Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

真夏日ですか

◆59km →国1→本牧山頂公園→国1→

 午前中は用事のお片づけ。昼前にちょっと昼寝。いくら寝ても足りん。にしても暑い。じっとしているだけでも汗が出る。ちなみにクーラーは無い。んで、やけに暑いと思っていたら、ラジオで30度越えましたね~、なんて言ってやんの。やっぱ29度と30度は違う気がする。

 午後に少し脚を動かすことにした。多摩川は走りたくなかったので地図を眺めていたら、「八景島」という名前が目にとまったので今日の目的地は八景島。13:30スタート。暑いが、向かい風のおかげで体感温度は涼しいぐらい。昨日の午後ゆっくりしたおかげか、疲労感は少し和らいでいる。脚の元気が足りない感じ。国道1号線をたらたらと走り、途中で15号に入った。そこから湾岸道路に出る予定だったが、迷ってしまった。

20070628本牧山頂公園 まあいいや、と適当に走っていたら、落ち着いた雰囲気の公園があったのでここで休憩して折り返すことにした。帰宅後に本牧(ほんもく)山頂公園という名前ということが判明。八景島はちょい距離がありすぎたので断念です。今度の楽しみに。
 帰って岩手のために自転車の掃除&ホイールの履き替えをして1日終了っす。
スポンサーサイト

| 日記 | 21:11 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

まひ人

 昨日はバイト×2。相変わらずハード。体力回復してない感触。

◆102km →稲城周回岩倉Ver.×3周→多摩川→

 昨日イワックラーさんに誘われたので、朝練へ。はっきしいって起きるのが超つろい。体も全く動かない。いくら頑張ってもHRが130ぐらいまでしか上がらん。おわっとる。多摩川を吐き気とたたかいつつ、半ベソをかきながら集合場所へ向かう。

 今日のゲストは・・・
20070627秋津さん秋津さん!

 あんまり練習して無いらしい。ちょっと太くなったかな?放浪したいらしい。

 ヒラバヤスキー氏は布団とたわむれていたらしく、お休み。イワックラー氏の鬼引きでスタート。何で朝一でこんなに踏めるんだ?始めのゆるい坂でブッチーンという轟音をたてて千切れてしまった。無理っす。秋津さんは相変わらず切れがある。

 2周目に入って少し調子が上がってきた。自称「今日は疲れている」イワックラー氏と前後しつつ稲城病院前の坂もハイペースで。2周目は全部アウターで。意外といけました。やっぱこっちのほうが自分にあっているのかな?

 3周目を無事終了して秋津さんと多摩川を流して終了。帰宅して遅めの朝飯を食い、昼寝。そして事件は起こった。

 30分ぐらい寝て、もう少し寝るか、と2度寝。夢を見た。1つ目は親戚が3人出てきた。2つ目の夢は自転車に乗って激坂を下る夢。なぜかサドルに座れない。ブレーキもあまり効かない。このまま下るとヤバイな、とあせっている辺りで目が覚めた。

 目は覚めた。体は寝ている。そう、金縛りだ。疲れてるなー、金縛りかよ、と意外と冷静に判断。しかし、その時「・・・・・オーイ・・・・・」と呼ぶ声。え!?「・・・・・しゅん・・・・・」えええ!?家族に呼ばれているかと思って、起きなきゃ起きなきゃ、ともだえる。体のパーツ一つ一つを動かそうとしてみるが、全く動かない。やべえ。やべえ。

 そこで体が起きてくれた。呼声の主はいない。よく考えたら、俺のことを「シュン」とよぶ人は家族には居ない。という事は・・・。うっひゃーーーー!

 まあ、ともかく金縛りするほど疲れている、ってことですね。ゆっくりしましょう。

| 日記 | 20:23 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

Long

◆189km →稲城周回岩倉Ver.×3周→五日市→豆腐屋峠→五日市→

 やっぱり昨日は疲れた。体が重い。脚にも力入らず。でも岩手前の最終局面(?)なので頑張る。天気は小雨と霧を行ったり来たり。雨具をポケットに突っ込んでとりあえず稲城へ。やはりイワヒラコンビと練習した時と比べるとスピードが雲泥。ギアもかからん。とりあえずもがきまくって3周。つろい。

 あとは流すだけ。登る気がしなかったので五日市までだらだらと。豆腐屋の坂を1本。最後のダンシングがパワフルに走れた気がする。

 下って五日市を過ぎ、五日市街道を走っていると眠気が。よくあるのだが、疲れてくるとペダルを回していても眠くなる。体は動いているのに脳がどんどん動かなくなってくる感じ。ミニストップに入ってピルクルを買い、店内の休憩スペースで就寝。といっても刹那だったと思う。周りから見たら変な人に見えたことだろう。

 多摩川は追い風に乗り、くるくる回して丸子橋まで。そこから曲がって、中原街道を家に向かっている時に妙に調子よさを感じた。家が近づいてアップダウンが終わったころに足もとを見てみるとアウター。丸子橋から入りっぱなしだったらしい。180km越えてから調子が上がるって、どーゆーことさ!BR-2のレースだったら3本おわっとるさ。

20070625月下美人しぼんでしまった月下美人

 美人薄命とはよく言ったものだ。
 でも薄命だとしてもこの花は大輪を咲かせた。
 見習いたいものです。

| 日記 | 20:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

おしごと

 1つ目のバイトは11時間働いて休憩30分だった。35℃の環境で肉体労働。疲れました。2つ目は雨のおかげでお客さんが少なくてゆるゆると。梅酒をロックで飲んで1日終了です。

 Comradeのメンバーの結果は知らないが、悪天候の影響もあってか、全日本選手権の完走は十数人だったとか。優勝は新城選手。明日は雨ですが、走ります。負けられません。

