Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

平坦

28、29日 バイト

◆86km
 →多摩川でメニュー→

 28日に腰が痛くなった。マッサージしても治らんし、ストレッチしても治らん。とりあえず腹筋をやりまくる。過去に何度か故障して癖になっているのかもしれない。整形外科で必ずやらされるのは腹筋。これをやっときゃ間違いねえ。

 んで今朝はちょっと改善。マットレスを外して固い布団に切り替えたのもよかったのかも。大事な時期なので早く治ってくれー。

 午後から雨の予報だったので、軽めに多摩川で平坦練。Medioを2発。もうちょい回転数を出してもよかったか。脚がフレッシュだったので気持ちよく走れた。菅さんと米さんと3回ほどすれ違った。あっちも平坦の練習をしていたらしい。

■MENU Medio×2@多摩川
18'00◆10.93km◆95rpm◆HR157◆36.4km/h
17'45◆10.66km◆93rpm◆HR161◆36.0km/h

 午前は晴れていたのに夕方になって真っ黒な雲登場!っつうかちょい黄色がかってて汚い。東京の雲って感じだ。北海道ではこんなに色の付いた雲みたことないっす。雷もなりまくり、バケツを引っくり返したような豪雨。熱帯気候のスコールみたい。行ったこと無いけど。
スポンサーサイト

| 日記 | 18:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

リベンジマッチ

青ーコーナァー、71kg-、シュンー。
赤ーコーナァー、距離4.15kmー、甲武おもてー×5本ー。
→大垂水→甲武×5本→五日市→
◆193km

 というわけで木曜にやられたメニューを走ってきました。体の調子としては、脚は張ってるけど動いて、体全体としては重め。走り出したら意外と動けた。

 まずは大垂水。菅さんのブログのギア比を計算して、重めのギアで登ってみる。後半回せなくてスピードが落ちてしまったが、一応ベストタイム。脚がフレッシュならもっといけそう。
大垂水(下) 6'47◆3.14km◆91rpm◆HR142◆27.8km/h
大垂水(表) 5'38◆2.06km◆73rpm◆HR169◆22.0km/h

 藤野から522号のアップダウンへ。途中の神社で一息ついて、甲武へ。HRは上がりづらくて、足も結構きていたけど、集中してメニューをこなすことができた。4,5本目のタイム落ちは強くなってきた吹き下ろしのため。多分。
■MENU 甲武(表)4.20km×5set
1. 16'25◆72rpm◆Ave.HR154-Max.HR169 39-23 W-up兼ねて
2. 15'50◆68rpm◆Ave.HR159-Max.HR174 39-21
3. 15'43◆62rpm◆Ave.HR159-Max.HR174 39-19 Best Time
4. 16'20◆65rpm◆Ave.HR157-Max.HR173 39-21
5. 16'36◆64rpm◆Ave.HR155-Max.HR172 39-21

20070528登戸橋 大垂水にもどる脚は残ってなかったので五日市へ。脚張りまくり。もええわーって感じ。多摩川に出る前に安売りスーパーで食った団子が美味かった。そして、多摩川。めっっっちゃ逆風。つらいつらいつらい。ショートカットして帰宅。

 写真は登戸の橋。
 走りながら撮ったにしてはうまくね?


 この頃の練習食は秋津さんアドバイスのミューズリュー。アンズ缶詰と牛乳とヨーグルト。食いごたえがあって美味い!美味すぎて食べ過ぎちゃったヨ。

| 日記 | 21:17 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

せれーーーの

→野猿街道→小倉橋→510→長竹CCの横道を抜けて峠→513→64→
 →道志の道→天神峠?→雛鶴→517→76南下して菅井トンネル前左→
  →道志の道→413→尾根幹→
◆184km

 2日休んで結構回復してきた。70%ぐらい。

 今日はSERENO練に参加。江本さんが引きまくって、普段行かない道を激走。特に串川橋から入って長竹CCの横を抜ける峠道は最高!垂れたけどね。

 天神トンネルに向かう上りは52-14固定でオールダンシング。強いイメージで。

 雛鶴に向かう道では妙に調子が上がってきて、重めのギアで踏みまくっていたら、後ろが付いてこなかったので一人旅。峠に入る前にちょっと待って江本さんと牧さんと登り始める。牧さんは千切って差し上げたが、江本さんにはかなわなかった。最後のスピードアップの速いこと速いこと。峠でユーターンして下り始めたら、前輪がスローパンク。気温28度。暑い。まだ蒸し暑くないから不快感は無い。

