Shun's Weather Report

Cycle Road race and etc...

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

2011ジャパンカップオープン

Race:2011ジャパンカップ
Class:オープン男子
Results:FAD(36位)
Weather:曇り/ウェット
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM
 A-CLASS 630SL
 SWANS CYNIUM
 Giro Atomos
 Gaerne G MYST
 Time RXS Carbon
 F2P チームジャージ

 毎年の通り、金曜日に移動。やっぱり朝に忙しくなるのが嫌いなので。首都圏を抜けるのにかなり時間がかかってしまいましたが、東北道に乗ってからはスイスイ。宇都宮に13時前に到着。受付を済ませて軽く試走。

 夜にもうそろそろ寝る時間かな、と思ったらまだまだ19時。疲れをとるためにも早目に布団に入りましたが、眠れず。結局24時ぐらいまで音楽を聞いていました。

 土曜日の朝の寝起きは一番深い眠りの時にアラームに引きずりだされたような感じ。早めに移動し、車の中で少しうとうと。天気は少し雨がち。

20111021出発前.JPG
▲My自転車。がんばろうぜ、相棒。

 コース紹介。スタートして1.5kmほどのキツイ登り(古賀志林道)。九十九折りを下り、緩いアップダウンのある平坦道。最後に800m程の登り(鶴カントリーの登り)。下って右に曲がるとスタートゴールライン。これを6周。最後の周は鶴カントリーの登りとは違う道でゴールに帰ってきます。雨だと古賀志の下りで差がつく可能性が大きいコース。平坦は長く、集団が有利。しかし古賀志の登りがかなりきつく、ここで差がついて勝負が決まることが多いです。

 ホットオイルを脚に塗り、スタートへ。今年はいい位置に陣取り、召集とともにスタートラインへ。2列目。よしよし。後ろに並ぶと1周目でレースが終わりかねないのです。

 「10、9、8、7、6、5、4、3、2、1、パン!」

 カウントダウン付きでスタート。スタート直後はダッシュ!という感じではなく少し緩めのスピード。そのまま1回目の登りへ。

20111022ジャパンカップ1周目.jpg
▲1周目登り。真ん中辺りの白ジャージ。photo in cyclowired。

 15番手。後ろから被されないように注意しながら番手をキープ。余裕はある。途中で原川選手の後ろで登る。登りが終わり切る前にスピードを上げ、数名をパス。下りへ。

 晴れているとガンガン行ける道だがウェット路面ではかなり難しい。180度のコーナーが5つ6つと連続する。明らかに遅い選手を1名パスし、下る。前とは少し差が開いている。前方には6名の集団。強豪の鹿屋の選手が2名入っている。ここに入れたら面白いかな。さっさと追いついてしまった方が脚を使わなくていいし。

 追いついてきた選手らとローテーションを回す。しかし前も速い。なかなか追いつかない。こちらも脚を使いきるわけにもいかないので様子を見ながら走る。周りも同様のようで、結局後ろからごっそりと追いついてきて、前の6名も吸収。振り出し。

 欲を出したおかげでちょっと辛い。鶴カントリーは先頭で入り、ペースでクリア。下り、2回目の古賀志の登りへ。

 きつい。ぶっちぎれたわけではありませんが、かなり番手を落として頂上を通過。やばい。

 下りも前が詰まってしまってペースが上がらない。この下りは「前が遅い」と感じたら、すぐにかわしていかないと前と差が開いてしまいます。ないしはレース終了。焦るが5人全部をパスするのは無理だ。

 平坦に戻るとメイン集団は300m前方。周りの選手らとローテーションをするが、自分も周りも登りで遅れをとった選手だらけ。ペースが上がらない。脚のある選手だけが飛び出していって合流。ヘタレーズはメイン集団がちらちら見える距離で苦しむ。

 鶴カントリーをこなし、古賀志の登りをこなし。前に集団は見えている。登りではすぐそこに見えるが、こちらは人数が少ないのもあり、平坦であっという間に離されてしまう。くっそー、スピードが欲しい。

 そんな状態が2周も続いたか。こちらのペースも落ちてきたが、前の集団もスピードが上がっていない。残り2周に入る前の鶴カントリーの登りで、前から落ちてきたマサルから前の集団が第2集団だということを聞いた。

 前に勝負のかかった集団がいるとして、でも第2集団まで行けば1桁順位ぐらいはありえるかな。わからないが、頑張るか。

 それまでの小さなパックから抜けだし、登りへ。声援を力に変えながら、古賀志の1.5kmを必死に登った。スピードを落とさないことだけを注意しながら、オーバーペースで踏み倒す。差が詰まる。