20070624月下美人 帰ってきたら月下美人が咲いていた。

 今日は満月では無いけれど、月下美人とはいい名前をつけたもんだ。かなーり癒されました。明日はいいことあるかもね。

| 日記 | 22:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

猿蟹合戦

◆148km →大垂水→美女谷→和田→

 鰹クラブの練習を募集したが、誰も来なかったので全日本に出れないへっぽこは一人で練習しましたとさ。疲労は結構取れてきていたが、踏むのがちょっと力が入らない。たぶん今日が最後のロングになると思う。定番の大垂水。脚が弱っているにしてはまあまあ。プログレッシブオーネ的に。っつうか、一定スピードで上っていると、後半にかけて勾配がきつくなるので自動的に負荷が漸増することになる。
■大垂水(下) 7'00◆3.16km◆95rpm◆HR142
■大垂水(表) 5'45◆2.13km◆84rpm◆HR167

 大福を補給して美女谷へ。HR165~170の間でたんたんと。ギアはあげずに回転を意識して。そしていきなりサルの大群出現!20匹ぐらい。襲われたら絶対負けるなあ、とちょい恐怖感。でも上る姿の迫力に押されたのか全員逃亡。インナーローだったけど。

 美女谷の下りは意識が麻痺するぐらい長い。でも道が結構悪い。嫌い。

 ちょっとサドル高を調節して和田峠(裏)へ。美女谷と同じくらいの強度でつらつら。ペダリングを意識して。そしていきなりカニが出現!・・・カニ?1匹のみ。大きさ4cmぐらい。襲われても絶対勝てるわ、とちょい優越感。でもこいつはどうどうと道を横歩きで横断。しかしなぜに山にカニが?地球には不思議がいっぱいだ。

 陣場街道もしっかり強度を上げて。多摩川に入って1本Medio。途中から楽に脚がまわるようになってきて楽しかった。でもやっぱし土曜日なので人が多くて走りづらい。
■Medio 14'20◆8.64km◆93rpm◆HR160◆36.1km/h

20070623多摩川今日の休憩場所今日の休憩場所。

 前から気になっていた木。アセロラドリンクとドライフルーツのリンゴでのんびりと。今日は晴れていたけど、朝に雨が降ったせいか涼しかった。

 午後に出かけて、8月からの家を決めてきました。昨日の物件よりよさそうなのがあったのでそちらに決定。国分寺のあたり。大学時代は寮だったから初めての一人暮らし。どうなることやらやら。

20070623国分寺カレー屋国分寺のカレー屋「すぷーん」

 不動産屋の担当の人に薦められた。食べたのは週替りの焼チャーシューと温泉卵のカレー。程よく辛くてうまい!おなかもいっぱいです。これからお世話になりそうな予感。

| 日記 | 22:20 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

曇り

◆22km

 (北斗の)ケンシロウに言われた。

 「お前はもう、死んでいる」

 ・・・そんな夢は見なかったが、おきた時にはすでに足がパンパン。マッサージもしたのだが、素人のは効果が無かったみたいだ。ポジションの調整をしながら多摩川を軽~く。やっぱり曇っているとかなり涼しくていいです。今日から梅雨入り。岩手も雨だろうか?

 午後は不動産屋に行ってきました。見に行った是政の物件は多摩川サイクリングロードまで徒歩30秒!結構家がキレイ!家賃が安い!周りにアルバイトがなさそうなのが玉に傷だが。うーーむ、どうしよう。考え中。

| 日記 | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ぶるーすうぃりす

◆156km
 →野猿街道→小倉橋→510→長竹CC裏峠→道志道→水飲み場→?峠→天神トンネル
 →517→413→野猿街道

 映画シックスセンスは、主人公(と観客)だけが自分が死んでいる、という事実を知らないまま物語が進んで行くという、どんでん返し的な映画だ。ちなみに自分は映画を見る前にこの構成を耳にしていたのであまり楽しめなかった思い出がある。余談。

 目覚ましをかけなかったせいでちょっと遅めにスタート。川沿いを走る気がしなかったので野猿街道へ。小倉橋を抜け、510へ。アップダウンがしんどい。

 この前セレーノ練で覚えた長竹CC裏の名前の知らない峠へ。激坂→5%が2km弱→少し下って→最後少し上りで計4kmと少し。ああぁぁ、調子上がらんぜよ。インナーロー。そのうち調子が上がってくるべ、と思いつつ頑張る。

 宮ヶ瀬の周りを回ろうか迷ったが、一丘越えて道志の道へ。勾配はほとんど無いのに20km/h出ない。どうなってるんだ?ここでやっと気が付いた。足が死んでる・・・。

20070621道志道入口 映画ならここでFINISHだが、いかんせんここは家から65kmの彼方。とりあえず道志の道のアップダウンが本格的に始まる入り口的な両国屋にて休憩。マンゴージュースはいまいち。目の前の激坂を眺めながら考えて、水飲み場まで行って帰ることにした。

20070621道志水のみ場 もう付いちゃったよ。両国屋から4kmしかありませんでした。10kmぐらいあると思ってたのに。とりあえず水が冷たくて最高にうまい!