 その後も休憩を入れつつ、見知らぬ道をどんどこ走りました。脚は雛鶴で使いきり。ま、調子が戻ってきたので良し。

| 日記 | 21:33 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

疲労回復

21日 63km 流し。

22日 1日中バイト

23日 210km
 →大垂水→美女谷→和田→家→戸塚→
 大垂水ぎりぎり6分切る。調子悪い。疲れてる。後半は調子よくて、親戚のところまで行って来た。

24日 181km
 →五日市→甲武表×3→大垂水→
 甲武でトレーニング。ほんとは5発登る予定だったが、体が重い。いくら気合を入れてもHRは160までしか上がらない。完璧に疲労。3本目登りはじめで心が折れて途中で中断してしまったが、スタートに戻って気合で登った。3本目は19分。ありえん。いつもなら16分台。

 心のトレーニングにはなったが、体の練習になったかは疑問。帰りの大垂水裏も11分で登るところを14分。死んでます。

25日 1日中バイト

26日(今日) サイクリング、買物。JASCOはすばらしい。のんびりさん。明日は体が動くといいな。

| 日記 | 22:07 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2days Race in 木祖村

 19日朝4時半起床。今回の集合は6時に環八沿い。遅めだなー、と思っていたら、木祖村集合の10時に遅れてしまった。

 コムレイドからの出走は秋津、岩倉、シュン、T-servからレンタルのチャチャ、松原。

Race 個人TT8.5km
Result 13'28(top+50secぐらい?)◆HR175±

 しっかり体を温めて9:40に出走。走ったことがあるコースなので、ライン取りは問題なし。それでも脚の掛かりがよくなくて、アップダウンの区間に入って失速してしまった。やっぱり1日前に練習するのは良くないかも。
 松原さんは会場到着40分後にスタートで、コースも知らず、のいきなりスタートでげんなりしていた。チームトップは秋津さんの13'09。1ヶ月以上ほとんど練習していない、といっていた人に負けるとは・・・。チームとして総合は難しくなってしまった。

Race 木祖村第1ステージ81km(9km×9周)
Result 25位(top+3minぐらい)◆2:08
 補給はグリコーゲンリキッド1本、ウィダーのゼリー1本
 ドリンクは2本ともスポーツドリンクでほぼ全部消費。

 コースはスタートから高低差で40mほど下り、ひたすらにアップダウン。最後はだらだら登ってからずどんと500mぐらい登りがあってスタートゴールに戻ってくる。結構スピードの出るコース。

 体を温めなおして14時出走。それにしても雲行が怪しい。というわけでアームウォーマー、レッグウォーマーに加え、おニューのレインコートで出走。結局途中から晴れてきて投げ捨てたが。

 4周目までアタックがかかりまくり、後ろでひらひらり。アタックに反応はできませんでした。しかし、4周過ぎたあたりからメチャメチャ楽になってきた。集団が落ち着いた、というのもあるが、ランナーズハイ的な感触。このときにはすでに逃げが決まっていて、8人ほどが逃げきってしまった。時すでに遅し。

 そのまま集団で行ってもよかったが、それでは面白くないし、集団の先頭ぐらいは取りたかったので、ラスト2周の看板を見て、下りでアタック。ついてくるかと思ったが、1人旅。すぐに右ふくらはぎがつり、それでも踏みまくっていたら、左ふくらはぎまでつる。大漁。水を大目に飲みつつ我慢。そのまま差を広げ、アップダウン区間で20秒ほど離したと思う。が、だらだら登りに入って脚が回らなくなってしまった。ズドン登りで集団に追いつかれ、あへあへ状態で1周回り集団ゴール。

 アタックに関して、狙いとしては良かったかもしれないが、残り2週だと、最終周回に入ると集団はペースアップするので、差を広げるにはもう少し速い段階である必要があったかもしれない。

 それより前の段階として、やっぱアタックに載らなきゃ駄目だわさ。いや、脚が足りてないのもあるけど、もっともっと、前で展開しないと取り残されて終了というパターンになってしまう。テンションが前半上がりきらないのも問題。

Race 木祖村第1ステージ126km(9km×14周)
Result 完走後ろから6番目?

 チーム員全員がレースのスタートが11時だと思って動いていたのだが、実際は12時スタート。ちょい朝飯が早すぎた。

 おかげでかなりきっちりアップできた。監督からもプレッシャー(?)をかけられてテンションもあがって来た。でも体は少し重め。

 レースは前で展開して、逃げに乗る方針で動く。が、体が重い。後から考えると、標高のせいか気温が日照に比べて低く、脚が温まらなかった感じ。後手後手に回ってしまい、8人ほどの逃げ集団には入れなかった。試合途中にも秋津さんに前に行けといわれるが、走り方が下手なのもあっていまいち。チームメイトの4人は前を引いたりアタックしたりと積極的。とりあえず俺は集団で脚の調子を見ながら走る。

 学生時代に1度このコースを走ったことがあったのでかなり脚を使わずに集団について行くことはできた。コーナー立ち上がりで周りがダンシングしている時にもシッティングで軽く付いていけた。熊野の時とは大違い。スキルが上がったとは思えないので、試走をちゃんとしよう、ってところかな。