 頂上手前で先頭集団の最後尾が見えた。すぐに下りに入る。下りで最後尾の選手には追い付いたが、集団はもう一つ前。見えている。

 しかし平坦では人数をそろえる集団が有利。差が開く。

 そのまま単独で平坦を走り続け鶴カントリー、古賀志とこなし、後は平坦6km。

 頑張ってもなんにもならないのは分かっていましたが、脚が空っぽになるまで踏んでみました。後ろに集団がきていましたが追いつかれるのも癪だったのでゴールまでしっかり走り、単独でゴールラインを超えました。

 前に見えていた集団も3つになってしまったようで、自分はその後ろ。ゴールラインを越えた順番では36位でしたがタイムの関係で結果はFAD。つまり順位無し。まあ、表彰でもない限り変わらないけどね。

 時間があったので近くの温泉でゆっくり。お風呂後はテレビ放送されていたプロレーサーのクリテ観戦。途中でウトウト。夜ごはんは石鍋ラーメン。

20111022石鍋ラーメン屋2.JPG
▲ナオもびっくり石鍋ラーメン。お腹いっぱいです。

 帰り道は渋滞少な目。21時過ぎに到着。

 結果は出せなかったけど、楽しかったです。

 応援、ありがとうございました。
スポンサーサイト

| レースレポート | 09:25 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011実業団箱根ヒルクライム

Race:2011実業団箱根ヒルクライム
Class:E-1
Results:17位
Weather:晴れ/ドライ
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM
 A-CLASS 630SL
 SWANS CYNIUM
 Giro Atomos
 Gaerne G MYST
 Time RXS Carbon
 F2P チームジャージ

 土曜日の午前中に用意。午後に走って湘南へ。チームのクラブハウスに止まる予定でしたが、予定を変更して藤沢の親戚の家へ。寿司につられたわけではないったらない。

 夜は全く眠れず。寝たのは午前2時前。そして4時半起床。5時出撃で朝ごはんを食べつつ箱根へ。

 金曜日に要綱を確認して驚いたのですが、受付がゴール地点、つまりは山の上、つまりは標高1,000mオーバー。駐車場が下に確保できなかったからということを後で聞いたのですが、自走組にはつらいっす。せめてサインは下だということが事前にわかっていたらかなり助かったんですが。まあいいさ、終わったことだ。

 箱根に到着。ターンパイクが登れない、となると南の湯河原まで行ってそこから登らなければならなくなり、時間的にけっこう厳しい。というかおそらくそっちにいってたら間に合わなかった可能性大。

 ターンパイクの入り口で役員さんに確認すると登って良し、とのこと。空も明るくなり始め、秋のすがすがしい空気のなか、ゆっくり登っていきました。いいウォーミングアップ。

20111002ターンパイクより日本海.JPG
▲ターンパイク中腹より伊豆半島西側の海

 しかし長い。全長13.8km。標高差は1,000mを超える。後半は緩いので前半は10%などの坂が続くことになる。少なめとはいえ荷物を背負っているし。

 汗かきながら登っていると後ろから運営バイク。なんで登ってるの、本当は駄目なんだよ。いやいや、入口でいいって言われたんすけど。

 よくわからなかったのですが、結局運営ハイエースに載せられて残りの5km。ぶっちゃけ飽き始めていたので助かりました。さすがにレース前でこれ以上疲れたくなかったし。

 上の温度計は12度。レース後でも15度ぐらいでした。寒いー。ヒラバヤシさんところで荷物を預け、チャキチャキ用意、8時20分に下山し、ターンパイクの入口へ。トイレ、変速調整、バナナ1本補給。レース前に登って良しと言った役員さんが競技委員長さんだということが発覚。緊張感が全くないまま9時30分スタート。

 ヒルクライム、という名の通り登り一辺倒のレース。といっても最後の2kmはアップダウンという感じ。そこまでの勾配は激坂というほどではなく、緩くはなく、という程度。自分は体重のある選手なのでヒルクライムは少し苦手。と、言っちゃう辺りが駄目なんだろうなあ。どんくらいかな、というかなり軽い気持ちでレース。

 パン!