 ユーターンして両国屋を越えたあたりで脇道に入ってみた。川沿い走って道志の道に戻ってくると思ってたらどんどん遠ざかってどんどん上って行く。とりあえず進んでいったら峠道でした。峠を越えて下るとなんとなく見た事あるような道。適当に曲がったら天神トンネルでした。70へえってところか。

 後は市街地を抜けて帰宅。多摩川についた時少し曇ってくれたおかげで涼しかった。今日はノースリーブのジャージで走ったため、脇が涼しくて良かったが、肩の裏っかわが日焼けしてイタイです。やっぱ早起きして涼しい時間帯に走ったほうがいいね。夏は。

| 日記 | 18:26 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

空梅雨万歳

◆209km →稲城3週→五日市→甲武→522→大垂水→東小金井→

 今日は会社が休みのSUDOさんと練習。の前にイワックラー氏とヒラバヤスキー氏と朝練。かねてから予定していた稲城でのレース想定の練習。というわけで4時過ぎに起きて朝飯を食べて出かけたのだが。無性に(また)焼そばが食いたくなって暴食。6時に多摩川原橋に着。もちろん腹はこなれていないし、久しぶりの早起きで目が覚めていない。しかし、イワ&ヒラは全開。速攻で切れてしまいました。HRも170ぐらいまでしか上がらない。いや、調子の悪さ+疲労以上に脚がない、っちゅうのもあるのだけれどね。顔を洗って出直しますだ。

 この練習で感じたのは、やっぱり爆発的な出力ができない、ということ。おりゃっとやっても体が意識とリンクして動いてくれない。レースだったら致命的。ペダリングが悪くて出力の効率が悪い、というのも一因。

 とりあえずイワヒラコンビに引きずられて死亡。多摩川を上り、五日市街道へ。五日市からはMedioペースで2人で交代して甲武の下まで。SUDO師匠にペダリングを見てもらいながら。大きく回す+軽く引き足ぐらいの時が一番スムーズにスピードが上げられた。結構この区間は調子がよかった。

 回すイメージ=軽いギアでくるくるというイメージだったのだが、重いギアでも回す(=円運動を意識)イメージを忘るるなかれとの師匠のありがたいお言葉を頂きました。グラツィエ。

 甲武トンネルもMedio強度。脚が死んでます。20号は車が居ていやだったので522号。アップダウンで苦しみまくり。こんなに上りあったっけか?

20070620須藤at石楯神社何て言ったか忘れたけど愚痴っているSUDO師匠
 石楯神社にて


 藤野駅で20号に出て大垂水。軽いペースで上がって最後に一もがき付き。お師匠様曰く、ギアをかけないとペースが落ちてしまうのはペダリングが悪いせいで、いいペダリングならケイデンスを高く維持して脚筋に負担をかけずにのぼれる、とのこと。にゃるほど。

 浅川をくだり、多摩川を是政橋から街中に入って師匠の町、小金井市へ。東小金井駅前の中華屋でがっつりなチャーハン定食をゴチなって、家にもちょっと寄ってお土産をもらって帰宅。大感謝ですね。

 早起きのおかげで200オーバーで寄り道付きでも15時に帰宅。今日はいい練習ができた。金曜日くらいから雨っぽいから明日もがっつり練習です!

| 日記 | 21:34 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西日本の写真

サイクリングタイムから頂いてきました。
20070620西日本2

2週目ぐらい。まだ余裕。

20070620西日本3

3週目?前のほうで展開中。ラバネロの選手は切れがある。

20070620西日本

4周目?先頭で走った覚えは無いけれど。左に見えているのが優勝した川口車連の選手。

 今気づいたけれどもボンシャンスの選手にマークされてる?んなわけないか。長手袋は変だな。

| レースレポート | 20:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ひといちばいの練習。

◆192km →吉野街道→軍畑→鼻血坂→山王峠→名栗の奥の林道3本→岩蔵街道→

 監督曰く、少しの努力が1流と2流を分かつ。昨日は強度が高いといっても60kmしか走っていないのでロング。明日仕事で走れないし。

20070618焼きそば1099kcal 起床はゆっくり目。しっかり朝飯を食って10時過ぎに出発したが、異常に腹が減る。12時にコンビニに寄り、ドでかい焼きそばを購入。1099kcal。食いごたえ十分。ってか十二分?

 昨日のアドバイスを修正すべく多摩川の半分くらいをダンシング。左腰に疲れがたまる。1ヶ月前には右の腰が痛くなったのだが。結構いいペースで多摩川と吉野街道を爆走。

 鼻血坂を登り始めると、やっぱり脚が疲れている。軽くまわして走る。山王峠をひいひい言いながら超えて山伏峠方面へ。途中で見つけた脇道に入って林道を3本ほど走ったが、全て途中で途絶えてしまった。長くても3km。勾配は結構あって辛かった。

 名栗周回に戻って青梅を抜け、多摩川を流し、府中の辺りで少し街中を走って終了。焼きそばより走ったカロリーの方が多かったぽいです。

 とりあえず明日は一休み。それにしても梅雨はどこに行ったんだ?今日は曇り基調だったが、汗をかくぐらいの陽気。いや、もちろん降らなきゃ降らないでいいんだけどね・・・。

| 日記 | 23:55 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

西日本実業団

Category BR-2
Result 39位◆群馬CSC61.5km(12.3km×5週)◆1:40'10(top+2'59)

 目標は優勝。そのために今週はかなり計画的に生活した。体もしぼり、疲労を残さないように練習量を調節。完璧な状態で望むために。

 16日10時前の電車に都立大駅から乗り、11時過ぎに平塚着。高速を9時間走って広島へ。宿泊はホテル123。部屋は監督とダブル。じゃなくてツイン。10時過ぎ就寝。

 5:40に起床。ボーっとしながら用意して、6時過ぎにホテルを出発。車の中で朝飯。メニューはワカメオニギリとアンパン。そしてコーヒー。7時過ぎに会場について着替えて試走。疲労はゼロで、良く動く。レースまで時間があるので少し強度を上げて走った。金田氏のコース解説つき。