 レースは後半に入ってペースも落ちてきた。逃げ集団も人数が減ってスローダウン。脚は結構つらかったが、そろそろ動きますかー、と思って機会をうかがっていたら。カーブの立ち上がりで後輪が軽くスライド。パンク。マジか・・・。75km地点。

 ツールド北海道で同じようなシチュエーションがあった。ギアをトップに入れ、後輪を外してサポートを待つ。その間30秒。長い。車輪を交換し、MAVICカーのありがたいドラフティングで集団を追っかけるが、道が細いし、ドラフティングもうまく行かず。結局追いつけず。ズドンのぼりでドラフティング終り。そこからは一人旅。集団からちぎれて降ってきた選手と行こうかと考えたが、脚が違いすぎたので、一人でTT。

 途中パワーゼリーを食べたら、10分後ぐらいにいきなり脚が回り始めてびっくりした。そんなに長くは続かなかったが、やっぱ専用の食事はスゴイね。というかハンガーノック気味だったのかも。

 湖をはさんでメイン集団が見え、ひたすらにTT。ゴールした時には表彰式が始まっていた。みじめだ。

 パンクしたからしょうがない。追いつく脚があればいいけど。飯はしっかり食べましょう。集団の前のほうで展開しよう。逃げに乗ろう。もっと練習しよう。

 ってところかな。
20070520岩倉スタート岩倉スタート
 チャチャ、松原くん、平林さんが応援。


20070520チャチャ奥木曾湖帰り道
 チャチャと奥木曾湖。
 結果を残したかった。

| レースレポート | 17:34 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

軽めん?

一昨日16日はバイト2発。

昨日17日 61km◆2:12◆1,116kcal?
 朝から雨。練習できんかなーと思っていたけど。15時ころから一気に晴れてきて軽く乗ることにした。といっても多摩川だけ。強度を上げたかったので、ケイデンスを変えてMedioを2発。
■Medio 18'02◆10.33km◆94rpm◆HR151◆34.3km/h
■Medio 17'40◆11.07km◆77rpm◆HR160◆37.5km/h

今日18日 96km◆3:42◆1,962kcal
 試合前だが、今回はしっかり体を動かして望んでみることにする。まずはMedio at 多摩川。
■Medio 10'07◆5.82km◆91rpm◆HR159◆34.5km/h
 んで稲城の周回で3周。ところどころ強度を上げて。にしても、、、体が動かんス。帰りの多摩川で自転車から降りたくなりました。
 試合が始まってわかったこと。あまり自分の思ったような練習が出来ん、ということ。試合でないと見えないこともあるけど。今はもっと練習したいわ。

| 日記 | 01:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

天気予報当たりかよ

149km◆6:09◆3,760kcal
 →大垂水→美女谷→和田峠→

 久しぶりに練習。体は少し疲れ目。昨日お酒を飲んだせいか、低調。起床も遅め。気温が高そうだったのでアームウォーマーを持っていくかどうか迷ったが、一応つけて出かけた。この判断が生死を分けるとは。

 とりあえず大垂水へ。浅川を走っていると行き先にくらーいくもが見える。そういえば昼前に一時的に雷なるとか何とか言ってたっけ?ま、いっか。大垂水は下をしっかり踏んで、表は少し軽めに。上のほうで少し垂れた。

大垂水(下) 7'21◆3.14km◆93rpm◆HR140◆25.6km/h
大垂水(表) 5'59◆2.13km◆83rpm◆HR158(?)◆21.4km/h

 そのまま美女谷。実業団TT対策。ここまでは天気は大丈夫。でもなんとなく寒い。

 522に下ると、大粒の雨。まじかー、とおもいつつ和田へ向かう。しかし結構激しくなってきたのでベンチで休憩。一時的という言葉を繰り返し思い浮かべていたら、雨も細くなってきたので出発。20号に下って帰るという選択肢もあったが上りたかったので和田へ。和田はダンシングを4割ぐらい入れてリズミカルに走ることを意識。あまり引きすぎず、力を抜いてリズムよく踏むと良さそう。

 そしてゴロゴロという岩の転がるような音がどんどん強くなってくる。雷、そして、雨。寒い。頂上にいたサイクリストのおっちゃん連も苦笑気味。和田表の下りは超超慎重に。体はマックスに冷え冷え。売店でゴミ袋をもらってレインコート代わりにして下る。そして、浅川に下るころには雨は終了。路面はウェットだが、日差しが暖かくなってきた。そして脚のテンションも上がり始める。ほんとわけわかめ。途中で飲んだホットコーヒーのおかげ?

