ぐっすり。ドリンクサービスの時だけは目が覚めた。俺、貧乏性。

 到着20分前ぐらいから沖縄の島が見え始めたのだが。意外と建物が絶え間なく続いていて、結構な都会のようだ。もっと北海道みたいに広がりのある感じを想像していたのだけれど。

 飛行機を降り、アロハシャツを着た運転手の乗ったバスで名護市まで移動。始めは街並みをみていたけど、きずかないうちに眠ってしまった。起きたら名護市のバスセンター。なまーら頭がボケボケで、降りてから道際に座って10分ぐらいボーっとしてしまった。ここが沖縄かあ。

ホテルよりs▲ホテルタニューからの景色。

 天気は曇り。予報は雨だったけどギリギリ持ってる感じ。名護市内を少し見てから、荷物がうざったくなったのでホテルへ。雨降ってたらタクシーでもいいか、と思ってたけど「空に最も近いホテル」まで上ってみた。ネタとしては完璧~、と思ってたらかなり辛いっ。背中の荷物がおもいったらありゃーしない。下り区間はあれども上りは全部8%越えている。インナーローでひらひら。やーっと到着。いい眺め。曇っているけどね。


 ホテルの受付へ行ってこれでクソ重い荷物ともおさらばと思ってチェックイン。

 「国際ロードのコムレイドのものですが・・・」
 待つ事しばし。

 「ええっと、ミョウニチからですねえ」

 は?ミョウニチ?

 「ミョウニチってアシタってことですか?」我ながら間抜けな質問だが。

 「はい、アシタからですね。」

 なにいぃ?!木曜からじゃなかったんかい!監督に確認すると、宿泊は金曜からの間違いだったらしい。がびーん。いや、宿泊地が変わるのは大して問題ではない。それよりもそれよりも、あの坂を荷物抱えてまた登るんかーい!

 雨の降りそうな中(結局振降らなかった)58号線まで下り、コンビニで観光雑誌をからホテルを見つけて今晩の宿を確保。またもや名護市内へ。

1日目ぼろホテルs▲1日目の築35年のホテル。ぼ、ぼろい・・・。

 埃で汚れた感じのする安いホテルに到着。汗を流そうと風呂に入ったが、ゴッキー君とご対面。おいおい。シャッターが目立つ商店街の老舗(というかぼろい)定定食屋でゴーヤチャンプルーと沖縄そば(1050円)が夕食。

 少し街中を歩く時間があったが、沖縄のイメージは灰色。コンクリートが無地のままさらけ出ているようなそんな色。色が付いていても、なんとなく白い絵の具を混ぜたよう、というか、くすんだ感じ。トロピカルな色は感じなかった。

 その後スーパーでオリオンビールとカップの泡盛と黒糖を買ってホテルでゆっくりして1日目が終了。

| 日記 | 23:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いってきまーす。

49km →多摩川→稲城→
 流すつもりで、ってか流しだけどぶらぶら走ったら50km。あれ?稲城周回の天国だけはもがいた。調子は10点満点で3点ぐらい。イマイチ。

 午後からは試合に備えてメンテ、と思ってたのに、思いっきし昼寝してしまったので夕方から。んで、やっと完了間近。しかし、しかし。せっかくチェーンも洗ってフレームも磨いたのに、天気予報を見たら、沖縄は雨。なんでやねーん!ほんとは沖縄空港から自転車で名護のホテル(タニューウェルネスリゾートオキナワ)まで行こうと思っていけど、バスかなー。んでもって、名護市まではいいが、そこからホテルまではバスが無い。そして、ホテルタニューのサブネーム(?)は「沖縄でもっとも空に近いホテル」。ALPSLABOでどんな道か見てみたら。

 総距離13km。8.5kmまでは平地。ここまでは問題なし。しかし、そこから4.5kmは平均8%の坂。もっと言えば始めの1.5kmの平均勾配は12%。後輪すべるがな・・・。タクシーかなあ。んでも銭もったいないしなあ。

 ま、初の沖縄。南の国。亜熱帯気候。試合も島も楽しんできまーす!

| 日記 | 21:04 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

シーズンラストのロング練?

 3日にちょいネガティブなブログを書いたが保存されてなかった。忘れろってことか?素晴らしい最新機能だ。やるなFC2ブログ。

/2 バイトDEピスト65kmぐらい。帰り道に本屋まわりをしたけど10戦9敗1引き分け。何の本を探していたかは、ひ・み・つ☆

/3 127km →大垂水→天神トンネル→道志の道→津久井裏道→城山湖→尾根幹→
 ポッカのAROMAXというコーヒーを飲んだら絶好調!この頃の流行はESPRESSO。赤い缶のデザインも好き。もがいて暴れてきやした。惰性じゃねえ。

/4バイトDEピスト80kmぐらい。若い女の子に囲まれながら仕事してきました。ちょいはっぴー。

/5 150km →大垂水→藤野山岳地→雛鶴表裏→藤野山岳地→大垂水→
 午前中に沖縄にゆうパック。小さくしたら意外と安く済んでくれた。体を伸ばして練習開始。

 昨日ピストに乗りすぎたか、ペダルと体が全然リンクしない。ピストは170mmクランク。ロードは172.5mmクランク。やっぱ同じにしたほうが良いのかな?とりあえず今日は不調。大垂水を上り始めたけど明らかにダメなので軽めに。表6'33。

 それから藤野の山を抜け、雛鶴へ。秋といったら秋山街道でしょ!車が全然来なくて快適ロード。アップダウンもあっていい練習コースだと思う。表を上り、裏に2.5km下って上って終了。寒風を切って藤野の山で動いて、大垂水の裏。ペースで行ってラストスプリント。最後はよく伸びた。裏11'50。日暮れて練習終了。後は沖縄で流すのみ。

| 日記 | 18:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

6と3分の2

100km →稲城周回→
 天気予報が雨っぽいので近場で練習。といえば稲城周回。3周弱流して、3周本気で回って、1周流したら雨がぱらつき始めて終わり。1週間で60週乗ったら強くなるらしい。トマトリゾットが美味し。

| 日記 | 19:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年10月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年12月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。