 コースはスタートしてすぐにアップダウンが始まり、延々と続く。スピードが落ちない感じで大きなのぼりも無い。ぶっ飛ぶ感じではないが、ブラインドコーナーが多く、逃げが決まりそう。アップダウンが終わると登り→平坦→登り→平坦→登りの3段登りの勝負どころ。少し下ってゴール前にちょろっと登って平坦約300mでゴール。BR-2はこれを5周。

 スタートが12:40、ということでかなり時間が。有り過ぎる。BR-1が9:30にスタート。チョロチョロは見ていたが、集中力を高めたかったので1人で車の中にいることが多かった。・・・しかし、9:30の時点でテンションが上がりきってしまった。からだが火照り、心拍が上がり、異常に集中力が高い。車の中に寝転がって本を読んで気を紛らわそうとするが、下がらず。

 原因は朝一に飲んだコーヒーだと思う。もともとカフェイン耐性が低いようで、コーヒーを飲むとかなり体がアップする。ちなみに飲んだコーヒーはジョージアのファイブブレンドというマイナーな激安コーヒー。今のところこれが1番相性(?)がいい。利尿作用を期待して朝に飲んだのだが。

 9:30から朝飯2発目。スパゲッティとシーチキンオニギリ。10:20から用意を開始。テンションは少し落ち目。80%ぐらい。しっかり体をストレッチして、11:55分から20分ほど固定ローラー。11:25分に集団の右後方に並ぶ。皆並ぶの早すぎ。俺が遅いのか?今回は勝負dayということで補給食はカーボショッツ3本。1時間前に1本、20分前に1本。補給食は2本をちびボトルに水を溶かして1本はそのまま(結局これは使わず)。ボトルは薄めのスポーツドリンクを1本と0.6本(これまた途中で投棄)。天気は曇り。レース中に少し小雨。温度は25℃ないぐらいで暑さは感じなかった。スタート時のテンションは70%ぐらいで少し疲れを感じる。10:40スタート。直前まで音楽を聞いて集中力はマックス。

 レースプランは3周目終わりの3段登りでアタックして逃げ切り。

 スタートと同時に並びの不利を挽回すべくダッシュ。アップダウンに入ったのは30~40番手?ちなみにアップダウン区間は追い越しは難しい。毎回の事だが、HRは180±。やはり集団ではアップダウン区間は高速。周りに声を掛けながら少しずつ前に前に。3段登りが始まる頃には20番手。周りの選手はまだまだ元気。散発的なアタックがかかるが、無駄に先頭を引く選手のおかげで決まらず。2回ほどアタックについていってみたが、決まらず。疲労感はないが、脚に爆発力が感じられない。

 2週目は集団前方5~10番手でふらふら。やっぱ前の方が楽だなー。先頭に出たこともあったが、引く動機がないのでほとんど引かず。マークしていた川口車連の選手がエスペラントステージの選手と逃げをかまして、ヤバイかな、と思っていたが、ほど無く吸収。ホームストレートで集団が落ち着いたのでアタックをかける。脚はあまり回らない。

 3周目に入り、ほどなくして吸収された。番手を下げて25位辺りを走行。集団の中は楽だね。と思っていたら、20番手を走っていたテスタッチのの小さい選手が長めの下りで中切れ。おいっーーー!ちょび焦ったが、幸いにも前がそれほど積極的でなかったため、上り返しで追いついた。あっぶねー。

 勝負の3段登り。疲れてしまったのか、皆積極的に前を引こうとしない。インナーローでゆっくり、という感じ。もちろんアタックしました!・・・と、言いたいところですが、道一杯に広がった集団にラインをふさがれて機を失ってしまった。依然集団のまま3周が終了。ペースダウンのおかげで少し回復した。HRも136を見た。でも脚の感触はあまりよくない。ふくらはぎが少しこわばってつりたがっている。

 4週目。アップダウンはなあなあ。3段上りにさし下からる。誰もアタックしない。先頭でだらだら引いていたおっさんが聞こえよがしに一言「今日は最後まで集団でしょ」。果たしてそうかな?という事でアタック。と、いってもドカンとやったわけではない。集団からラインを右に外し、集団を振り返ってじろーっと見ながらアウターに入れてじりじりっとアタック。逃げが決まらないと踏んでいるのか誰も反応しない。集団先頭もだらだらり。集団と少し距離が開いた。

 よし。と視線を前に戻すと後ろに気配。振り返るとコムレイドの見たこと無い選手が一人飛び出してきた。誰だっけ?後でツムラさんという面識の無い方だと判明したのだがその時は独特のサングラスが目に付いた。同チーム2人なら逃げ切りがやりやすくなるというメリットと、後ろが積極的に追いつこうとする意識がでてしまうのでデメリットもある。とりあえず2人で声を掛け合って逃げることにしたが。

 脚売切ッス↓↓↓
  「勝負どころでっせ!お客さん!」

 ツムラさんに追いつくべく踏むが、結局集団復帰。方針転換。ツムラさんを利用させて頂いて、周りに脚を使わせて、こっちは集団待機。ゴール前のアタックにかけることにした。スプリントは考えなかった。

 最終周回5週目に突入。5番手辺りでこなす。もちろん先頭には出ない。津村さんはブラインドコーナーですぐに見えなくなった。お、いけるんじゃね?飛び出す選手をマークしながら集団の先頭付近で走る。滅茶苦茶なペースアップも無く流れていく。しかし売り切れてしまったのかアップダウン区間後半でツムラさん吸収。おかげで疲労回復しました、といいたいところだが、展開したのが前過ぎたのか、結構脚にきている。

 最後の3段登りが始まった。脚を残していた連中が積極的にペースを上げ始める。脚が悲鳴をあげ始め、先頭集団20名弱が離れていく。50mほど離れて最後の登りを登りきった。やばい。