 路面の乾いた多摩川でMedio。今日はケイデンスを80に設定して重めに。使用ギアは53-13ぐらい。53-12の時は45km/hでててびびった。終わるころにはアームウォーマはポケットへ。暑くなってきた。
■Medio at 多摩川
16'54◆11.06km◆77rpm◆HR157◆39.2km/h

 帰って野菜たっぷりサラダパスタ。夜はレジを打って今日1日終了です。

| 日記 | 23:56 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

TOUR de 熊野

 8、9日とバイトになってしまい、直前の練習はできなかったが、逆に脚がとてもフレッシュな状態になってくれた。10日は朝一の電車で平塚へ。都立大駅についてから忘れ物に気づき、一度帰宅。ぎりぎりの時間に戻り、輪行を4分で済ませ、滑り込みセーフ。あっぶね。

 平塚からはチームカーで東へ。途中のドライブインで食べた伊勢うどんは麺がもちもちしていて不味かった。15時ぐらいに会場着。1日目のコースをボンシャンスの人たちと試走。55kmも走ってしまった。

 宿はジャスコの目の前のホテル。風呂が超リッチ。

5/11 第1ステージ
Race 赤木川清流コース61.6km(15.4km×4)
Category BR-2
Result 28位(集団ゴール)◆1:31◆86rpm◆HR151

 1時間程前に会場入り。準備を朝に済ませておいたおかげでアップがしっかりできた。脚も調子いい。

 コースは平坦の行って帰ってのユーターンコース。ユーターンするあたりに小さな上りが2箇所。折り返しは細い道で若干テクニカル。

 9:30にスタート。当然集団は不安定。散発的なアタックが繰り返される。俺は脚が回り始めるまで待機。1番始めの折り返しの時に2人前にいたMasahikomihuneの選手が中切れしそうだっので、「つけつけ!」と追い立てたら、手信号で「前どうぞ」、で脚を止める始末。「バカやろうっ!」と叫んで必死に前に。前の集団も気づいたのか、盛んに「離れた、行け行け!」という声が聞こえる。ここで逃げられたら洒落にならん。全開。脚を使ってしまったが、結局集団は一つに。BR-2の恐怖を一瞬味わった。やっぱ前にいなきゃ駄目だね。

 これのおかげかわからないが、脚のテンションが上がってきたので1周目の帰りにアタック。でも周りも元気。速攻終り。

 2周目に入って行きの中間あたりの平坦区間で再度アタック。ちょうど集団が緩んだ瞬間を捉えてアタック。ばっちり決めました。しかし、そこからのペースを高く保てず。後ろからチームメイトの松本さんが追いついて来るものの、売り切れて上り地点前で集団復帰。

20070511熊野1stアタック直前

 それでもくじけません。3周目帰りに橋を抜けた下りを利用してアタック。アタック時のスピードは50km/hを少し超えたぐらいだったと思うが、集団はやる気なし。さっきの教訓を生かしてすぐに巡航モードに切り替え。スピードもしっかり高い値でキープ。そしてなんと、またもや後ろから松本さん合流。お、いけるか?とおもったが、足が揃わないのとローテがいまいちでスピードに乗り切れず。周回賞もかかっていたのだが、ゴールラインの300m前で飛び出してきた選手にさされてしまった。もったいねー。写真はサイクリングタイムより。多分アタック直前。アタックする時以外は前にいなかったはずだから。下ハン持ってるし。

 後1回どこかでアタックしたけど忘れました。

 結局アタックは決めらずで最終周回。折り返してからはラバネロを中心にスピードアップ。ずっと左側のラインを抜けて行こうとしていたのだが、右からかぶさってくるので当然前には行けず。でもそんな冷静な判断はレース中にはできずで、気づけば、ゴールの集落が見えるころ。集団内の場所はけつのほう。アホやね。500mあたりであきらめて「ジュニア頑張れー」と応援。最後のスプリントはもがいてみたが、伸びず。ちょっと大腿が攣りそうになった。

 レースを前に前に展開することができたのはよかったと思う。でもやっぱりアタックを決めるにはアタックスピードとその持続力が重要だと痛感した。今回は誰も付いてこなかったおかげで(松本さん除く)、自分がどれだけの平坦スピードを持っているか、ということがわかった。でもやっぱり上りは遅い。垂れそうになる。それからラストのライン取りは上記の通り。ローテの上り側から行かないと絶対無理。誰も空けてくれるわけ無いし。

 今日はここまで。続きはまた明日。

5/12 第2ステージ
Race 熊野山岳コース54.9km
Category BR-2
Result 19位(top+1'54)◆1:16◆78rpm◆HR148

 天気は張れ。パレードがある、ということで、ウォームアップは抑え目。後方からスタート。真下さんと色々話しながらパレード。スタート地点に近づくにつれて前のほうに出ておく。BR-2は一旦止まってからよーいドンスタート。んで、一度止まったはいいけど、後ろからMAVICカーが来て、ちょっとどいてどいてという状況になった。右端にいたので集団のどまん前まですすんでよける。