 ベルマーレからのE-1クラスへの参戦は大森、松本、藤田、自分、それからJPTから平林。登りのスキルで言えばやはり平林さん。だったが、、、。

 スタートとともに赤いジャージが先行。集団もかなり速い。でも最初だけだよね。思ったとおり、500mほどで1段階スピードが落ちる。平林さんがダンシングで先頭を踏み始めて、早速もりもり行くかと思ったりしましたが、そのほかの選手もまだまだ先を見据えてペースで登っている感じ。自分も一度先頭に出て調子を見てみる。悪くはないが、よくはない。

 スペースの選手が1人先行。いいペースで登っていく。

 平林さんが集団から離れ、ラインの違うところを走っているなあと思ったら、落ちていきました。寝不足で本調子じゃなかったみたいですね。

 集団8番手ほどでペースに体をなじましていく。息が浅くならないように注意し、引き脚と踏み脚のバランスを整える。オーバーペースにならないぎりぎりの強度が必要。もちろん周りの選手についていくことも大事ですが、あまりに力の差がある選手のペースで走ると後半がきつくなります。この辺のバランスが難しいですね。

 振り返るたびに人数が減っていき、4kmほどで10名ほどになったか。依然としてスペースの選手が先行。そして自分のパックも2つに割れる。自分は後ろ。ナルシマ、イナーメ、スキップ、自分。3つともチーム名ね。

 後ろから来たヒルクライマーにパスされたり、前からこぼれてきた選手を吸収したり。ペースを刻んでいく。

 残り6kmほどで一度先頭に出たら一気にきつくなりました。

 きつい、きつい。あー、きつい。

 冷静さを失ってしまいました。残り4km看板を見たところでぶっちぎれ。気持ちも切れてしまい、一気に差が開いてしまいました。そして振り返ればすぐそこには後続の選手がちらほら。

 さすがに追いつかれたくなかったので気を取り直して頑張りましたが、後半のアップダウン区間。ここは人数が多いほうが有利なのもあり、4名の選手にパスされてしまいました。スピード差がきつく、付いていくこともできず。

 まだ霧っぽい空気が残るなかゴール。

 ちゃっちゃと後片付けをして、芦ノ湖、御殿場、山中湖、道志みち、大垂水とこなして帰りました。220km!

20111002帰り道山中湖.JPG
▲山中湖。富士山に雲がちょうどかかってます。

 そういや山中湖の写真のところではチャリティの駅伝大会をやってました。

 が、駅伝大会といいつつアイドルグループのコンサートがメインだったようで、ファンのよどみのない動きに圧倒されました。いやーしかし、歌があんましうまくなかったな・・・。所詮は顔か。ステージの裏から眺めたので顔も見ませんでしたが。

 そんなこんなで17時ごろ帰宅。帰り道はゆるゆるペースでしたが、かなり疲れてダウンしてしまいました。

 さて。

 今回のレースは気持ちが足りなかったというか軽すぎたというか。やるからには中途半端は駄目だな、ということをいまさらながらに痛切に思いました。反省反省。

 応援、ありがとうございました。次は実業団輪島、宇都宮ジャパンカップと続きます。

| レースレポート | 23:00 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011修善寺

Race:2011全日本実業団修善寺
Class:E-1
Results:22位
Weather:晴れ/ドライ
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM
 A-CLASS 630SL
 SWANS CYNIUM
 Giro Atomos
 Gaerne G MYST
 Time RXS Carbon
 F2P チームジャージ

 土曜日に輪行で移動し、受付を済ませて試走でコースを2周。

 スタートしてホームストレートはゆるい登り。吹き下ろしがきつく、単独走行はきつい箇所です。緩く登っていき、左折すると勾配が800mほどかけてきつくなっていき、頂上を超えるとジェットコースター的下り。登り返しは勢いだけではこなせない激坂400m。またもやテクニカルに下り、橋を越えてゆるく長めの登り。下り、ホームストレート。

 要するに登って下ってのコースです。E-1クラスはこの8kmのコースを7周。当日は長い登り区間での吹き下ろしが強く、集団が有利な状況。そう感じましたが、結果的にはこの判断が脚を引っ張ることに。

20110924修善寺夕暮れ2.JPG
▲夕暮れ

 土曜日はゆったりと過ごしました。

 日曜日は6時起床。朝食を少しいただき、コーヒーをたたっこみ、出発。会場までは荷物を背負って(気分的に)長ーい6kmの登り。いいアップです。

 会場でタスクさん、オオモリ君と合流。ダンシング大目に体を温めました。温度は低め。晴天。

 スタートぎりぎりに並び、2分ほどでスタート。

 パン!