 ゴールまでは2km。追いつくべく声を出して気合を入れて踏みなおすが、下りの一つ目のコーナーで後輪がぐにゃり。

 終わった・・・。パンクだ。

 色気を出して少し軽め(=生地が薄目)のチューブを使っていたのが凶と出たようだ。タイヤに亀裂などは無かったらしい。乗っている感触としてこの後のスピード区間をこの状態で走ることは困難と判断。ホイールへのダメージも考えてオフィシャルホイールをもらって完走だけすることにした。

 1台目はすでに1度パンク対応をしたらしく、もらえず。2台目にクラシックな匂いのするホイールをもらってゴールまでふらふらと走った。1位はマークしていた川口車連の選手。強いというデータを聞いていただけに惜しいことをした。平方さんは先頭集団で帰ってくると期待していてくれたようで、カメラをゴールラインでかまえていてくれたらしい。しかしすでに脚は限界。最後の上りではふくらはぎと左足の太ももが攣る始末。水分はしっかり取っているつもりだったのだが。

 ダウンもそこそこに帰る準備。慣れない食事のせいか、腹がキリキリと痛む。空港に入ってせっかくの広島お好み焼きを食べたのだが、文字通り消化不良。いや、美味しいのはわかったのだが。味わえなかった。楽しみにしてたのに・・・。

 監督の相変わらずのスーパーな運転で12時ごろに川崎着。精神的には車の中の方が疲労してしまった。ふうう。

 反省コーナーです。
・チューブ変えよう。木祖村でもパンクしたし。監督曰くラテックスがいいらしい。
・前半焦りすぎ。勝負を賭ける前に疲れてしまった。
・コーヒーは試合直前のみがよさそう。テンションは一度上がると後で上げれない。
・集団で展開するときは程よく前に。前に居すぎると疲れる。10番手ぐらいが吉?
・ボトルを捨てる時は下に投げるべし(上に投げちゃいました)。

 パンクはしょうがないとしてテンションの上げ方と試合の展開は今回の大失敗。しかし。BR-2はムズカシイ。

 基本的に個人で動いているので、例えばアタックがかかっても集団がまとまって追う、ということが起こりにくい。他人任せな意識が起こってしまうのだが、そこで周りにまかせてしまったら逃げが決まってしまうかもしれないという危険性が大いにありうる話。しかしあしを使いたくない。でも追わな危険やし・・・。

 帰りの車中で言われたのだが、ダンシングがぎったんばったんだとか。2週間でクリートの位置など考え直して修正するつもりだが。うまくいくかな?

 そう、2週間後こそ。岩手の東日本。ピークを持ってきて決めます。

| レースレポート | 22:54 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

1日前

◆39km →多摩川→羽田→

 最終調整。5時に爽快におきてアクシウムに履き替えて多摩川を流す。この時間帯でもひなたに出ると少し暑さを感じる。今日の東京の最高気温は30℃だとか。

20070616多摩東海道線? 走り始めはペダリングが落ち着かなかったが、走っているうちに脚に付いてきた。強度を上げてないので調子は良くわからないが、疲労は全く無い。しっかりテンション上げればマックスな状態で走れそうです。にしても走っていて、すでに緊張しているのが自分でもわかった。いつもより視界が狭い、こまい事に気が回らない。深呼吸深呼吸。

 兎にも角にも全力で走ってきます!

| 日記 | 09:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

涼しっ

◆24km 多摩川下り

 バイトが遅めスタートなので早起きして朝練。昨日の暑さとはうって変わって曇り空の東京はアームウォーマーがほしくなるほど涼しい。そんな中多摩川を、いつも走る道の対岸を走ってみたが、サイクリングロードが無くて無くて。強度はユーティリ。のんびり。

 帰宅してから決戦ホイールのタイヤを交換。オイルアップもしてばっちりです!後は脚。と天気。梅雨入りですからね。でも雨が降ったら逃げやすくなるのかなー?だったら降っても良し。逆テルテルボーズでも下げてみっか。

| 日記 | 18:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あつっ

◆117km →いろは坂→稲城周回→

 今日はレース前の最終もがきday。まずは多摩川を流していろは坂へ。うわさによると広島では結構な坂が連続するらしいので、それを想定してインターバル的に。2'23~2'27。
■Interval いろは坂(750m)×5本 Rest:4'30

 脚がーーー、って状態でそのまま稲城周回へ。1周流して、天国へののぼりを25km/hキープで2周。2本目は垂れちゃいました。周回途中のスプリントは55km/hと54km/h。まあまあかな。

 気分を変えて川崎街道で下り、1号で多摩川を渡ってサイクリングロードを流して終了。それにしても今日は暑かった。稲城を周回している時がMaxでその後は少し雲が出てきて和らいだけど。梅雨明けが恐ろしいね。なまんだぶ。

| 日記 | 18:50 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

泣面蜂

◆143km →大垂水→美女谷→和田→

 前日の夜にクリートを交換した。ペダルと脚の'あそび'が無くなっていい感じだ。今日は菅さんと練習。多摩川をいい感じで激走している菅兄にこの後悲劇が待ち受けているとは誰も知らなかった。ちなみに俺は菅さんの後ろみたいな横で平気な顔をして走っていたが、脚はNeary Max。

 途中に津末さんと合流し、浅川へ。キャノンデールの選手と一緒に大垂水へ。どんだけ鬼速いスピードで走るかと思ったら、メニューの関係でのんびりさん。ちょい拍子抜け。
■大垂水(下) 6'39◆3.16km◆87rpm◆HR138
■大垂水(表) 5'50◆2.13km◆83rpm◆HR163-max174

 千木良の交差点でキャノンデールズと分かれて美女谷へ。今日は上り始めたら調子がずんずん上がってきた。クリートを交換して力がダイレクトに伝わるようになったのか?丹田に力を入れてリズム良くダンシング。39-23。

20070612菅ホイール修理中 路面の悪い長い下り。パンクしそうだなーと思っていたら、下りきったところで菅さんが路肩に停車。なんだなんだと思ったら、何と前輪のスポークが折れてしまっていた!