 うーん。テンション上がってきたー。というわけでスタートアタックしました。コミッセールビビリまくり。うけた。行くで行くでー、と思ってたらいきなり長い上り。あれーー。終了。

 その後は集団のままのったりくらり。道が細く、あまり追い越しも出来ない。一度逃げを追って集団を引いた時に、なんか掛かりがいいなーと思ったら、アタックになってしまった。さすがに疲れたのか逃げれなさそうだったので抑えたけど。

 そのまま大きな動きも無く、千枚田へ。先頭ははじめからハイペース。こっちは用心して自分のペースで登り始める。それでも3分の1ぐらい上ったところからテンションが高くなってきてそこからはゴボウ抜き。先頭集団もそれほど遠くないところに見えた。多分頂上通過は15位ぐらい。

 そして下り。全開は怖いので9割ぐらいで。そしたら、途中のブラインドな左コーナー!後輪が悲鳴を上げる。ガードレールまでにかなり減速できて、最後はハンドルを切って肩を看板に少しぶつける程度。あっぶねーー。そういえば須藤さんが左コーナーに気をつけろとか言ってたような・・・。

 後続に謝りつつ下り。ここからはそれほどきつくは無いが、自分のテクニックもないようだ。前を走っている人たちには下りでは追いつけなかった。

 平坦にはいってバラけた集団が元に戻り始める。前から降ってきたり、後ろからどさっと来たり。脚が調子悪くて積極的なスピードアップは出来なかった。結局先頭集団の8人には追いつけず、後ろからメイン集団も来て、最後の上りに入るまでに大集団になってしまった。

 平坦をひたすら走っていると「5km to GO」の看板。じゃあすぐ登りに入るな、と思って身構えていたのに下り続け。あれー?と思っているうちに「1km to GO」。ええー!登り1kmかよ!あっしはスロースターター。消化不良気味でゴール。集団の頭ぐらいは取りたかったのに。

 最終的にゴールの距離感を間違ったことはナンセンス。それから登り始めに脚を切り替えないと、勝負には付いていけなさそうだ。のぼりのスピード自体はそれほど速くは無いと感じた。しょせんBR-2だけどね。

 実はこの日の夜まで「BR-1に上がっても完走目的になってしまうから今年はBR-2でじっくり走るかなー」とも思っていた。しかし、菅さんに「BR-2でいつまでも遊んでいてもしょうがないしょ」と言われてしまった。確かに。自分の目標に達するためには次の段階に行かなくてはならない。BR-1に上がってから考えればいい、というわけではないが、上へ上へと進む気持ちを忘れてネガティブになっていたのかもしれない。という訳で明日は勝負を狙うことにして就寝。

5/13 第3ステージ
Race 太地半島周回コース57.6km(=9.6km×6周)
Category BR-2
Result 27位(top+1'00)◆1:30◆79rpm◆HR167

 コースは日前に試走。平坦からスタートして50m一気に上ってKOM。そこから少しだらだらと登ってテクニカルな下り。アップダウンがいくつかあって、ヘアピンの下りを抜けて平坦。この辺は道も細く、カーブも多いため、1列棒状。少し行くと開けて、600mぐらいでゴール。

 チーム戦略としては、アタックが決まり易いであろうKOMを過ぎた地点で勝負をかけることに。

 9:26スタート。3日目だが、ペースは速い。いや、俺が遅い?1日目のようなフレッシュな感触はない。おまけにカーブの抜けが下手なせいか、かなり脚を使わされる。もっと前にいれば問題ないのだが。

 散発的に逃げができるが、決定的な逃げは生まれない。50mの登りで差がでるため、集団は分裂。後方ではぶちぶちと切断音が響き渡る。ラバネロの2人がよく動いている。

 2週目のKOMを過ぎて少し行ったあたりで、後ろのほうから加速してアタック。畑中さんも付いてくる。しかし、すぐに下りが始まり、速攻吸収されてしまった。直後のアップダウンで再アタック。集団も元気が無かったようだが、それよりこっちの脚が悲鳴をあげてしまった。我慢して飛ばしてみても面白そうだったが。

 その後はひたすら金魚の糞。コースに慣れてきたせいか、ラインを決めて走りやすくなってきたが、それより脚駄目。5周目の登りで集団から千切れかける。あと少し、ってところでずっとふらふら。結局平坦までには追いついたが、限界。最後の登りでぶっちぎれ。何人かパスしてゴールでスプリントして終了。

 やはり登りで脚を使わされてしまった。登りが走れないと、アタックしても決めきれないだろうし、集団後方に下がってしまうので圧倒的に不利。もう一つはいわゆる「掛かり」。コーナー立ち上がりが遅い。一気に加速するのが下手なようだ。また、ライン取りが悪い可能性も。もっとスピードを落とさずに走れるラインを考える、というか攻める必要があるのかも。