 全く緊張感がなく、スタート直後はテンションを上げるのに手間取ってしまいました。1周目と言うことでスピードも速く、番手も中盤から前に行けず。我慢我慢。何故か一瞬見えた富士山の稜線がキレイだったと思ったのを覚えています。

 思った通り1周半ほどで一旦小康状態。小さいアタックやペースアップはあるものの、まだ様子見という感じ。コースはきついものの、ペースが上がっていないので集団も大きい。

 2周目の終わりに2名が飛び出したので後追いでアタック。上の方で合流し、3名で行こうとしましたが、ホームストレートで集団が追ってきたのですぐに戻りました。まだまだ。

 この周は集団前方でクリア。10番手程で下り、登り返しを利用して左サイドからアタック!

 個人的にもスパッという感じのベストアタックでした。かかりも良かったし。ユーラシアの山崎選手が着いてきました。白浜クリテの最終アタックで一緒になってから何度か話している選手。脚質も似てる?

 登りの半ばで15秒のリード。集団はカーブの1つ向こう。2人で適当にローテーションを回し、登り切り、下ってホームストレート。どんどん登っていってリードは30秒。登りのスピードがあまり良くないが、先も長いので無理はせずペースで登っていく。最高地点を超え、下り、400m激坂へ。

 少し踏みを緩めてから、フロントギアをインナーに落とす。

 シャリン

と、音がしてチェーンが落ちた。

 落ち着け、と言い聞かせてディレーラーをアウター側にあて、いつも通りに復帰手順を行う。

 が、チェーンが戻らない。焦る。登りの勾配がきつすぎてなかなかチェーンがかからない。

 しょうがない。

 いったんバイクを降り、指でチェーンを戻す。目の端には追ってきた選手が見えた。

 またがり直したところで、後追いのスワコの選手が追いついてきた。すぐ後ろにも2名。その後ろに集団。

 前方では何事かと山崎選手が振り返っている。悪いことした。ごめーん。

 まだ脚は残っている。集団に完全に追い付かれたわけではないので、もう一掛けもできる。

 迷ったが集団に戻った。

 山崎君も吸収され、下り、登り返し。

 まるでさきほどの自分を見ているかのような勢いでブラウ・ブリッツェンの選手とBREZZAの選手が勢いよくアタック。行くか、と思ったが前を塞がれてしまった。2名ということもあり、無理せず見送ることにした。そしてこれが勝ち逃げに。。。

 ペースを他の選手に任せ、集団内でじっと我慢。脚は良く動いていたが、動きすぎて徐々に攣るような感覚。適当にごまかしながらペースをきざんでいく。

 しかし、風が強いために集団の方が圧倒的に有利だと思っていたのですが、先頭2名とのタイム差は50秒から全く縮まらず。自分は後半にかけて登りでのペースが上がっていき、結構辛い。とくに5周目の頂上付近は危なかった。

 最終周。下りでの落車を避け、中切れを埋め、最後の登り。スプリントで行ったら勝ち目はない。というかすでに1位にはなれないが。

 中盤で緩みきった集団からアタック。脚の筋肉は攣りかけできついのなんの。またもや山崎君が追走。逃がしてやるものかと集団も追走でつながってしまっている。気合いを入れて踏み倒すものの、抜けだすには至らない。下りに入り、8番手程に入る。ホームストレートは吹き下ろしがきつく、早掛けすると最後まで持たないことを考えた。

 登り返してスプリント開始。しかし脚はスカスカ。絶望的に伸びないスピード。入賞が無くなったのを確認し、最後はペダルを緩めてゴール。

 JPTのレースを少し観戦し、先に帰りました。道中ずっと座ることができたので楽ちんさん。17時帰宅。

 あそこでチェーンを落とすとは、という感じです。

 応援ありがとうございました。

| レースレポート | 23:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011加東ロード

 序盤の7名の逃げに乗りましたが2周ほどで吸収。足を休めている間の逃げが決まってしまい、最後は5位争いの集団スプリントで沈みました。

Race:2011実業団加東
Class:E-1
Results:45位
Weather:晴れ/ドライ
使用機材:
 GIANT TCR Advanced SL
 SRAM
 A-CLASS 630SL
 SWANS CYNIUM
 Giro Atomos
 Gaerne G MYST
 Time RXS Carbon
 F2P チームジャージ

 土曜日にチームカーで移動。久しぶりな感じです。真夏はレースに出なかったからですかね。

20110910加東6.JPG
▲ホテル駐車場

 15時ごろにホテル(古い感じの健康ランド)到着。気温は高目。自転車を用意し、薄着して走りに行きましたが、日暮れでぐっと気温が下がってホテルに帰った時は少し寒いぐらい。温泉に軽く入り、10時ごろ布団に入るものの、なかなか寝付けず。