 持っていたニップル回しはサイズが合わず使えず。どうしようと途方にくれて辺りを見回すと、すぐそこに「川上製作所」の看板!すんませ~ん、と頼むとモンキーレンチを二つ返事で貸してくれた。大感謝っす。んで写真の如くにホイールと格闘の結果、何とか走れるぐらいに修正。

 モンキーレンチを返却し、和田峠へ。39-23で上り始め、途中の平坦区間で入れた39-21で後半を激踏み。かなり脚がいい状態のようだ。最後はもがいて終了。

 下りはホイールポテチの菅さんを先行させた。悪い予感がしたわけではなかったが、なんとなく。そして集落が見える辺りで、菅さんの後輪がパンク。ついて無さ過ぎでしょ!のんびりパンク修理をして陣馬街道をゆるゆると下り、浅川へ。それにしても暑い。

 と思っていたら、多摩川に入る直前に自販機でとまったのだが、菅兄が立ちくらみでフラフラ。熱中症?一息ついて多摩川流し。俺も後半は暑さのせいか、頭がボーっとしていた。羽田まで下ろうかと思っていたが、体調を考えて丸子橋を渡って帰宅。きょうもミューズリューを食べて昼寝。いい練習サイクルができてます。上向き上向き。

| 日記 | 16:44 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

夕が多摩川

◆24km◆ →多摩川流し

20070611夕方多摩 朝っぱらからお仕事頑張りました。今日は大きな失敗も無く、終了。

 決戦ホイールを脱がして、ついでに夕方の多摩川をゆるゆると流してきた。火照った体に夕方の風が気持ちよかった。たまには夕方もいいもんだ。多摩川なだけに・・・ね。

| 日記 | 21:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

栂池実業団個人TT

Race 栂池17.1kmkm(ヒルクライムの個人Time Trial)
Category なし
Result 35位(BR-2,3で)◆57'48
 前半 27'17◆8.37km◆79rpm◆HR140?◆18.4km/h
 後半 30'51◆8.44km◆68rpm◆HR177◆16.4km/h

 土曜日は比較的遅めに出発。今回は監督のうちのチワワと一緒。雨を心配しながら長野県へ。到着したときには降っていなくてひと安心。近くを少し走ってから、コースの試走。といっても疲れを残したくなかったので決勝のスタートから1km行った辺りで終わりにしておいた。

 宿はスタート地点からは少し離れたところにあるウッドペッカー。犬OKのペンション。風呂も飯もいまいち。全てにおいていまいち。魅力的ではない。犬の匂いのしたソファに座ったおかげか、少し調子が悪くなった。朝起きたときには治っていたが。

 コースは始めの2km弱が勾配がある坂が続き、そこから街に入る辺りで少し下り、ゆるい登りが続く。ゴンドラの根元が2日目のスタート地点で、ここからは6%ほどの坂が延々と林の中に向かって伸びる。

 朝6時にご飯。パン、ソーセージ、スクランブルエッグ、サラダ、コーヒー。イギリス式やね。スタートから少し登った所にある何かの宿舎の軒先を占拠してウォーミングアップ。3本ローラーに久しぶりに乗ったが、固定よりも体がしっかりあったまる。テンションも結構上げられた。スタートの10分前までしっかりと。今回雨用のホットなウォーミングアップオイルを塗ったのだが、熱い、というか痛い!あんじゃこれ、ってぐらい脚がビリビリ。おかげ様で全然脚が冷えなかったのは良かったが、ちょいビックリでした。

 作戦は始めの激坂を集団でこなし、ゴンドラ乗り場まで付いていってそこからはひたすらに頑張。目標は予選通過(100位以内)。ちなみに参加人数は300人ぐらい。

 午前9時にBR-1がスタートし、その3分後に自分の組がスタート。アップをギリギリまでやったせいで後方から出発。かなり極いペースアップを覚悟していたのだが、全然。脚もしっかり動き、頭もクリアー。落ちてくる選手をかわしながら、ひらりひらり。作戦どおり最初の激坂区間を集団の20番手で通過。そこからの温泉街の登り区間もペースを崩さず集団内。順調順調。そのまま決勝のスタートまで行き、スキー場の脇道に入っていく。ここら辺から脚の差が出始めたか、バラバラ。先も長いのでHRと脚と三者面談しながら登っていく。

20070610栂池TT走ってます!集中してます!

 ここからは抜かれたり抜いたり。抜かれる方が少し多かったかな?ダンシングは1割程度でほとんどシッティング。勾配のゆるくなる局面でダンシング→加速でリズムを作って登ったが、スピードを高い状態で維持することはできなかった。途中まで39-23で後半は39-21以上。周りのひとに比べて踏むペダリングをしていた気がする。脚がまわせないせいか、ギアを落とすとスピードが落ちてしまったので重いギアになってしまった。

 途中のゴールまで5kmの看板を見て激ナエ。まだ5km?なげええぇぇ。でも後ろからは調子を上げてきた選手に追い立てられ、こっちの脚はテンションは今日はこれ以上上がらない。じっと我慢。ふくらはぎがつりたがっていたが、なだめすかしながら走る。残り2kmの看板辺りでNAKAGAWAの選手にパスされそうになったときに頑張ったらテンションがすっと上がって、そこからは2,3人連れてゴールまで。雲の中、雪の混じる地面に驚きつつゴール。頂上で配られていた冷えた農協牛乳は飲む気がしないぐらい寒かった。背中が緊張していたのか、バリバリだった。

 菅さんとゴンドラで下りクールダウン。57分30秒ぐらいだと思っていて、周りのひとからも予選通過しただろう、と言われて次も走るつもりだったのだが。決勝進出ラインは57分ちょうど。と言うわけで予選落ち。

 作戦もうまくいって、コンディションも万全では無かったものの90%ぐらいの調子だったので、この結果は実力だと思う。まだまだってことだ。そうだと思う。

 決勝を応援し、風呂に少し入って帰宅。渋滞も無く、順調にながれて21時に着。来週はいよいよ広島です。いよいよ。

| レースレポート | 23:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

See sea.