 総括。
 総合は18位。どうでもいいけど。
 今回のレースは実業団レースの本格的な開始(群馬はただのサバイバルレース)だったのだが、当初は自分の脚と今のコンディションがどうなっているのかを見るレースとして位置づけていた。当然勝ちへのモチベーションも高くは無かった。もっと頭を使えば、1stでさらに強い逃げ、2stの先頭集団ゴール、3st優勝争いぐらいはできたはず。脚以外の場所で自分の力を発揮できなかった部分もあったと思う。反省。

 自分のこれからの課題としては、登りへの脚の切り替え、立ち上がりのスピード、などだろうか。全体的なレベルとしては悪くない(≒良くない)ので不得意な分野を克服して次のレースに生かして行こうと思う。

| レースレポート | 23:22 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

山×6

207km◆8:17◆5,027kcal
 →大垂水→美女谷→甲武→奥多摩周遊→甲武→上野原→大垂水

 明日明後日と練習できなさそうなのでハードライド。新緑の並木の映える20号を抜けて大垂水。朝起きたときは体が重かったが、走っているうちに調子良くなってきた。大垂水は今日は21km/hとにらめっこ。20km/hが壁だったことが嘘のようだ。一歩一歩強くなってきているかな?でも菅さんのBLOGで、25km/hを割らなかった、なんて書いてあって、まだまだだなーとも思う。焦ってはいないけど。
■大垂水(下) 7'03◆3.14km◆93rpm◆HR142◆26.7km/h
■大垂水(表) 5'46◆2.11km◆84rpm◆HR171-187◆22.0km/h 無風?

 熊野の2ステは美女谷並との須藤さんのアドバイスで美女谷へ。少し路面がウェット。とにかく上った。よく覚えとらん。下りを慎重に下って522号。今日は神社も素通りしてさくさく走って甲武。今日は39-21ぐらいで。66rpmの15.6km/hって練習としていいのだろうか?ようけわからん。
■甲武(表) 16'04◆4.18km◆66rpm◆HR162-179◆15.6km/h

 檜原に降りて左折。15kmひたすら駐車場を目指して上る。

20070506都民の森★都民の森付近にて

 上っていると雨がぱらぱら。見上げるとそこには雲!まじかよ~、まあいざ降ってきたら下ればいいや、ということで続行。ぱらぱらで終わってくれた。それにしても気温がどんどん落ちて行く。さすが標高1,000m。

 で、上っていたのはいいのだが、手鼻をかんだら鼻血ブー。あごまで血が滴ってしまった。なかなか凄惨な面になっていたらしい。でも1人だったからセーフ?


20070506風張★風張駐車場にて。

 都民の森は休業していて顔を洗えず、そのまま上り。ここからはHRを170まであげて。真中あたりで霧の中。なんか出てきそうな神秘的な風景。

 下りに入ると、さみいいいい。風張駐車場の気温は13度。しかも雲の中だから余計に寒く感じる。

 本当は裏も1発やろうかと思っていたが、雨降ったら悲惨なのでさすがに中止しました。

 攻め9割で下ると檜原の集落が見えるころにはほのかに暖かさを感じられた。このまま五日市まで下ってもよかったが、脚がまだ残っている感じがあったので甲武裏(2.88km)を上ってそのまま真っ直ぐ上野原へ。デイリーで600kcalのメロンパンを補給して20号を東進。大垂水裏。今日は39-21で回転重視。150km走った後にしてはいい感触。
■大垂水(裏) 11'19◆3.95km◆89rpm◆HR167-186◆20.9km/h 弱逆風

 無性に豆乳が飲みたくなってセブンで一息。今年の役目を終わって寂しそうな鯉のぼりを横目に浅川をくだり、多摩川でMedio。平地の強度を上げていなかったので。
■Medio at多摩川
13'40◆8.32km◆92rpm◆HR158◆36.5km/h 横風

 今日は落車も無く、スプリントポイントは58km/h。下り利用してだけどね。

 夜飯前にセキヤと武蔵小山で買物。いいパンツを見つけてご機嫌です。

| 日記 | 22:37 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

窓の外は雨

休養日

 というわけで、パンでも作りました。昨日の夕方も弟の就職祝いにくるみレーズンの全粒紛入りパンを作った。このパンはこれ以上発展しなさそうなので、今日はライ麦パンにチャレンジ。

20070506ライ麦パン焼きたてです。美味そうっつか美味いっす!小麦の香りがしっかりしてバターつけてもおいしそう。ちなみにライ麦は10%ちょい。欲を言えばもう少し角が出てほしかった。でも美味いから許す!