 起床は7時過ぎ。目覚ましが鳴ったのが眠りが一番深い時だったような感覚で、寝起きは最悪でした。軽くご飯を食べてEクラスのメンバーは出発。

 コースは流れるようなスピードコース。部分的に細かいアップダウンはありますが、集団から遅れるほどではありません。1周8km程で、E-1クラスはこれを8周。5人以上のパックで抜けだせばゴールまで逃げ切れるという印象。というわけで前半の5人以上の逃げに乗る、というのが自分の作戦。

 パーツが1つ壊れるというアクシデントもありましたが、チームカーの補修部品のおかげでノーダメージ。会場前の道で軽く体をほぐし、12時スタート。

 パン!

 ザーっとホイールの回る音とともにスタート。ペダルがうまくはまらず少し出遅れましたが、半周ほどで20番手以内をキープ。小さなアタックはあるが、まだまだという感じ。

 2周目。裏のアップダウンが始まる辺りで前が空いていたので、集団がスピードダウンする区間で左側からアタック。振り返るとアクアタマのゴローさんともう1人。軽い感じで頂上を超え、下り、3人で抜けだした。ローテーション開始。

 しかし集団も元気ですぐに追ってくる。やっぱり少し早いか、ということで早々にあきらめて戻る。

 3周目だったか。4人ほどが抜けだした。集団は少し消極的。少し遠いけど、行ってみるか。

 後追いで登り区間でアタック。振り返るとまたもやゴローさん。ともう1人。スピードを落としたくなかったので登り区間が終わるまではそのまま踏み続ける。抜けだした。追いつけるか。

 脚が絶好調というわけではなかったので少し心配でしたが、丘を1つ超えた平坦で追いつきました。7人。悪くない。プラン通り。

20110911加東前半逃げ.jpg
▲前半の逃げ。photo by cyclowired

 すぐに6人になってしまったが、ローテーションを回す。ガンガン、というよりも巡航、という感じ。タイム差は40秒まで開く。

 しかしスピードが思ったようにはない。そんな心配とともにタイム差が縮まり始めてしまった。テンションを上げてペースを上げようとするが、うまくいかない。周りも同様のようだ。

 結局2周ほど逃げたものの、そこで吸収。

 ここからは集団待機。脚を使ってかなり一杯でした。しかし位置を下げ過ぎて、前の動きが把握できていなかったのは失敗でした。

 気付くと大きめのパックが抜け出していました。橘田君が追走。その後から自分も追走しようとしましたが、スピードが持たなかったので集団にすぐに出戻り。橘田君が前にいるのでローテーションには入らず。

 橘田君も戻ってきてしまい、集団もペースで走っている感じ。たまに前方に見える集団との差は縮まっていない。

 そして暑い。秋元さんの補給はばっちりでしたが、水をかけてもかけても暑い暑い。少し弱気。

 メイン集団は消極的だし、なかなか前との差が縮まらないので、補給所でペースアップ。8人ほどが抜けだし。大森君もここに入る。じんわりとペースを上げていき、抜けだしを確定的にするつもりでしたが、長くは続きませんでした。

 残り1周半ほどで前から5人ほどのパックが降ってきて、先頭吸収?と勘違いしましたが、先頭集団も2つに割れたようで降ってきたのは遅れたグループ。前にはまだ4人ほど。そしてタイム差は残り1周で50秒。逃げ切りがほぼ確定。自分のいる集団は5位争い。

 スピードの上がる集団のなかで少しでもと意気込みましたが、罵声とボディコンタクトとふらつきの嵐。危険危険!自分の位置取りも悪かったけどね。結局集団の後ろの方まで下がってしまって、そのままゴール。

 JPTのレース中はメカのメンテナンスをやらせてもらいました。代わりに補給してくれた皆様ありがとー。

 25時半川崎到着。27時帰宅。なぜか寝付けず28時過ぎ就寝。

 苦手意識のあるコースです。前半に計画通りに逃げに乗れたのはよかったものの、逃げのメンバーなどを考えて勝負をかけるべきでした。結局逃げ切ったのは大学生2人とシリーズ戦のリーダーが入っていたし。

 応援、ありがとうございました。

| レースレポート | 18:06 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

2011実業団松川ロード

 序盤は積極的に動きましたが、それに体がついてきませんでした。半分行く前に先頭集団からこぼれ落ち、残りはアクアタマの山口選手と一緒に我慢大会を制してどうにかゴールまで。

≫ Read More

| レースレポート | 23:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。