◆105km◆
 →稲城で一モガキ→みなとみらい→

 昨日は調子いいかなーと思ってたけど。走り出したら重いの何の。洗ったチェーンは良く回ってくれてたけど、それ以上に脚に力が入らず。踏ん張りが効かない感じ。稲城3周ぐらいを考えていたけどメリハリをつけて1周回って終わりにした。

 それからどうしようかと考えて、海がみたくなった。横須賀の方に行くことも考えたが、遠いので却下。横浜のみなとみらいへ。綱島街道で行くことにしたが、道狭いし車多い。中原街道みたい。

20070608みなとみらい みなとみらい到着!

 予報が外れて雨はふらず、かなり晴れて結構暑かった。ベンチに座ってなんとなしに船を見る。オレンジジュースがおいしい。

 15号を走って帰る。平坦だったので脚には良かっただろう。走っていたらちょっとは調子が戻るかな、と思っていたが、帰宅するまで変わらず。重いまんま。

 大丈夫か?おれのあし。とりあえず栂池頑張ってきやす。

| 日記 | 16:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

準備

 朝から銭稼ぎ。世の中銭やで~♪

20070606洗浄した! 帰宅してから足回りの洗浄。スプロケ、チェーンリング、チェーン。計1時間ちょっと。キレイになりました!監督はチェーンの状態でかなり違う、ということも言っていたの。とりあえず見た目は完璧!

 ディレーラーの左っ側についているのはワイヤーの摩擦ストレスを軽減するモノ。効果があるかはよくわからんが、メカニカルな形状が良し。

 広島まできれいな状態でキープしとこ。と思ってたら。長野の土日の天気は雨雲。終わった・・・。面倒くせええぇぇぇぇ。

 昨日バカやったにしては、脚の疲れは無い。好調の波?体重も現時点では満足できる数値。広島が楽しみです。いや、その前に栂池だけんね。

| 日記 | 21:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山々岳々脚がっくがく

6/5 ◆100km◆Medio+菅兄と生田探検

今日 ◆214km◆
 →大垂水→美女谷→棡原→上野原→秋山→雛鶴峠→厳道峠→道志の道→
  →天神トンネル→牧馬峠→小倉橋→尾根幹→

 体重が増えてしまった!いや、原因はわかっとります。というわけで自省の念をこめつつ激ハードコースを設定。多摩川を走っているときはかなーり低調だったが、コーヒー飲んだらちょっと回復。HR一定で登ろうかと思っていた大垂水は結局責めてしまった。
■大垂水(下) 7'04◆3.13km◆93rpm◆HR142◆26.6km/h
■大垂水(表) 5'37◆2.08km◆87rpm◆HR163◆22.1km/h

 美女谷はHR170弱ぐらいの一定ペース。左脚をしっかり動かすようにするとダンシングがリズムいい。

 西日本に備えて、今日のテーマは短い登りをしっかり走ること。というわけで和田には行かず、522号のアップダウンを強度を上げて。いつも休憩する石楯神社前の激坂が超ツラカッタ。甲武手前で左折して上野原へ下る。相模川を越えて秋山まで平坦かー、と思っていたら計算外の峠が出現。勾配も長さもたいしたこと無かった。テーマに沿って雛鶴峠までペースを上げてHR160~170ぐらい?

20070606厳道峠より道志を望む そして今日のメインディッシュ厳道峠。6km4%+3.5km6%ぐらいだと思う。部分的に路面は悪いが、車も来ないしいい感じで登れる。オススメです。

 写真は頂上付近より道志方面を望む。
 下に見えている集落までこれから下るところ。

 脚はまだいける信号。道志の道を下って、天神トンネルへの短い登りを1発。ぐるっと折り返して牧馬。でやっとこさヤマザキで休憩。長竹CC裏の峠も考えていたが、もうお腹一杯。そのまま帰宅の途につきましたとサ。小さいのも入れたら峠8本。和田と甲武と裏雛鶴と長竹CC裏入れたら12かあ。いや、やらん(と思う)けどね。

■今日の補給食
 ミニ大福5個、最中2個、牛乳300ml、オニギリ1個、Met's

 ポラールの心拍のカロリー計算によると6000kcalぐらい消費したらしい。でも意外と腹は減らなかった。体重は元通り。ヨカッタヨカッタ。

| 日記 | 21:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

クエン酸効果?

■155km
 →吉野街道→青梅街道→鋸山→五日市→

 昨日は無性に酒を飲みたくなって、梅酒を炭酸水で割ってギンギンに冷やして飲んだ。かなりフラフラになって、ベッドにごろんとしたら速攻で寝てしまい、起きたら午前2時。心臓バクバク。眠気の波がくるまで本を少し読んだ。寝起きは悪かったが、ターメリックを飲んでおいたのでそれほどアルコールは残っていなかった。そしてなぜか疲れがほとんど無い。梅のクエン酸のおかげ?

 でも冷えたのを飲んだおかげで少し腹が下り基調。夏になるといつも、暑い!→冷えた水水→腹壊す、というサイクルを何度かやってしまう。常温の水ぐらいのほうがいいのだろうか?