 後はゆっくりバイトするだけ。脚が疲れてだるいですが。

| Baking | 11:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

今日のLucky Numberは・・・

155km◆5:55◆3,958kcal
 →大垂水→

 昨日はクエン酸飲んで、寝る前にアミノバイタル。でもやっぱ体は重い。コーヒー飲んで出発。少し遅め。だらだらーっと追い目の風に乗って多摩川浅川と走り、御陵公園で休憩。

20070505御陵公園御陵公園にて

 同じアングルの桜の時期の写真があるはず。俺はこっちの方が好きだなー。緑が大学の色だったし?気分は夏っすね!鯉のぼりも元気に泳いでた。

 今日のメニューは大垂水裏5連発。はっきし言って体の調子から行くと5は無理かな~と思ってた。様子見ながら、ってことでとりあえず表。20km/hキープは途中まで。メニューのために脚をとっときたかったのでというへっぽこな理由で。
大垂水(下) 7'15◆3.14km◆90rpm◆HR144◆25.9km/h
大垂水(表) 6'21◆2.12km◆80rpm◆HR165◆20.0km/h

 んで裏に下って千木良からメニュー開始。脚動くかなーと心配しながらだったが。お、意外と行ける。あまりHRは上がらないが順風気味だった(?)のも手伝って、結構回る。1,2本目は39-23にギアを固定して回転重視。3月頃と比べると同じようなメニューで1枚ギアがかかっている。よしよし。
 3本目から39-19に上げて踏んでいく。3本目は集中できた。体と斜面と自転車がかみ合う感じ。ダンシングとシッティングの切り替えるリズムも心地いい。タイムは目標(10min)にはほど遠いが、感触としては悪くない。脚をフレッシュな状態にして後1,2枚ギアが掛けられれば行けないタイムではないと思える。
 4本目集中力持続。でもさすがに疲れたのか、3本目のようなスピードは出なかった。5本目は追い込み。ギアを重めでパワーで押す。最後1kmはSogliaまでガン踏み。疲れたーよー。ボトルも2本近く消費。
■MENU 大垂水(裏・3.95km)×5
12'00◆93rpm◆Ave.HR153
12'06◆92rpm◆Ave.HR155
10'44◆85rpm◆Ave.HR166
11'10◆82rpm◆Ave.HR165
11'16◆79rpm◆Ave.HR165 to 185(max)

 下ってセブンで飲んだりんごジュースの美味いこと美味いこと。最近のベストヒットだね。

 そういえば大垂水の裏の千木良から500m程登ったところに温度計があるのだが、1本目のときの表示が23℃。「もう23度かよ」。2本目は25℃。「夏だなー」。3本目が覚えてなくて4本目が30℃!「まじかよ!暑いわけだ!」。しかし、5本目32℃!「あ、壊れてんのか・・・」。笑えました。でも帰ったら東京の最高気温は27度だったらしい。
 ところで追い風だと暑いのでむしろ逆風の方が涼しくてごっつぁんじゃん、と思うのは異常ですかー?ポジティブシンキング万歳!

 浅川多摩川(逆風ごっつぁん!?)と下って帰宅、と言いたいところだが、駒沢通りでなんと立ちゴケ。信号青になったー、じゃあ行くベーと思ったら、スコンとこけました。横でバイクの2人乗りして話していたカップル絶句。恥ずっ。肘と腰の横っぱらとスネをすりむいてしまった。ハードトレーニングが終わって気が抜けていたのだろう。気をつけよう。

 練習食はミューズリューinヨーグルトwithマンゴーアロエ。最高!夜飯はトコロテンと漬物かなー。このごろストイック食生活のおかげで減量も順調。暑くなって汗をかいているのもあるかも。体重の減らしすぎで体調が崩れないかと言うことだけがちょい心配と言えば心配。ま、明日は雨だし休み!

| 日記 | 17:02 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

減量順調なり

176km◆7:09◆4,526kcal
 →大垂水→裏和田峠→522→甲武→五日市→

 体が重い。体重は順調に減っているが。一昨日のハードトレーニングの疲れだろうか。でも日曜日から雨っぽいので今日明日と追いおいこまなければいけない。

 多摩川を流していたら、後ろにドラフティングの気配。止まった時に「速いですねー」と言われた。速くなったんだろうか?いや、その人が遅いだけだと思うが。ちなみに彼はヘルメットかぶっていなかったのでドラフティングはお断りさせてもらった。阿呆と走る気は無い。

 浅川のサイクリングロードを抜けて大垂水。少し横風気味。それでも20km/hのイメージは出来上がっているらしく、スピードはほとんど落ちなかった。ノルマを21km/hにあげようかしら。にしても脚が重い。
■大垂水(下) 9'26◆3.15km◆92rpm◆HR140◆25.4km/h
■大垂水(表) 6'00◆2.14km◆86rpm◆HR167◆21.4km/h