 ギリギリなっていたチェーンに油をさして出発。今日は菅練+セレーノ練。仏蘭西帰りの矢部っちが久々の参戦。

 多摩川を上り、吉野街道。予想通りの高速ローテーション。やっぱアップダウン弱い。昨日よりはマトモだったと思うが、気を抜いたら軽い登りで前と距離が開いてしまい、爆発力に欠ける私は追いつけず。矢部っち曰く、腹筋を意識してみたら、とのこと。これを後半平地でやってみたら、腰周りが安定して、脚の遊びが少なくなってダイレクトに自転車が動くように感じられた。ありがとう矢部っち!

 とりあえず青梅街道を上って、鋸山林道へ。勾配が6%ぐらいの坂が7kmぐらい続く(多分)。路面がたがた。平坦無しで坂バカ向き。

 39-23固定でHRは168ぐらい。始めは青田さんと江本さんがチョロチョロ前に見えていたが、3分の1経過したぐらいで完全に一人旅。ぎりぎり垂れそうで垂れないぐらいの感触で頂上まで。ベストのときと比べるとゴリゴリ上れてはいないが、疲れている割には上れたと思う。

20070603鋸山峠2Photo by 湯尻さん
ご機嫌です!

20070603鋸山峠1湯尻さん(左)と菅さん
奥に見えるはSERENO江本さん


 真っ暗なトンネルにひーひー言いつつ長ーいのぼりを下り、檜原。下りが終わった途端に他の人がギアを掛けてすっ飛んでいってしまった。油断大敵。またも追いつけず。豆腐屋を抜けた辺りで待っていてくれたのでこれに合流し、ミニストップでの休憩をはさみつつローテをまわしながら多摩川まで。逆風の多摩川を丸子橋まで遠回りして終了。もうちょい乗っても良かったかな?結局ちゃんと上ったのは鋸山だけだったし。

| 日記 | 16:18 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

FAST and LONG!

◆216km
 →小倉橋→相模川→小田厚→土山峠→牧野峠→藤野→20号→甲武(表)→五日市→

 昨日極いメニューをやった割には調子いい。そして今日は久しぶりの菅練。8時に大黒屋を出発。速度を上げて野猿街道を突っ走り、小倉橋。そこからは平坦で高速ローテ開始。大体45km/hぐらいで巡航、といっても俺っちは脚が無くてスピードを落としてしまい、怒られた。信号で救われたが、2回千切れてしまった。情けなし。どうもまた踏むペダリングになってしまっているらしい。固定ギアで練習したいなあ。シーズン入ってるからもう遅いけど。来シーズンの入りはちょい考えてみても良いかも。

 脚が死亡したまま大山をかわして土山峠へ。始めアップダウンで終わりだと思ってアウタートップで踏む練習をしてたらだんだん勾配がきつくなって終了。垂れちゃった。

 俺一人だけが遅れて申し訳なくなってきたので、途中でコーラ補給でカフェインドーピング。藤野を抜ける辺りで少し体がアップしてきた。おかげさんで甲武はまあまあのタイム。
■甲武(表) 15'51◆4.11km◆62rpm◆HR168◆15.5km/h 39-19→21

 当初の予定ではその後風張だったが、すでに170km。ギブギブ。五日市まで踏んで、セブンで食ったシーチキンおにぎりの美味かったこと!多摩川の逆風にひいひい言って終了。ほんっっっとに疲れたさー。でもいい練習になった。明日体が動くかは謎。

| 日記 | 20:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

わださん

◆162km◆
 →大垂水→美女谷→和田(裏)×3→


 昨日夜にちょい食いすぎで体重重め。ヤバイです。来週は栂池なのに。ところで「栂池」って「はすいけ」って読んでしまいませんか?読まない?

 今まで使っていたサドル、サンマルコのエラがあわないので、アリオネに変更。

 今日は長めの登りトレーニング。まずは大垂水で様子見。28日より1枚ギアを落として。やっぱり上のほうで垂れそうになる。後半に向けて勾配がきつくなっているからあたりまえといえば当たり前だが。もっとスピード欲しい。

大垂水(下) 7'15◆3.13km◆90rpm◆HR137◆25.9km/h
大垂水(表) 5'37◆2.02km◆79rpm◆HR170◆21.6km/h

 雨で路面が濡れた美女谷へ。なんかエッチ。道にはサル(?)の糞だらけ。ほかでせーや。裏っ側に下って、少し休憩。そして本日のメインメニュー。

 和田峠(裏)×3。体感では、区間を3つに分けて、登り基調アップダウン区間→Ave.6%区間→Ave.8%区間といったところ。2発目は少しギアをかけて。3発目をのぼっていたら、MAYSTORMに乗ったライダーが前に見えたので、テンションあげて目標物にして追い上げる。後半激坂区間に入ったところでパス。と思ったら、付いてきた。こっちはHRも90%近い。それでも男の意地で最後まで集中して登りきれた。おかげで3本目にもかかわらずタイムが一番良かった。頂上で話したところ、その人はMAYSTORMライダーのトライアスリートだそうだ。

■MENU 和田峠(裏/橋詰バス停~頂上ゲート/5.10km)×3
1. 21'02◆62rpm◆HR161 39-23
2. 21'06◆63rpm◆HR164 39-21
3. 20'48◆63rpm◆HR165 39-23

 陣馬街道をギアを掛けて下り、浅川、多摩川もケイデンス低めでスピードを出して有酸素域。

 帰ったら体重がしっかり減っていて一安心。もう食わねえぞ。アリオネの方は駄目駄目。ケツは痛くないが、しびれる感じ。エラに戻しました。

| 日記 | 16:15 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。