 個人的に大垂水をTTするのが好きだ。世間ではパワートレーニングが流行しているが、自分にとっては大垂水を300wで登れることよりも、どんな風が吹こうが槍が降ろうが20km/hで登ることができる方が現実的というか、イメージができる。実際に周りの人を見ていて、どれくらいの力を持った人がどのくらいのスピードで大垂水を登りきることができるか、ということもイメージができるので、比較がしやすい。数字は手段だと思うが、パワートレーニングはなー。頭悪いから良くわからんっちゅうのもあるけどね。とりあえず次の目標は大垂水裏の10分かな?Ave23か24km/h。遠いなーー。

20070504和田の裏の鯉のぼり 藤野駅前まで車の多い20号を走り、和田峠へ。気温が高かったが、さすがに和田峠の日陰だとちょうど良いぐらい。途中でお祭りか何かで鯉が泳いでました。
 522号の途中の神社で休憩。癒されました。が、脚は戻らず。甲武を上り始める時点でへろっへろ。いつもより1枚か2枚低いギア。HRもMedioまでしか上がらず。完全に疲労ですな。1本目終わった後のくだりで寝そうになって、ちょっと休憩してから2本目。つろい。

 始めのプランだと大垂水の裏を1発追加だったが、20号が込んでいるのと、疲労を考えて檜原に抜ける。さすがにGW。サイクリストだらけ。にしても南西の風だと帰り道はずっと逆風だった。やれやれ。途中で喰ったアイスクリームが美味しかった。明日は気合で走ろう。多分大垂水ぐらいの勾配じゃないとトレーニングにならない気がする。

| 日記 | 23:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ボトル4.5本

一昨日 バイト+筋トレ
昨日  バイト×2
今日 212km◆8:07◆5,750kcal
 →吉野街道→青梅街道→奥多摩周遊(裏)→檜原街道→五日市→

 昨日のバイト2発で疲れて遅めに出発。朝に雨が降ったようで、かえってちょうどいい時間に出ることになった。
20070502多摩川の朝靄がかった多摩川。

 いつもと違って景色が新鮮だけど路面がウェットなのはいただけない。群馬の後に洗ったばっかなのに・・・。にしても、蒸し暑い。まだ5月でっせ?

 時間と相談の結果、かねてから考えていた風張での修行をすることにして、ひたすらに多摩川をのぼる。順風に乗って吉野街道から青梅街道。雨も上がって、脚もフレッシュで走りやすい。

20070502奥多摩湖にて裏風張の下にかかる橋
天気がいいねー。

 奥多摩湖のパーキングで水を汲んで湖畔を走り、奥多摩周遊道路に到着。日差しも強く、ウォーマー類は用無し。

 上りが始まる3.5km地点ぐらいからタイムを取ってメニュー開始。風張駐車場のNo.1までを3往復。HRはSoglia程度までどんどん上がったが、脚が絶好調で、乳酸が全くでない感じ。強くなったと勘違いしてしまったヨ。流石に3本目の最後は重くなってきたが。とりあえずいいイメージで登ることができた。

 3本目のスタートするときに空を見上げたら暗めの雲がかかっていて、やばいかな、と思っていたらメニューの途中でぱらつき始めて気温も5度ほど落ちたように感じられて寒かった。間違って着てきた冬用インナーにちょい感謝。

 それにしても奥多摩周遊は走りやすい。ただスタート地点まで遠い(90km)のが難点。

■MENU 奥多摩周遊道路(裏)×3
23'08◆6.39km◆77rpm◆HR173◆16.5km/h
23'05◆6.11km◆76rpm◆HR174◆15.8km/h
23'19◆6.12km◆74rpm◆HR173◆15.7km/h

 表側に超えて下る。雨はほんの少しぱらついただけで終わってくれた。ついでに甲武→大垂水(裏)も考えたが、脚が拒否っていたので中止。檜原街道でくだり基調のMedio1発。
■Medio at檜原街道
18'19◆11.97km◆95rpm◆HR163◆39.2km/h

 五日市を過ぎた辺りで須藤さん登場。VLAAMSジャージがなかなかCOOL。ダンシングが変、とのアドバイスを頂いた。途中のスーパーで団子を食って、乾いた多摩サイを下って終了。平地基調だったのでそれほど疲れなかったが、210km。体重も70kg近くまで減った。これを熊野まで維持すれば(できれば)完璧でしょ?

 練習食はミューズリュー。アロエとマンゴーを入れてなまら美味い!その後で自転車の調整をしていたら、フレームの中からドバッと水が出てきてチョイびっくり。それにしても今日は暑かった。コーヒー1本とボトル4.5本を消費。ちなみに補給食はジャムサンド×2・あんこサンド×4・団子1パック。

 よく考えると、今日の練習の上りは実は30kmぐらいしかなくてほぼ平地と下りだった気が・・・。ま、いっか。とにもかくにも、いい練習ができると気分が良いですねってことで!

| 日記 | 20:41 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

2007年04月 | ARCHIVE-SELECT | 2007年06月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。